王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

報恩 (諸葛 善太郎 つづき)



脱走した

月曜日から業務時間が一日14時間をオーバーしておったよって、半分切れ気味だったが、今日は何故か午前中1件、昼から1件のみの予定の為、さっき用事を済ませ脱走してきた

まぁ時には息つかんとな

わしの文の悪い癖で、つづきものを書くときに最後まで読まないと「何でこのタイトルなの」というのがあるが、今回もその辺の流れはあまり変わっておらんと思う

リンクしてある杉江アマゾン大輔くんのブログを拝見させてもらうと、アライブ鈴木社長への愛(変な意味とちゃうよな?)を感じるが、わしの社長との話もすべて書けばえらい長い話になるよって、なるべく「諸葛」の苗字の意味まで今日でたどり着きたいが、あかんかったら続きということで、ひとつよろしく頼む感がたっぷりや


さて、面接の時にまで話が遡るのだが、髪の毛も生やし、出来うる限り真面目一発の格好で挑んだ今の会社の面接

大きな会社と違い年間10億程度の会社なので、面接も社長本人との話だったのだが、今でも記憶に鮮明に残っている会話の流れやった

一通り話しが進む中、社長の変わった質問が出てきた

「将来って、独立とかする気なの?」

わしとしてはか○ぎの世界と言うか普通の世界に戻れるかどうかの瀬戸際だったので、そんな事を考える余裕もなかったが、その当時思っていたことを素直に話しました

「いえ、自分は『学ぶ』と言う事が好きなので、自分が学んだ知識とかを活かして、禄を育めればと思っているだけです」

とな

何故にその様な質問がと、逆にこちらから問いかけてみると

「ん~~~~、何か人に使われるってイメージがしないんだよねぇ。自分でやるって言うイメージが物凄くするんだけど」

まぁ良いイメージってのがあったんやな、うん

この辺の会話をするうちに、「やったぁ~、これでわしも一般人や」と内心大喜びで小躍りするくらいじゃったが、そこはほれっ!
今まで嫌でも潜った修羅場の数々のお陰でポーカーフェイスを押し通し、見事確定となったのでありました

面接の相手が社長なので、そのまま給料とかの話がすんなり決まり、14年前の11月2日
今の会社にお世話になることになったのであった

今思い起こせば恥ずかしい会話の限りで、
わしの業務はとある資格がいるのだが、最初は2級から始める資格を来年取ってねと言われた時に、
「必ず受かります。落ちたらクビで結構です」

と思わず口から言葉が先走っておった
試験は水物だから、そんな事を言わなくて良いよと言う社長に向かい

「やるからにはこの世界で一流を目指します。2級で落ちるようなら先がないと思いますので、落ちたら自分からやめます。しかし、必ず受かりますからご安心下さい」
そこから時には「あぁ~難しいよって、駄目か・・・・」と思える試験もあったが、以来6個かな?の一応国家資格すべてを合格していくことになった

一級の試験合格発表日なんぞは、わざわざ社長が現場までやってきて、『星 明子』のように電柱の陰で待っておったと言う、ちょっと気味が悪いこともあったよってなぁ

まぁ簡単な試験ばかりなので、養父のように行政書士とかのレベルには到底いかへんがね

しかし、思わぬ伏兵が最初の給料日にやってきた

これも恥ずかしい話やが、給料の話を決めておる時に、確か手取りでいくら貰ってますと言う話をした後に、「じゃそれくらい出すね」と言ってくれた金額が何と総支給額だったので、そこから税金等を引かれると、ちょっと娘も出来ておったよって、生活が・・・・と言う状態じゃった

給料袋を持って社長室にそのまま直行し、

「すいません、縁があり末永く可愛がって頂くつもりでしたが、給料面でちょっと意思の疎通が上手くいっていなかったようですので、今日で辞めさせて頂きます」
と直訴したのであった

当惑した社長だったが、

「だったらいくら欲しいんですか?」
と質問をしてくれたので、

「ブラフとかを使うつもりはまったくありませんので、最初にお話した金額が手取りなら、何とか生活していけると思われます」
と伝え、家計の詳細をお伝えした

わしの会社は5月が決算月なので、昇給も5月の給料日からなのだが、そこで望む金額に昇給してくれることになった

がしかし、それまでの半年間をどうすればええんじゃ?

と言う内心の疑問に対しての社長の配慮が、今のところわしの関連する役所関係で絶賛を受ける「○○株式会社 善太郎部長」と言う作品を作る第一歩だったと思う


ちょっとの間がひじょ~に長く感じた社長室でのあの時、来年の5月からは大丈夫とは分かったが、それまで・・・・・・と考えておるわしに社長がゆっくりと口を開き言いました

「これで5月からは大丈夫ですね? では、それまでの半年間はわたしのポケットマネーで差額をお支払いしますから、毎月の月末に社長室に来てください。」

やんちゃ系でも心温まる社長(?)もおるにはおったが、直接この様な心遣いを頂いたことはそれまでなかったよって、ホンマ身震いがするくらい心に感じ入ったものやった

その時、心に強く強く思ったことが、

「必ずこの人を盛り立てて、会社を良くしていこう」

だったなぁ・・・・・・・

それ以降、幾度かヘッドハンティングみたいなものにあったものだが、年収600万の時に700万出すと言って頂いたり、過去最高は白紙で大指一本までなら出すと言って下さった方がおったが、この話をさせて頂き、お断りさせて頂いておる

「以上のような話があり、今のわしがあると今も強く思っております。
わしのようなものにお声をかけて頂けた事は大変光栄ですが、居を愛知県に構え、今の業種を生業(なりわい)とする以上、生涯を今の会社にて全うしたいと思います。」


なんてね

財布が寂しい昨今、「あぁ~、あの時お誘いを快諾していれば・・・・」と思わなくもない
わしも俗物やよってね

だが、恐らくまた同じような機会があったとしても、同じ台詞で終わるような気がする
いや、したいといつも思っている

利のみで動くと言う生き方は、わしの生き方にあらず

あちこちのお偉いさんからお褒めの言葉を頂く度に、「こんなわしを信頼し、任せて頂ける社長のお陰ですので」と言う言葉どおり、14年経った今も、いや今だからこそ

今のわしがあるのは社長のお陰だと、いつも思っている

「何でそんなに勉強したり、管理能力を求めるんですか?」

と先日お付き合いがある会社の若い子(?)から言われたが、わしの知的生産性を上げる事が、すわなち会社の利益となり、それによって恩に報いれると信じておるからや

人は人によりて人となる

多くの好き仲間たちに恵まれておるわしやが、奥(現:3号)と並ぶくらいの人生において大きなターニングポイントとなった出会いは、この社長との出会いに他あるまい

一日15時間以上仕事ぶっ通しと言うこともある季節にそろそろなってきたが、
嫌でやっておる事なんぞひとつもない

わしこそがと思える日々やよってね


しっかし・・・・・結局「諸葛」まではとうとうたどり着けなかったなぁ・・・・ (▼m▼)
スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 11:24:18|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今年もまたやってきた チビッコサッカージャンボリー | ホーム | 高山BBQツーリング 2008>>

コメント

○山ちゃん>最初誰や?と思って暫く悩んでおったよ(笑)
前に書いたこととかをすっかり忘れておったからな。
さっきコーヒーを飲んでいる時に、潜在意識から教えてもらい分かったわい(笑)

まぁいろんな仕事のスタイルがあるが、昨日もわしの奥と「わしの仕事のスタイル」の件で話になり、「それをやらなあかんの?」と言う奥の質問に改めて自問して、「自分で決めたことやよって」と伝えたが、根本はこの話がすべての始まりであり、根っこやな。

お蔭さんで休日も結構仕事とか、自己啓発関係の時間がかなりの時間を占めるが、楽しく自己を向上させてもらっておるよ。

社長との出会いがなかったら、わしは単なる街のチンピラで終わっておったかもしれないよってね。

仕事に関しても、自分に気持ちの良いスタイルなら、どんなスタイルでもええんとちゃうかな?
格好づけでもなく、ありのままの事を書かせてもらったが、恥ずかしい話も結構あるよって、また追々書くような気がする(笑)

行きたい(生きたい)ゴールを決めてから、そこに向って走るのが、正しい生き方のひとつやとわしは思うよ。
○山ちゃんのこれからの人生が幸多かれと祈っておるぞ。

そして、例のコンパもよろしくな(笑)
  1. 2008/11/03(月) 08:55:46 |
  2. URL |
  3. 善太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントおそくなってすみませんv-436
練習に来てないのは激多忙だったんですね。
善太郎さんのブログは熱いっすね。
私は派遣社員なんでついさばさばと仕事してしまって、あまり気持ちが入っていない感じが自分でも嫌になってしまう時がありますv-390
でも、私も何かのきっかけで変われるかもしれないので日々頑張りますv-220
  1. 2008/11/02(日) 00:39:20 |
  2. URL |
  3. ○山 #K9nGsnWU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/528-e500663e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。