王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知多半島へ 3 「器」

03 0_06_32

今日は先週同様に、昼の柔術の練習に行こうか悩みましたが、坊がスイミングに行っている間に部屋の片づけをしだして、

そのまま業務上で欲しい本を買いに栄の丸善に行って、となってしまいました

ちなみに丸善、閉館だとのことで、今後業務的な本をどこで買おうか思案中です

今日はわしの行きたいところをメインに、坊と親友の行きたいところと行っていたのですが、昨日は常滑の焼物散歩道へ行っておりました中、「とある店」で結構長い時間おりまして、普通1時間半くらいと言われていた散歩の時間が、倍以上かかってしまったということでした

それは、

奥が心魅かれた「器」と出会ったから、ということでしたね(笑)

03 0_07_14

急須が欲しいと言っておりましたので、毎度のごとく「好きなものがあったら買いなさい」といってはおりましたが、まさかのガラというか模様に魅かれたようです

03 0_07_38

同じガラの「黒」もあったのですが、何故かブルーに魅かれる奥ですので、今回も少々違ったものに大いに魅かれておりました

03 0_07_56

店のおじさんと話をしていると、どうも奥が気に行った作品の作家さんだと言うことが分かり、そこから奥の希望というか、欲しいものについて話をしたので、思ったよりも時間がかかったようでした(笑)

IMG_4207.jpg

堀田さんという作家さんでしたが、直にお話させて頂いたので、作品に対する想いとかいろいろ聞けて、使うのがとても楽しみになりましたね(▼m▼)

常滑、「通う」ことになりそうな予感がします

気に入った作品に出会えるってのも、人生の楽しみの一つですからね

スポンサーサイト
  1. 2012/06/03(日) 21:22:59|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小山インストラクター 世界選手権 黒帯ペナでベスト8 | ホーム | 知多半島へ 2 とこにゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/934-9a167bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。