王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

過去最高の結婚式

姫路帰省20090523 026

昨日の夜、名古屋に帰ってきた

姫路を8時半頃出て、一度休憩したのに家に着いたのが11時半

新名神のお陰で近くなったものやなぁ

名古屋⇔姫路間 約3時間で行けるよってな

それはさておき、

さて、この前の記事を書いた後、奥(現:3号)と合流し、ゆるゆると式場まで歩いて行った

奥の実家は、姫路駅からむっちゃ近く、新幹線で帰る時は歩いて駅から帰るくらいの距離じゃけん、式場もわりと近くだったので、のんびり歩いて向かったのだが、それでも開場の3時より早く着いてしまい、何故か親族控室に通されると言うハプニングがあった

新婦は奥の小学校からの大親友で、昔話になると必ず出てくる名前なので、当然新婦のご両親も

「おじちゃん・おばちゃん」 「Rちゃん」

と呼び合う仲なので好かろうが、わしはと言えば新婦には一度実家の庭でやったBBQで喋ったくらいで、しかも新郎とは会ったこともない・・・・・・・・・・・と言う状況であった

何故に、まだ正式に籍も入れておらんわしがこの結婚式に行ったかと言うと、

奥が新婦にメールにて、「ファミリーで行った方が良いのかな? 私だけの方が良いかな」と聞いたところ、何故か新婦からの返事が

「嬉しい、旦那さんと来てくれるなんて!! でも、ごめんなさい。Tちゃん(坊)の席は取れそうもないの」

と言うのが来て、「どう言うスタイルでの参加が好いか」と聞いたのが、「二人で出席を」になっておったので、奥の顔を立てて出席した、と言うかってない式出席事情であった

ええよ、ええよ、奥が喜ぶのならの  (≧∇≦)ブァッハハ!

ものすご~く気を使ってくれたのがビンビン伝わってくる披露宴会場での席

新郎の大親友2名が座する主賓テーブルに配置されており、宴の最中もいろいろと新郎の大親友が会話の切れ目がないくらい話かけてきてくれた・・・・・・・・・・・・・・

さぞ、新郎ならぬ心労が大きかったことと存ずる

Image003.jpg

姫路を舐めておったよって、式場のとっても良い雰囲気にビックリ
まるでグァムかサイパンのホテルのような感じ

姫路帰省20090523 024

あのぉ~、奥が撮った写真、何かさっぱり分かりません・・・・・・・・・ (▼д▼メ)
姫路帰省20090523 038

姫路帰省20090523 045

奥の大親友と、小学校からの友達と言うことで、新郎が「チャラ男」風と称しておったが、話せば中身は大体分かる年頃になった善太郎

とってもナイスガイだと言うことが、すぐに分かったぞい

姫路帰省20090523 048

この辺は大体どの結婚式でも見るだけに、二人の人柄がクローズアップされ、何故か見ておるだけでとても幸せな気分にさせてもらったなぁ


姫路帰省20090523 060

と言うか、何よりも最初は20年ぶりくらいの再会にちょっと引いておった奥が、途中酔っ払ってきた辺りから段々嬉しさが勝ってきて、そのうち毎度のわしを置いてけぼりしだしたのが、見ていてとても嬉しかったのであろうな


常々坊に言ってきた言葉、

「漢は痛い・辛いでは泣くな! 漢は嬉しい時に泣くもんじゃよ」

を地でやってしまうと言う、自分でもびっくりのこともあったがな

新郎の最後のスピーチで何故か、生きておる方の目、左目から伝うものが・・・・・

40年と半分程度生きてきて、数多くの結婚式に参列させていただいてきたが、

何故か一度も会ったこともない新郎と、ゆっくり話したのは実家BBQだけと言う新婦との結婚式にこれだけ感動させてもらうとは・・・・・・・

間違いなく、過去最高の結婚式でありました

来年辺り、ディズニーにでも行ったときにでも、また一緒に食事をしましょうと約束をしておいた

それが今からとても楽しみじゃ

まっこと、ええ時間じゃったよ (>ω▼)ゞ```
姫路帰省20090523 068
スポンサーサイト
  1. 2009/05/25(月) 09:00:21|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご冥福をお祈りします | ホーム | マスクだらけ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/624-5c7bd6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。