王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハリーポッターと死の秘宝 part2



18日の昨日は、天気も悪くなるということだったので、

ファミリーで「ハリーポッターと死の秘宝 part2」を見に行ってきました

ちなみに、坊が生まれて初めて見た映画が、確か炎のゴブレットだったと記憶しておるので、2歳とちょっとからハリーポッターを見せてきたということになるな(笑)

part1もなかなかに楽しめたけれど、今回はいよいよ最終回とのことだったので、坊もいやおうもなくテンションが上がりまくっておりましたけどね


さて、鑑賞の感想はといえば、

まぁ好い出来だったでしょうというくらいだったかな、実際は

3Dでみたのだが、割と抑え目に作られていたし、悪い感想は全シリーズないのだが、

実はわし、このことを話すと結構驚かれることが多いので、秘かにショックではあるのだが、ハリー・ポッターの全シリーズを読破しておるので、余計に映像とのマッチングが楽しめると同時に、小説の細かい描写が大幅にカットされておるのを大いなる不満としてしまうので、「悪い感想はない」というくらいになってしまうのだな(笑)

しかし、ネットでもさっき見ていたが、スネイプの回想シーンに大いに感動したという人が多数おる中、
わしも大泣きに泣けてしまいましたねぇ(TへT)

映画だとダンブルドア校長のくだりがさらっとしか描かれていなかったが、スネイプがハリーのお母さんのリリーと同じ守護霊を要し、ダンブルドア校長との問答の際にそれをだし、時がどれほど経っていてもリリーへの想いに対し「永遠(とわ)に」と答える下りには、

不肖善太郎、涙がこぼれおちてしまいましたよ(笑)

坊にはつねづね「漢は人前では泣くな!」と云っておる手前、暗くてよかったなぁだったな、実際

思いっきり感情移入していたようですな(笑)

自身の愛した人への想いの強さが理想とダブったのかの?

まぁ自身の欲がメインで生きていると、そういった感性は鈍るだろうけどね(笑)

わしが多々ある、接待時も含めての誘惑に断固として切るのは、実は自分の精度を磨いて生きたいからだからねぇ

自分には嘘はつけないし、自分には一番嘘をついてもいかんでしょう?

まぁこの感想をかぶせて言うならば、奥への大事ですよって言葉を嘘にマミレタものにするのが嫌だからなんだけどね


それと他のサイトでも取り上げられていたが、スネイプこそが物語の重要な要だったんだな

かなり複雑なキャラではあるけれどもね

そのスネイプに皆が感動したというようで、何と物語の登場人物人気投票で1位だということだ


「ハリー・ポッター」ダントツ人気キャラクターは…スネイプ!!

http://npn.co.jp/article/detail/34237835/

hap.jpg


ちなみにこの役者さん、ダイハード1の敵の首謀だけどね

好い味出してましたよ 100点

今世紀最高のとうたってあったが、またきっとこのハリーポッターさえも凌ぐ作品はきっと出てこよう

しかし、この作品の最初から、そして最後をリアルタイムで見れたことは、とても大きな喜びでしたよ

好い休日でした(笑)
スポンサーサイト
  1. 2011/07/19(火) 10:27:28|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<清洲城へ (ファミリーとの時間) | ホーム | タイトルそのまんまに「感動」した本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/906-b569327e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。