王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

息抜き



昼食の弁当を食べ、そのまま昼の休憩も取らなかったので、半分やけくそで休憩やな(笑)

さて、今日は土曜日

やっと明日休めるのだが、とは言え明日の夜には「仕事モード」に入るので、ホンマにほっとする時間と言えば今夜(土曜の夜)から明日(日曜)の夕方にかけてってとこじゃろうか・・・・・・・・・・・の繰り返しの今日この頃である

年が明けてからあっと言う間に一カ月が経ったのだが、その間、実に多くの出来事があり、「何でいままで書かなかったんだ!」と言う議題がてんこ盛りじゃが、

書かなかったのではなく、仕事以外と言えば、ほぼ99%の確率でファミリーのことを考えるのが最優先な、「最近暴れてないし、すっかり真面目な御父さん化」した善太郎なので、仕方がなかとやろなってとこじゃろうね

ストレス発散の柔術の練習にも行けていないと言うか、年度明けたら行けるのか?状態のわしなので、奥には怒られそうな「文具」の購入でストレスを発散して、なんとか凌いでおるの(笑)

その中で、最新のわし的にビックリした事件はと言えば、

坊の御世話になっておる学童で「集団万引き事件」が発覚し、何とわしらの坊もそれに関与していたってとこだろうか

万引き、社長に言わせれば「窃盗」つまり泥棒だと言う事だが、正直小学校1年生で万引きに関与していたとは、ちょっとびっくりした

かって「悪のサラブレッド」と言われたわしの少年時代でも、さすがに万引きはもうちょっと後だったからねぇ・・・

大雪の後の17日の月曜日の夜、学童から緊急呼び出しで出かけた奥と坊の後を追って、仕事帰りに学童に出向いてみると、殆どの関係児童の父母が揃っていたのだが、中身は小学校3年生の主犯格が3人、2年生が3人

そして、何と1年生はわしらの坊だけということだったのが、まぁ皆、毎週日曜日に遊ぶ友達グループなだけに、あまり驚きはしなかったが、まさか遊びの途中で万引きをする歳とは思いもしなかったな、こりゃ

しかし・・・・・・・・・・・・・・各父母の話も皆それぞれ

わが子を信じていて、最初万引きに関与していると聞いて、間違いだとそのコンビニに怒鳴りこみに行こうと思った・・・・と言う御母さんが泣きながら心情を訴えておったが、その子の家は小学校3年生で月の小遣いが200円

??????

一日200円ではなく、一か月の小遣いが200円

そりゃ万引きするしか、飲み物とか買えんよって生きていけないやろ!と突っ込みを入れたくなる状況に加え、家に何人かで遊びに来ていても、その子だけ昼ごはんに帰らないよって、坊と一緒に昼食を食べさすこと数回、と言うか、その子は毎週日曜日の御昼は、あっちこっちの家で、半分無理やりごちそうになっていた・・・・・と言う放置プレイ育児の現状認識をしっかりすることの方が急務ではないか?と思えるものであった

そもそも何で今回の事件が発覚したのか?と言う問いには、改めて怒りとがっくり感が激しく交差したね

主犯格の3年生の児童が、一人でコンビニで万引きをし捕まり、嘘を言って切り抜けようとしたが稚拙で嘘もばれ、殴って他の子をやらせたのを忘れてか、その場にいなかった子を次々とチクッていってばれた・・・・・・・・・

あほもここまで来ると、宇宙戦艦ヤマト級だなぁとビックリしたね

まぁ万引きが犯罪だと言う事は、大人の善太郎重々承知しておるが、

見つかる=あほ
捕まる=あほx2
嘘が稚拙=バカ
仲間をちくる=卑怯者・男のくず

という言葉が一瞬の中に頭に浮かんだなぁ

チンピラしかないな、こいつの将来はと感じ入ったものだったよ

さて、その夜我が家では

奥と話し合い、結局そう言ったことは親子でも裸の付き合いだなと言う事で、そう言った御話をする毎度のパターンである、「一緒に風呂で話す」と相成った

最初は一緒に風呂に入るのをビビっていた坊だったが、

「何で万引きなんかしたんだい?」

と優しく問いかけられたからか、緊張もほぐれぽつぽつと話をしてくれた

当初は主犯の3年生に殴られたからやったが、大好きな月の小遣い200円のs一郎君がやるのを見て、「何だ、盗っていいんだ」と思うようになった・・・・・と言った経緯を言葉足らずではあったが、一生懸命説明してくれた

黙って聞いていて、話が終盤になったのを見計らって、こう話しました

「そうか、よく分かった。

 実は、御父さんも昔、「万引き」したことがあるんだよ。

 でも、御父さんの方のじいちゃんに見つかって、それが悪いことだという認識を持つようになったのと、『黙ってこっそり盗る』と言う生き方はみっともないと言う事がわかってからは、二度としなかったんだよ。

 約束して、もう二度としないと言ってくれたから、御父さんからのその件での話はもう終わりだ。
 
 でも、もし約束を破って二回目があったら、本気で殴りに行くから、死んだら御免やで

 君は御父さんが強いって思ってくれているけれど、本当の強さは、自分の弱さに打ち勝つってことなんだよ。

 腕力がいくら強くても、『自分の欲望や弱いところに勝つ』ってことが出来ないと、結局は意味ないんだよな。

 御父さんは君に『本物の強い漢』になって欲しいから、約束したことをしっかり守り、真っ直ぐ生きていって欲しいな」

と、大体こんなことを話しました。

2回目の父母の会合で、またも涙・なみだの御母さんもおったけれど、そんなものは建前のポーズじゃな

小学校の低学年に「信じていた」は無理じゃろうに

ピンチはチャンス!

こう言った「負の機会」を正なる道に正すチャンスととらえることこそが、親の愛じゃろうにね

いや~、親業って本当に勉強になるわい

日々、善太郎はバージョン・アップじゃね(笑)

追記

高校の時、万引き?と言うか、こそこそ本を盗むのもなんだと思い、堂々とわしづかみに本を持って本屋から出たら、バイトが追ってきて店まで来いと言われた

望むところだとついて行こうとしたら、懐からナ◎フやら暗器がぼとぼと落ちたので、逃げ出したバイトを「待てっ!」と逆に追っているところを神父の養父に見つかり、死ぬほど怒られたと言う笑い話があった

あんとき笑ったなぁ~と、その話も坊に言おうかと思ったが、昔、娘が友達とぼやを出した時に、「凶暴な犬に火をつけて火事になった」話をして場を和ませようとして、奥(前・2号)の怒りを買ったのを思い出し、今回は先ほどの御話だけにしておいた

もっと月日が流れ、坊がもう少し「大人の笑い話」について来れるようになったら、いつか話して聞かせたいもんじゃと思った夜じゃった(笑)

ちなみに、写真はわしよりもずっと若いが、リスペクトのジェフ・モンソン

身体、再度鍛えなおす気満々じゃが、時間がねぇ~の現状じゃな

なまらない程度に動かして、春先から再始動ってことでよろしくじゃな



スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 16:07:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<DV  壊れた子どもの心はどこへ行ったのか? | ホーム | 関ヶ原付近通過>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/857-82bdddb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。