王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福住柔術 忘年会2013



だいぶ酔いも覚めました(;´д`)

今夜?は善太郎ファミリーが総出でお世話になっている福住柔術の今年の忘年会でした(*゚▽゚*)

わしも午後から無理を言って半分脱走するかの如く仕事を切り上げ、毎度の家族揃って参加させていただきましたが、それは本当に今夜も楽しい時間を過ごさせてもらいましたねぇ(´∀`)

福住柔術への移籍へと大きく関与した盟友M田君のコトは、この前の記事で特集で取り上げさせて貰いましたが、ついに紫帯へと昇級となりました(^O^)

まぁ練習日数こそ少なめとは言え、研究熱心なM田君のことですから、わしも昨夜散々な目にあったと書きました通り、ようやく実力に帯の色が合ったと表現すべきでしょうな

それに、これは本当にわしと奥にとって大きなサプライズになりましたが、息子が灰帯を授与し、柔術という山を登りだしてようやく第一歩の合目を数えれた、という事でした

M田君の紫帯昇級はちらっと聞いてましたが、まさか息子まで・・・・(^^;)
今は、何よりもまず柔術を楽しんで好きになってくれればと強く思いましたね

最高の夜でしたねぇ

IMG_7498[1]

カナダからの手紙ならぬ、圧倒的なパワーを誇りながらも、今や道場での研究熱心さで言えば1・2を争うくらいのカナダからの刺客 マットも、先日の優勝やヒクソン杯での活躍を受けて、青帯を授与されていました
10歳わしよりも若いので、パワーを抑えてお願いしたい・・・・とは思いませんが、彼も楽しみな人材の一人でしょうね(^O^)

IMG_7461.jpg

茶帯の重鎮 河合君ともかなりいろいろ話をさせて貰いましたが、彼から伝えられた柔術は決して一人では強くなれないという言葉が、今夜はいろいろ皆と話した中でも一番心に届きました(๑≧౪≦)

他の格闘技、いや仕事でさえも本当は一人で成長なんてできるわけではないのですが、今夜昇級を得た人達の笑顔を見ていると、心からそう思えましたねぇ

それと、忘れてはいけないのが、今夜新たに福住柔術に黒帯が誕生したことであります

秀星君は、キャリアも12年くらいととても長く、誰よりも安定した実力を誇るオトコでしたが、ついに黒帯と頂点に立つことになった姿を見て、心からお祝いを申し上げたい気持ちになりましたねぇ

写メを撮るのは、しっかり忘れてしまいましたが・・・(>_<)

最高の仲間・最高の時間はいい使いされ過ぎている言葉かも知れませんが、とても幸せな時間を満喫させていただきました

来年はさらに、道場の皆で人生の質を高めつつ、好い一日・一日を作っていきたいですな


追記
冒頭の写メですが、

当初あまりの寒さに絶対車で焼肉屋まで行くと心に誓って帰宅したわしですが、奥の

「たまには一緒に飲みたいじゃない♡」

にコロッと主張を転換し、滅多にしか使わない「公共交通機関」にて新瑞橋まで行き、そこから歩いて行き帰りしましたが、

帰りのバスで、前列に思いっきり禿げたおっさん(わしもおっさんド真ん中かな)座ったので、

来年はもっともっと道場の皆で光り輝こうと気持ちから、写メを撮りました(笑)
奥には散々怒られましたけれどもね(´・_・`)

ちょっと中途半端なハゲ具合が気に入りませんでしたが、来年はこの中途半端カッパの頭のごとく、皆で光り輝く年をおくりたいですね(▼曲▼♯)
  1. 2013/12/15(日) 00:56:37|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フェニックス森田



木曜日にスパーリングだけでもと思って道場へ行き、若手の伸び盛りたちにボコボコにされて、なおかつ帰宅後にまたしても居間で奥とのゴロゴロスパーを敢行し、睡眠時間4時間あるかないかの昨夜

福住道場へ移籍するのに大きなファクターだった、オヤジカイ(?)の盟友M田君との約束で「とあるモノ」をあげるために、またしても道場へ行ってきました

その直前まで、新しい工事の現場説明会へ担当者の若い子に同行し、うるさい役員さんや理事さんたちとの「精神的に来る心のスパーリング」を終えたばかりだったので、道場へついた時点でちょっとへばってましたが、

やっぱりオトコは約束を守るってのが何よりも大切ですからね、道着に着替えてスパーを連日やりました

今になって改めて思うと、何も「モノ」を渡すためだけだったら、スパーをしなくても良かったと思うのですが・・・・

やっぱり奥の柔術熱が移っておるのでしょうか、わしもやりたかったのでありましょうな(。・ ω<)ゞ

お陰様で、めちゃ寒空の中、好い汗をかけましたよ(^-^)

しかし、相変わらずのM田君のアカデミー賞でも取れるのでは?と思う名演技にコロッとひっかかり、久しぶりに腕十字で一本をキメられてしまいました(>_<)

「軽くでお願いします」と柔らかな物腰と笑顔で始めたスパーでしたが、自身の好いとこに入ると、今までのやんわりスパーが嘘のような怒涛の攻め

お見事でしたねぇ(´・ω・`)

一本を取られた後、わしのスイッチもようやく入り、先日小山先生に打ち込みから付き合ってもらって精度を上げているある技に思いっきり行こうとしたその瞬間

今年は盟友M田君で始まってM田君で終わると言うくらいたくさんの、「とんでもない思い出」をくれましたが、

その中の一つ

「道場からぎっくり腰で救急車に運ばれていく、痛々しいM田君」の姿が脳裏を走り、

自分の中のパワーメーターにリミッターが入るのがわかるくらい、テンションダウンしてしまいました

代わりに若い子の中で伸び盛りで強いT志と小山先生には、怒り半分をぶつけさせてもらいましたがね(笑)

好い練習を連日楽しめることができました


以前、最近サーフィンで忙しく道場へまったく顔を出さない、スマップの剛にちなんだあだ名の子から

「全然タイプも性格も全く違うM田さんと善太郎さんって、なぜ仲がイイんですか?」

と質問されましたが、全くタイプが違うからこそ相手の好いところしか見えないのに加え、

わしの人を判断する基準の一つに、

「人はこけてからがその人の本質」ってのがあり、M田君は度々のまるで原爆が落ちたかのような出来事に何度もあっていて、普通なら歪んだりするのに、まっすぐってところに尊敬しておるからでしょうなぁ

まさに不死鳥(フェニックス)のようなオトコですよ(´∀`)

M田君のお陰で、今年はちょっとヤバ目の人と話(調停)をさせてもらう機会があったりと、本当にたくさんのとんでもない面白い体験をさせてもらいました

これからも、柔術を通して互いに切磋琢磨して、人生の質を上質なものにしていきたいですな(▼曲▼♯)

追記

be LEGENDのMEGAを飲みだしてから、やはり多少体力がアップしてきたように感じます
昨夜もM田君にボコられた怒りを胸に、帰宅後11時を超えていましたが加圧トレーニングをしながらケトルベルをガッツリ行い、鏡に映る自分にリベンジを誓いました(。・ ω<)ゞ

しかし、ちゃんとグルコサミンなどのサプリを摂取したのですが、肩と肘に少し痛みが出ておりました

50歳も目前の善太郎
ガッツリもある程度、調整しながらじゃないと壊れてしまうのかぁ、ですかな(笑)
ボチボチ、相手を墓地に送ってあげようくらいのテンションでいきますよ
  1. 2013/12/14(土) 09:08:45|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Man-to-man



昨夜も仕事帰りに道場に練習に「寄り」ました(笑)

かっては練習時間も早く、そして公共の施設を利用していたので、終わる(閉館時間)もこれまた早かったので、繁忙期に入ると、練習が激減・・・どころか冬はさっぱり行かないって日でしたが、福住柔術に移籍してから、

ちょっと早目に帰れば、最低でも9時からのスパーリングで1時間ほど好い汗がかけるという、極上の環境へ変わりましたのでね(^O^)

忙しいとはいえ、8時頃に事務所を出るのはそれほど難しいとは言えない日もありますし、何といってもわしの職場からのちょうど帰り道に道場があるので、ついでにって感触でね。

しかも道場から家まで5分あれば帰れるので、帰ってからの夜の鍛錬もできますしね(^-^)

ただ、去年の冬もそうだったけれど・・・・・

冬の練習になると、何故か皆仕事も忙しいのでしょうが、わし一人ってのが結構目立つ日もありましたが、昨夜もでした(笑)

しかし、この先生と[man-to-man}っては、とても自己の技術的な疑問解消や、技のその先の疑問解消には格段のメリットがあるという日でもあるわけですよ(。・ ω<)

昨夜も道場へ入ったのが9時ちょっと前でしたので、小山先生相手に30分ちょっとスパーをやってもらい、その後にlessonと、自身の今の技の課題について質問タイムを満喫出来ました(▼曲▼♯)

昨夜の練習は、ここ最近でもっとも収穫のあった練習日でありました(当人比)

しかも、昨夜の練習で紫帯を授与してから、ちょうど90日目の練習でした

春先の謎の繁忙期と、シンガポール家族旅行などがなければ、年間練習日数100日を超えれた・・・・と思うと、ちと残念ではありますが、今ではファミリーで練習って日も増えてきたので、来年は更に飛躍の年にしたいと思いましたね

好い練習は、いい時間・いい人生を作るですかな

好い一日でした

IMG_7406_201312111119179d1.jpg

これは、今の大好きな技の違う展開になった時の、技のfinishの鍵を小山先生に実践してもらった写真です

印刷して練習ノートにも貼りましたが、また打込みなどで精度を高めていきたいですな

追記

帰宅後、バーンマシンやjobaなので軽く鍛錬を済ましたあと、奥に今日の開眼した技の説明とかをやっておりました・・・

しかし、勝気な奥はやられてムカついたのか、そのままいつものようにスパーリングに入ってしまい・・・
奥のスイープ擬きで吹っ飛んだわしは、何と置いてあったケトルベル40kgの取っ手に目の上を強打し、しばらく居間で寝転がってしまった・・・

と言うとんでもないオマケもつきましたね(>_<)

まぁそれも含めて、好い練習のできた一日でしたよ(笑)
  1. 2013/12/11(水) 11:27:50|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒクソン杯 2013 その2



で、本来ならこっちが先に書かないとなのだが、息子は土曜日に試合をして、残念ながら3位

しかし、今回のヒクソン杯は謎の試合の組み方だったな

3人の場合、三つ巴かと思ったのだが、何故か1回負けたら3位
ほかの試合も全部そうだった

試合の組み方によっては全然有利・不利が分かれるからなぁ

しかも、優勝した子は帯が黄色

なんで?だった

でも、今年は経験値をあげるためと割り切っていたし、今回はポイントも取れたし、ふーみんに頂いた試合のDVDを見ても、動きが良くなってきたから、来年に期待できる内容だったと思う

バカ親ですが(笑)

自分のことよりも、息子や奥様が頑張って、かつ楽しんで柔術を楽しんでくれる姿が何よりも至高の幸せでありますよ

自分が団体を移籍してまで柔術を再開したのも、思えば息子にやって欲しいからでしたからね

やるのなら一緒にやろうじゃぁないかと言うのがわしの流儀なので、来年は息子に良き手本となるよう、更にバージョンアップと行きますよ(▼曲▼♯)

IMG_0494.jpg
  1. 2013/11/21(木) 10:51:13|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒクソン杯 2013


 
先週の土・日曜日に、地元愛知県武道館にて行われたJJFF主催の「ヒクソン杯2013」に出て参りました。

またしても、「家族揃って」(^-^)

正直、第三四半期辺りからわしの業界が多忙に入るため、出る気はまったくなかったのですが、
初めてまだ1年とちょっとの奥の「皆で」で、気がついたら出場することになってましたね(笑)

で、出るにあたって、9月に行われたドゥマウの試合の際に、川口さんが

「年内にもう1回くらい試合に出たい」

と言っていたので、出るならこれだろうと思って楽しみにしていましたところ・・・・・・

まぁ川口さんも国交省の人なので、わしと同様、これからの時期は忙しいのか、出場者名簿に名前がありませんでした・・・(´д`)

でも、ヒクソン杯なら誰か出るだろうと思っていた矢先、JJFJから電話が入り、シニア3では出場選手がおらず、シニア2なら相手が1名いるがどうですか?と言う事でしたので、承諾したところ・・・・


かって所属したいた団体の後輩である太田君と言う事になりました

振り返ってみれば、公式の試合で当たったのは初めて、
そもそもわし、太田君の師匠と学校が同じの同級生なので、カテゴリー的に年齢が合いませんが、試合を楽しみにしておりましたが、

結果は太田君の見事な技に翻弄されて、負けてしまいましたよ(。-_-。)

強くなってましたね、ホント

いい経験をさせてもらいましたし、10年ぶりの雪辱を果たした川口さん同様、また新たなモチベーションを貰いましたよ

しかし・・・・・・

試合後で奥様から散々怒られました

試合前にずっと話していて、過去最高に殺気というかピリピリ感がない試合だったとダメだしでした・・・・

まぁ今回は奥様の初勝利の後でしたので、なんも言い訳もできずでしたね

本当はそろそろ試合とかは引退をと考える50直前になっておりましたが、更に精進していこうと心を新たに、この試合のあと思いました

生涯現役でいきますかな(▼曲▼♯)
  1. 2013/11/21(木) 10:25:17|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。