王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人の想い

IMG_4615.jpg

金曜日のことじゃった

帰宅してみると、奥が誰かとずっと電話で話しておりました

内容から察するに「義母さん」だと思われるのですが、どうやら入院しておる奥のお婆様が食事を取らなくなってきたということについて、奥は激しく意見を言っておるようでした

(わし、食事中につき、坊と話したりしておったので、あんまり聞いておらんかったが)

電話が終わったらしく、横に来た奥を見てビックリ

目が赤くなっておりました

今はケアマネージャーという、どちらかと言えば事務的な介護関係に携わっておる奥ですが、以前はわし同様バリバリの現場(介護だけれども)だったので、さっきの「食事を取らなくなってきた」ということについて、ファミリーの誰よりもその意味を理解し、眼を腫らしたらしかったですわい

「恐らく、夏は越せないと思う・・・・」

とのことから会話が始まり、土曜日にでもお婆様の様態を見に茨木まで行くと言いだしました

奥一人で行かせるのもなんですのでと、わしも以前敬愛する祖母が亡くなった時に、

「あぁ、もっともっと見舞いに行っておけばよかったなぁ」

と後悔し、そう今でもずっと後悔し続けておりますので、奥には同様の想いをさせたくないと言うことで、

日曜日に坊のスイミングもすっぽかして、ファミリーでお婆様のお見舞いに行ってきました

茨木までですので、休憩入れて2時間くらいで着きましたが、合流した姫路の両親たちと一緒に、奥が気の済むまでずっと病院にて見舞いをしておりました

わしは途中、車で爆睡しておりましたけれどもね

93歳の大お婆様、ある意味大往生と言えるのでしょうが、やはり家族

お別れするのは何でも辛いものがありますので、ちょっとでも奥の気持ちが晴れればよかったかなと思います

今しばらくは見守ることになりますが、自身の心の羅針盤に沿って行きたいと思いましたね

PS

写真の猫は、昨日奥の代わりに坊を公文につれていった際、

ちょっと離れたところにいた猫に、「ねこっ~」って声をかけたらやってきて、暫くわしと戯れていたので写メしておきました

招き猫も好きですが、実は隠れ大の猫好きでもあるのでね(笑)
スポンサーサイト
  1. 2012/07/10(火) 08:06:15|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都 | ホーム | リアル・「ドラゴンタトゥーの女」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/971-e05b148a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。