王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先生と



正月もど真ん中の感がある元旦の今日、昔お世話になったある先生に久しぶりに挨拶に行ってきた(▼人▼)

とは言え、思い返せば新年の挨拶をするのは初めてのことだったが、

ここ数年色々あって年賀状ひとつ誰にも出さないと言う日々が続いておったのだが、ここにきてちょっと精神的な落ち着きを取り戻してきたので、近況報告を兼ねてちょっとだけ顔を見に行ってきた(▼∀▼)

先生」と言っても、別にわしの学校の恩師とかではなく、ホント名前を書くとまた一悶着あるとあかんよって、敢えて割愛しておくが、わしなんぞと知り合いと言うのもおこがましいくらい立派な方である

わしの正の人脈のまさに最高峰の先生は御年たしか70を結構越えられておると記憶するが、その眼光とオーラはそこいらのチンピラがすれ違い様小便をちびるくらいのお方と言えようσ(▼o▼;) 

部屋に通され、平伏して年賀の挨拶をするわしに、優しい笑顔で接してくれた先生にはただ頭が下がるのみであった・・・・・

近況報告の中で、子が3人のくだりになると、破顔して

「善太郎君も、父親ゆずりだねぇ」

と言われたあたりは、正直冷や汗がでる思いでもあったが、別段わしを責めるわけでもなく、優しい眼差しであった

漢としての生き方云々は、実はこの先生との会話から影響を受けることが多いのだが、わしが思う親としての漢の生き様を述べたあたりは流石に眼光鋭くなりながらお聞きになり、聞き終わると

「善太郎君、それはある意味不自由な生き方ですねぇ

 いつまでその生き方を貫けますかね?」


とお聞きになってきたので、

「無論、死ぬまでです」 (▼ ^ ▼)

と即答すると、これまた言葉に出来ないような笑顔で

「うん、それでこそ男の子だねぇ」

と言うお言葉を頂いてきたよ(でも、わしはどう考えても子じゃぁねぇよなぁ) (▼ ▼)?

新しい年が初まった最初の日に、先生と僅かな時間だけでもお会いできたことは、素晴らしいことであった

怠惰に生きることは犬にでも出来る(▼_▼メ)

人として生まれてきたからには、自らの天命を全うすべきが一番充実し幸せな人生じゃぁなかろうかと思う、今までにない元旦の一日であった

今でも「今日、このまま死んでも悔いなし」と思うのやが、より一層今年はその思いを強くして、一日一日を生きていくだな

あのひとの こころのたかみに きっといく by善太郎





注:写真は中身とまったくもって関係ない

あまり堅い内容になりがちだったので、ちょっとこの前知った可愛い子の写真を使っておいたよ (▼д▼メ)
スポンサーサイト
  1. 2006/01/02(月) 00:44:34|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<わしの葛藤とある男の夢 | ホーム | 兄弟仁義(2005最終忘年会)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/79-02c02554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。