王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CTO (cancelled-to-order)



それは突然やってきた

先々週の金曜日の夜、社長室にて業務報告とかをやっておる流れで、以前書いたと思うが若い連中の「昇給の話」に入って行った

先日わしの両親宅にお邪魔した時に、養父と「昇給の話をまとめていてね」と言った途端、

「この不景気もまっただ中に昇給の話なんてあるのかい?」

と驚かれたが、養父だけではなく、同じ業界の他社の人に話しても皆一様に仰け反って驚かれたりしておる

給料が下がらないことだけでもマシと思える風潮やよって、余計にじゃろうな

昨年末の忘年会の時に聞いた意見をまとめて、社長が怒らない程度に報告した後じゃった
社長から、

「そう言えば、あなたの給料も決めないとね」

と振ってきた

「社長が気持よく、わしにじゃったらこのくらいはと思える額で結構ですよ」

と答えたのだが、どうも気にかけてくれておる度合が大きいらしく、具体的な金額を「今、ここで」決めようとする雰囲気に話が流れていく

ちなみに、ちょっと前にもこの昇給話の前哨戦的な時に、「お支払いする年収を○○万円にしたら、会社の資産を食っていくようなものだからなぁ~」と言っていたのだが、何故か今回はちょっと違った雰囲気に

まぁ言うのだったらこのタイミングかな?と思い、わしが告げたのが、

「社長、ちなみにわし、今の年収だったら10年前に社長もご存じの○○さんのところから来ないかと誘われておりましたし、社長にお世話になってはや15年くらい経ちますが、これまでに3度は確実に年収提示までされてのヘッドハンティングもありました。
ただ、皆さんにお話ししたのは、わしが愛知県に居を構え、生業をこの業種とするのならば、出来うれば生涯をこの会社にと思っておりますと伝えてきたもんですよ。
わしこそが会社を支えるキーパーソンであると言う自負も当然ありますが、『目先の利益』だけではわしは動きません。
社長が『まぁ擱こうか』と仰るまでは、この善太郎。
誠心誠意、お仕えする所存ですよ。
ですから社長わしにではなく、さっきの議題であった若いものにもご配慮をお願いしますね」


と正直な胸の内を伝えました

しばらく沈黙のあった後

「そうだろうね。あなただったらまさしくそう言った引き抜きの話も当たり前だろうねぇ」

と相変わらず人の話にはあまり流れを左右されず、今回の社長の意のまま会話が流れていく

「よし、分かりました。 だったら好い値を言いなさい。それをお支払いしましょう」

と先日の「○○万円だったら・・・」の話はどこに行った?状態に

「社長・・・・・・、人の話、聞いてます?」

と問いかけるわしじゃったが、聞いていない

「ん~、私よりも上だったらあかんだろうから・・・・・・・、ヨシッ! ○○○○でどうかね?」

提示された金額は、確かにここんとこのわしの目標額であったが、まさかこんなに早く実現するとは

結局この金額が今年の年収にとほぼ決まり、先々週の社長との会議は終わったのだが、


問題はその後

先週末、ファミリーでお出かけでも、ふとした時間があると、

「如何に自己の能力・生産性をその年収に見合うだけに上げていくか」

ばかり考えておった

大不況の昨今
身に余る待遇には、まさに「寝る間も惜しんで」自己を磨いていかないとなぁ、決意を新たにしたものや

その際に出た、4月からの役職は当初

「その年収だったら、『専務』ってことに、ちょっと年齢的にも早かったがしておこうか?」

と言っていただいていたが、一回り年長の統括部長たちがまだ数年は在職するであろうことから、軋轢を考慮して、

「でしたら社長、日本の会社法には適用がありませんが、CTO(chief technology officer)つまり『最高技術責任者』と言う役職を名乗ることを許可願えませんか?
H統括部長たちを定年までは立てていきたいと思いますので」

と提案してみた
すると社長は笑いながら

「まぁあなたの好きなように名乗ったら良いでしょう」

と晴れて小さい小さい会社ではあるが、CTO キャンセルトゥオーダーならぬ最高技術責任者と言う、結構大変なポジションになることが決まった

さぁ~て、まさしく占い通り、大きく人生が音をたてて変わっていく
金に困ることはそうはなくなりそうだが、自己を今まで以上に磨いていける環境にはまっこと嬉しい限りじゃ

少なくとも、年収の倍以上の利益を齎さんとな

愛する者たちへと
信頼して大きな権限を与えてくれる人に日々感謝しながら生きていけるのは、まさしく至高の人生とえるであろう

死ぬまで日々己を研鑽して存在対効果を上げてな




スポンサーサイト
  1. 2009/01/28(水) 21:07:27|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<感染被害増大 | ホーム | 天地人 直江 兼続 >>

コメント

☆KEEP BLUE☆さん>ご丁寧にありがとうございます。

でも、あんまり大したことは書いてありませんよ(笑)

ブログ、拝見させて頂きました。
大変な時代ですが、頑張っていきましょう。
  1. 2009/02/04(水) 10:15:58 |
  2. URL |
  3. 善太郎 #-
  4. [ 編集]

こんにちは!

こんにちは。

初コメントになります。

一才の娘の子守しながら仕事してます(笑)。

PCでの仕事中に寄らせていただきました。

娘が寝たら、またゆっくり見させていただきます。

それでは失礼します。
  1. 2009/02/03(火) 15:36:26 |
  2. URL |
  3. ☆KEEP BLUE☆ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/01/29(木) 13:17:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/560-e15ab6e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。