王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思い出(モリコロパークにて)



今日はあまりの暑さにと言うか、

坊が友達と遊ぶ約束をしていなかったそうなので、朝からファミリー揃って長久手にあるモリコロパークのプールに遊びに行ってきました

エエ年こいてこんなプールに入れるのも、坊がまだ小さいお陰じゃねぇと思いながら流れるプールに流されておったのだが、段々ハムスターか、わしは?状態になってきて、盛り上がっておる奥と坊を尻目に、プールサイドの中二階にある長椅子で横になって寝ていたりもしました

上から見ていると、どのお父さん・お母さんの顔も皆、お世辞抜きに好い顔をしていました

何と言うか、そうどの顔もみなとびっきりの「笑顔」じゃったのが嬉しい気分に拍車をかけたのたのでしたね

しかし、遊んでいる最中にプイッと上に行ってしまったわしを見て、奥と坊的には、わしが退屈で怒っておらんか?と言う感じだったので、2時間を過ぎたあたりで撤収願いをだして帰ってきたのだが、

その「横になっておる」最中、むかしこのモリコロパークが長久手青少年公園(だったか?)の時代のプールでの出来事を思い出し、愕然とすると同時に笑いがこみ上げてきておりましたとさ

それは、奥との時代ではなく、奥(前2号)の時代だったと思う

最近わし、自己イメージが奥と出会って、真面目にやってきたお陰で人生における待遇が激変し、むかしっからずっと「真面目でちょい悪」だっただけ・・・というイメージができつつあったのですが、

たまに思い出す昔話が過激とか酷い・・・・酷過ぎることが多いので、わしっていったい・・・・と自己問答に入り込んでしまうことも度々だね

思い出も自己イメージとかけ離れておったので、「愕然」としたのだが、

それは、

長久手のプールには、表の注意書きに「刺青・タトゥーお断り」が明示していない、と言うことから全てが始まった

市民プールもそうだが、納税者に断る理由としては無理な部類に入るらしい(これはこれで以前市民プールの受付のジジイと揉めに揉め、そのセンターの所長を受付に呼び出し事実確認をし、入れるのを確認してからそのジジイを叱り飛ばし、ジジイが悔し涙にくれた・・・・は明らかに話の脱線だね)

今はね、ちゃんと良識のある一般市民ですから、ちゃんとラッシュガードと言うものを着てプールに入りますが、以前はそのまま素っ裸で、いや下のパンツは履いておるが、そのままプールに行って、周りに芸術ってやつを拝ませていたもんでした・・・・・・・

いや、ホントこの辺からすでに思い出すと赤面の至りですが、

娘っ子ちゃんらとくつろいでいると、係員の「お兄ちゃん」がやってきて、こう言いました

「すいません、刺青が周りのお客様に迷惑なので、この『Tシャツ』をきて頂けないでしょうか?」

まぁ誰でも、タトゥーが入っておる奴がきいたら怒るよね、と言うセリフ
そもそも「周りが迷惑って、誰がじゃ?」と聞きたいよな

最初は軽く流しておったが、あまりにもしつこいので、こう忠告をしてあげました

分かった。

 わしもあまり気が長い方じゃないから、一度しか言わないからよく聞いてな。

 それをもう一度言って、生涯カタワで残りの人生を送るか、周り右して帰るか、ここで決めたまえ」


なんてね(笑)

でも、その時はもう一度「すいませんが、刺青が・・・」と口から出た瞬間、飛びかかってまず耳から・・・・とイメトレを急いで済ませ、思いっきり臨戦態勢で紳士的に話したので、

結局、そのお兄ちゃんは分かってくれ、周り右して帰ってくれました

良かった良かったと思うまもなく、初老のおっさんがやってきて


プールに入って疲労の中、さっきまたキャンプの実行委員会を2時間余りやったので、

疲労によりつづく(笑)
スポンサーサイト
  1. 2011/07/02(土) 23:22:36|
  2. 刺青
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思い出(モリコロパークにて) つづき | ホーム | 珍しく「人が羨ましく」思えた瞬間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/900-287dc982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。