王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

えらい目に遭いました



昨夜、絶好調と休憩時に記事をアップし、全部隊が引き揚げるのを待って道場に向かった

までは理想通り・・、ではないが、なんとか練習に顔を出せてハッピーじゃと思った矢先

謎の見たことがない子が練習を指導している

だれ?

しばらくしてNBJCの早川代表から改めてだと思うけど紹介があり、神戸(だったか?)の柔専館の岩崎選手と言う、次世代の強豪選手が出稽古に来て、そのままレッスンだったと言うことじゃった

これはダブルで運がいいと思って、新しい風を感じつつ練習をさせて頂いておったのだが、

何故か話を聞いている最中に、偏頭痛がしてきた

恐らく・・・・・、知恵熱だと思う(笑)

夕方、特に集中して頭を使っておったのでかと思うが、下手をすると奥の夏風邪がうつったかもだ

でもまぁ、そんな時こそ汗をかいてすっきりしようとスパーリングになったのだが、

いつも以上に「」をしようと思っていたからか、めっちゃやたらにやられました(笑)

特に、レスラーのM本には、チョークに入っておったのに、腕を組んで見守っていたら本当に入ってしまい、あわてて取ろうと思ったが、M本の手首が細くてわしの首に入り込み、とれやしない

久しぶりに白帯にタップしました

春先にケトルベル40KGのワンハンド・スイングで肩を壊す前に、ファイトクラブの子とスパーをしたとき、胴衣をぶち破ったり、首を破壊しかけたので、わしのような下手糞がおこがましいが、白帯の人とやる時は、極力攻撃せずに力を抜いて、攻めさせておいて、そこからエスケープとか反撃ってことにしとるのだが、

ここんとこ皆、めっちゃ上手くなっておるよって、段々そういう訳にはいかなくなってきた感が強いの

でもまぁ、取りあえずそのまま「攻めさせておいて、危ないところからの脱出」って路線で暫くは行こうと思う

M本以外はな(笑)

そして、昨日の練習のハイライト

指導してくれた柔専館の岩崎選手とのスパー

ここはかなり真剣にやりました(笑)

オヤジならではのちょっと「小ずる」をし、森田パパ君がスパーをしているのを見て、

「あぁ、極めは『腕がらみ系』が得意なのかな?」

と勝手に予想をし、上位の子に攻めさせたら余計にやられてしまうと思い、ガードに入れてそこからのアタックに終始したお蔭と、

スパーの前に早川代表が、

うちの番長なんで

と言う解説のお蔭かで、何とか取られずに凌げました

まぁ相手がおっさんだったので、大いに手加減してくれたのだろうがね

しかし、そのスパーの最中、

自己の限界ってのを超えそうな感じってのがあったので、下手をすると数年ぶりに「もう一本」行きたい感があったな

クローズから腕を狙っておる時、偏頭痛もそっちの気で集中しておった際、このままでは極まらんがこうしたら・・・・

って、もう少しで自己の限界を超えそうじゃったのに

練習が終わって話をさせてもらったら、めっちゃ好青年であったので、出来ればまた名古屋に来て貰い、ご教授して欲しいものだと思ったねぇ

と言うか、わしの長男坊と同じ年と聞いてびっくり

そう言う世代がいよいよ育ってきた時代に入ったと言う訳じゃね

偏頭痛以外はとってもエエ夜じゃった

写真は、いつものようにNBJC早川代表ブログ バーリトゥード日記から無断拝借です(▼人▼)

スポンサーサイト
  1. 2010/09/07(火) 13:43:07|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ここ最近で言われて嬉しかった言葉(最新版) | ホーム | 絶好調>>

コメント

そう言ったところを心より尊敬してますよ♪

「北斗の拳」の例え話を聞いた時は、正直目が点になるのを通り越してましたけどね(笑)

これからも、そのスタイルでいってくださいね!
  1. 2010/09/08(水) 16:44:54 |
  2. URL |
  3. 善太郎 #-
  4. [ 編集]

教えを請うのに相手の年齢、キャリアは関係ないですからね♪
私の場合そこに厚顔無恥が加わってます(笑)
  1. 2010/09/08(水) 12:51:10 |
  2. URL |
  3. NBJC早川 #-
  4. [ 編集]

早川代表>わしが昨日物凄く驚いたシーンが、岩崎選手から事細かに技の解説を聞いている早川代表の姿でしたね。

 下手をすると子どもくらいの歳(実際にわしの長男と同じですが)から、しかも格下の茶帯から熱心に聴いている姿をみて、武道家ってかくあるべきなんだなぁと、改めて凄さに頭が下がる思いでした。

だからわしの頭が痛かったにはつながらないと思いますが、パワーだけでなく、そう言ったところも見習っていきたいですね。

流石はわしの師匠ですよ(笑)
  1. 2010/09/07(火) 21:34:20 |
  2. URL |
  3. 善太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/818-a2208b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。