王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わしの最終秘密兵器



ちなみに、「最終秘密兵器」は杉本 彩ではないのだが、

そう、昨年末だったかな?の日々の習慣に入れた、わしの最終兵器であったのは、実は「加圧トレーニング」でした

今までも、「やりたいなぁ~」と思ってはおったのだが、なかなか結構なお値段がしており、タイミングを見計らって数年たっておった中、

今ではいろんなジャンルに互いに感化しあっておる奥が、昨年末辺りに加圧トレーニングをやりたいと言い出し始めてから、わしの加圧熱が再発し、今では何と夫婦でやっておるのですな

最初は「カーツ」とか抜かす、ラッシュガードと短パンに加圧ベルトがついておるものにしようとしましたが、

調べていくとわしでは「カーツ」の圧では弱過ぎて加圧にならないことが判明

(ちなみに、奥は松坂屋のスポーツ用品店でカーツを講習をうけての購入)

正直、ホントに効くのか?って思っては・・・・・・・おりませんでした(▼m▼)

なぜならば、以前にゴムとか色々なモノを買ってきて作った加圧ベルトでも、そこそこの成果はあったと思うので、本格的にやったらどうなるか?と思い、試してみた処


下半身はぜんぜん普通っていうか、これ以上圧をかけれないだろうと締めても、普段から片方1.5kgの靴を履いたりしておるわしの脚をギブアップまで追い込むことはできませんでした

といっても、キツイはキツイし、上半身10分下半身20分という指導時間の中でやっておると、後半はかなりキツイ感じになるのだが、

逆に、上半身というか腕を締め付ける時の圧にはかなりの注意が必要でしたね

オーバーに言うならば、「命を死神に鷲摑みされる」ような感じになりますからねぇ(笑)

最初の時なんぞ、聞いた通りの腕の毛細血管キレまくりで、トレーニング終盤には腕が紫色に変色しておりましたって、変色するのは今もか(笑)

しかし、その効果は素晴らしく、一番最初の時でさえ、終わって風呂に入って腕を確かめると、遠い記憶にある最もパワーがあった時の、あの腕が甦ってきた感がありましたよ

ただ、肝心なパワーの方は筋量に比例してというのではないかな?ってのが実感ですので、そこら辺が今の課題でしょうなぁ

柔術の練習をメインの軸に据え、

ケトルベルのワークアウトをパワーの基礎を作りつつ、

朝はクロストレーナーで軽く汗を流して体調を整えながら、

加圧でアンチェンジングと内なる健康を作るってので行こうかなと後3年で五十路の善太郎のワークアウトメニューでした(笑)


もう少し自分の身体を磨いたら、奥に交渉してこんなのも欲しいものですなぁ

master_pic.jpg

わし自身のキャッチフレーズとしての「知的な野獣」の野獣の部分はこんな感じで、日々鍛え上げていこうと思っております

肝心な「知的な」部分は、ぼちぼちやっておることを書こうかなとも思いますが、今のところ未定

さて、今しばらく業務に戻って、一番大事な「知的」な部分を磨いてから帰るとします (▼m▼)

スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 18:57:50|
  2. 鍛錬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初夏なのに・・・ | ホーム | 脳検査とCT>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/920-879bc394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。