王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここ最近でやたらフラッシュバックする事象


この前の記事で、先日あった坊の保育園での運動会を書いたが、

実はこのときのことがやたらと、「ふとした時」にシーンが頭に浮かんでくる

それは、

坊が激走したシーン・・・・・・・・・ではなく、

何故か、リレーが終わった後の坊のクラス皆の笑顔である

それは

坊のクラスには、一人知的障害のある子がおる

それ自体は特に珍しいことではないのだろうが、ここからの思ったことを書くとある意味とても失礼極まりないことかも知れないが、

先生を初め、皆がふつうにその子を入れての競技を行っておったことに、とても感銘を受けたということや

この前で書いたリレーも、始めは

「まさか、あの子は走らないよな」

と思っておったのだが、何と先頭走者でしっかり赤組に入っておる

スタートラインも覚束無いと言うのに、どうなるのかと思って見ていたら、案の定一番びりっけつ

先生のリードも虚しくだったが、感動したのはそこからで

恐らくその子のこともあって、早い子たちを赤組に集結したらしく、どんどん赤組走者が他の色の走者を追い抜いていく

結果、一番は何と赤組がゲットしたわけだが、
リレーが終わって、その子を囲んで皆で喜んでいる顔が、やたら記憶にフラッシュバックとして甦ってくる

なんでだろう・・・・・・・・・

戦後最大の不況とか、百年に一度の不況とか言われる昨今だが、

わしが昔お世話になったとある業界でも「弱肉強食」という言葉がピッタリと当て嵌まっておったが、
そんな時代の臭いがぷんぷんしてきた中で、

出来れば、社会を生きていく中で、そうやって弱者(?)をも共に助け合っていけるとええなぁ~と言う気持ちが奥底にあるのかもな

自分でも顕在意識においては説明がしっかりできないことで、何かほっとした感情を味あわせてもらった

ひとつ得した気分の出来事じゃったの
スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 10:41:54|
  2. 凄いやつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リンゴ狩り第二弾 | ホーム | 保育園最後の運動会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/680-dc2a5aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。