王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

姫路城 登城

2010正月休み 010

大晦日は家族そろっての年越しそばと飯を食べたのだが、そもそも石井と吉田戦をめっちゃ楽しみしておったわしは、格闘技は野蛮だから嫌という奥のご母堂を説得し、ダイナマイトを見ておったのだが・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、今回は「見なくても良かったかの」だったか

そして、元旦

2010正月休み 001


家族揃っての初詣でも毎年恒例だったが、今年は姫路城からは義父&母さんらとは別行動となり、5年ぶりくらいになるかの「姫路城へ登城」となった

なんでも姫路城が大修復にはいり、しばらくは城内も見れないと言うので登ったのは好いが、正月は無料のために大混雑

2010正月休み 008

敵が攻めてきた時に、矢とか鉄砲を撃ちかける穴がそこらじゅうに
坊と覗いて下の人に声をかけたりと、大混雑のストレス発散にも余念がなかったの

また、怪談で有名なお菊さんの井戸もありと、ひじょ~に歴史的にみてもいろいろある姫路城

2010正月休み 018

窓から見えるのが、坊が生まれた病院

姫路城のすぐ東側にあり、あれからもう6年半になるんじゃなぁ~と、感慨もひとしおじゃったわい

2010正月休み 017

そして、これが天守閣から見た姫路市内

すこし霞んでいるが、向こうに見えるのが姫路駅

眺望もめっちゃいい感じ

ただ、めちゃくちゃ多い人を除くとな

実はこの時すでに体調が優れず、体に違和感があったり頭痛もあったのだが、奥の前では決してそんな素振りを見せないを信条としておるわしとしては、買い物もそこそこに「そろそろ引き揚げようか」と言うのが精いっぱいじゃったがな

姫路の実家に戻り、そこから昼寝をすると称して実に4時間寝まくった

地獄の体調であったが、坊の喜ぶ笑顔と、何よりも奥が嬉しそうだったので、悪いことと好い事が「行って来い」のイーブンであった、善太郎今年の元旦であった

それがまだ序章だとは、神ならぬ身の善太郎

予想もしておらんかったがなぁ (▼曲▼♯)

つづく



スポンサーサイト
  1. 2010/01/04(月) 22:29:48|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<消えた「ムーミンパパ・カフェ」 正月2日目 | ホーム | ようやく帰宅 (悪夢の正月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/722-dae47115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。