王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二宮(にのみや) 善太郎



この前の記事が、ちょころびっとコア過ぎたかなぁとも後から読んでみて思えたりもするが、どちらかと言うとこれはまだ書けるだけマシな方だからな。

先日の「豪邸森田邸たこ焼きパーティー」の際に、NBJC早川代表とむかし(子供時代)とかのいたずら話になった時、ふと脳裏を過ぎったのもかなり酷かったからな

めっちゃ前に書いた、昔住んでいた家の前にいた「人食い犬」との激闘で火事になった話を皮切りに、子供は叩かないを主義としておるわしとしても、もしわし自身が自分の子供だったら撲殺しかねない事件の数々・・・・・・

新聞にも載った、「近鉄電車○線事件」とか、本屋にて本をどうどうと持って帰ったら、店主が追ってきてスッタモンダしておったら、わしの懐から色々光る道具がこぼれ落ち、逆にその店主を追っかけたと言う「謎のおっかけっこ」と言う、楽しい中学生時代の思い出とかな


ホンマ、目を瞑ってみれば爆笑のエエ人生だったよ

ってまだ死ぬわけでもないのだがな

まぁ子供時代の奴やったら、書いてもエエかな?とも思えるが、ボチボチとなってところだ

昔一番楽しかったのは、そう言った悪戯の数々だったが、今一番楽しい時間といえば、

まっ一番はやっぱ愛する奥(現:3号)とか坊とか娘と過ごす時間に加え、一門内の兄弟達や兄弟のように親しい友達との時間に限るが、ひとりで一番心が充実する時間はといえば、やっぱ「本を読んでいる時」に限る

とは言え、最近読んでおる本の殆ど(90%以上)が所謂「ビジネス書」なので、楽しいかどうかと自問すれば微妙やが、

読書ってことよりも、自己のポテンシャルを限界まで高めるってのが好きなんだろうな、きっと

そして話が戻っての読書やが、一般には何でも読む
所謂仕事関係の専門書から、一番多い自己啓発関係とかビジネス書、そして小説にはては漫画まで読むんだな、これが

特に漫画
以前NBJC早川代表の中学校の同級・同窓生&わしの高校の同級生だったM部らと喫茶店に行った時に、

「善太郎、お前って本読んでおらんだろう?」

と言われるくらい早いペースでページを捲っておったらしいからな

M部が一冊読む間に、わしは平均して3~5冊読んでいるから、まぁそう見えたんやろな

その理由として考えられるのは、わしは幼少期から中学2年生までの間、母子家庭だったのだが、母親がかなり教育について考えておったらしく、

毎月一度は必ず本屋に行き、

「この中から好きな本を買ってあげるよ」

と言われておった棚は、「世界少年少女全集」とか言うものだったので、正面から見た本の厚さからして5センチクラスの本を、母子家庭だったので有り余る時間の中で読破していったからが始まりだった

そして母親をかなり驚愕させたのが、自分の小遣いで買った始めての本が、中国の史書『孫子』で、ちなみに小学校2年生だったそうな

実父の職業(?)があれだったので、当時すでに悪戯も度が過ぎ始めておったわしを、メッチャ心配して育てたからだそうやが、

そのお陰で、今があると感謝しておる昨今であるな
旅行中」も、本は読んだからナァ

そして今、大体読書中の本が大体6~7冊
その中から平均して一日1冊は読破しておるので、結構読んでおる部類に入ると思う

どこでそんな時間がと言われれば、朝5時に起きて30分程度身体を動かした後、家事の手伝いの真似事をし、朝食となるのだが、まずそこで一冊目の本を15分程度読む

6時に出社するのだが、片道1時間程度の通勤途中、ステレオから流れておるのは大体「オーディオ・ブック」
後に書くと思うが、ここ最近で最も影響を受けた人物と言える、「勝間和代女史」の影響で初めて「オーディオブック」
わしはもっぱら「FeBe」と言うサイトで買ってDLして聞いておるのだが、これも2冊目とカウントしたい

そして、これが今回の記事のタイトルとなったのだが、駐車場から事務所まで向かう間、また一冊を読みながら、それを事務所に入っても読み続け、大体ここで30分程度の読書時間を日課にておる

その駐車場から事務所に向かうわしを、昨年入社された50代の方が、(K村さんと言うのだが、この人がわしの事務所一番槍のライバルや)

「善太郎部長って、まる傍から見ると『二宮 金次郎』みたいですね」

と言われたからやが、時折車線をはみ出して歩いていて、クラクションを鳴らされる事もあるから、まぁ撥ねられてコロッと逝けばラッキーみたいなもんやな

10時の休憩時も、ちゃんと15分だけは「読書」時間を厳守し、昼の休憩もめしを食いながら、朝ジョーバに乗っておる時に見た愛隆堂のDVDの「本」を読み(ジョーバ時は、必ず柔術関係のDVDを見ながらや)、朝見たテクニックの復習を心がけておる

今迄の書いてきた時間全て、読む本が違うから、ここまでカウントした時点ですでに5冊

結構読んでおるナァ、やっぱり

何事もなければ、30分の昼寝を取り、午後3時の休憩は、読書はせずにもっぱら部下との会話から、日々の気付きが無いかを確認

残業時には、一服時に出来ればそこで予備の本を一冊以上
打合せに出かける時は、mp3プレイヤーを持って行き、隙間時間及び車での移動時間を、耳からの「読書」に当てておる

帰り道も「オーディオブック」を愛聴し、帰宅後

トイレ&一人での入浴時に各1冊

数えてみれば、大体8冊は違った本を読んでおることになる

自慢とちゃいまっせ (▼曲▼♯)

過去が過去なのに、今在籍しておる会社で、

まぁ「はげろぐ」のNむらケンタが目指すような大きな会社ではないにしろ、何故に「長」の役職の肩書きが付いておるのかと不思議がる人がござったもので、ある意味それの答えがこれらの習慣ってことになるかもなぁ

日々の小さい習慣が、それ以降の人生を大きく変えるっちゅうことやね

読書については、またテクニック等を含め、ボチボチ書きたいものや

しっかし・・・・・
ふり幅が大きい人生じゃな、我ながら・・・・









スポンサーサイト
  1. 2008/10/18(土) 23:04:15|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<運動会 | ホーム | 親子の絆(北からの刺客 続き)>>

コメント

ケンタ>あかんのか (▼曲▼♯)
まぁ最近の頑張り具合がとってもエエよって、逆にわしのブログを見るような連中にも読んでもらおうと思ってな。
と言うか、お前ぇさんのブログ、名前変わりすぎや。
リンクしてある名前とちゃうやんけ (▼曲▼)

何が「頑張り具合がとってもエエ」かと言うと、これもわしの持論やが、「こけた事がない奴はあかん」ってのがあってな、「こけてこけっぱなし」ってのはもうお付合いする以前のスルーさせて貰っておるが、「漢はこけて、そこから学んで何度でも立ち上がって歩きだす」ってのが『当たり前』と思うよってな。
>ヒッソリコソコソ
とか抜かす時間があったら、本の一冊でも読んで、自己啓発せぇ (▼曲▼♯)

そう言えば、名前じゃが、わしは大体名前かあだ名で呼ぶようにしておるよ。
わしもそうやが、「苗字が三文字」ってのはそのままストレートに名前が絡みかねないが、ちょっと弄ったりしてな。

会社の若い子達もそうやが、今改めて振り返ると、大体皆苗字ではなく名前で呼んでおる。
それは、会社と言う「同じ船」に乗って、この世間の荒波に揉まれながら航海していく仲間やよって、「部下」ってよりも「弟=身内」感覚で接しておるからだろうな。
だから、「叱る」ことは多々あっても、まず自己の感情に流されての「怒る」ってのはないな(約一名を除く)
それらを特に注意しながら業務での指摘をしておるし、歴代の部下たちに一緒にめしを食いに行った際、そんなことを言って貰ったのが嬉しかったからなぁ。
すべてが愛情ベースでと思っておるよ。
上に立って指導する立場になっておる以上、それは当たり前じゃからな。

ふり幅が大きいってのは、まぁ書けない事が多すぎるよって、このブログでどこまでかけるか分からんが、
(墓まで持って行って〈逝って?〉貰わんとな、と言われておるよってな)
出来れば、最近の「真面目に」なってからの事を書いていこうと思っておる

前に大体の過去を知っておる奥(1~3号)達が、皆一応に同じ事を言うのだが、
「何が凄いって、そんな過去で、明るいってのが好いよね」
と謎のコメントを、一番近くにおる人たちから言われるのもなんだがな・・・・・。

ケンタのブログを拝見させて貰っておる今、とても感じるのだが

きっといつか、「この時期」を面白かったと思える頃がきっとくるだろうよ

人生は常に目標を持って頑張っておる人に微笑むと思うからの
それに必要なのが、「正しい自己のイメージ」や
誰しも、自分がイメージした自分以上には成れないからな
自己の力を信じ、真っ直ぐ生きていけよ

就職、旨くいくように祈っておるぞ (▼人▼)
  1. 2008/10/19(日) 07:41:11 |
  2. URL |
  3. 善太郎 #-
  4. [ 編集]

いや、あの何名前とブログ名出しちゃってるんですか!!('ロ';;)汗
えーと、あのヒッソーリコソコソ生きてるので暖かく見守っててください。ぇ

そして大きい会社は目指していません、100人前後の会社を探しております(キッパリ
『長』の付く人が『君は…名前なんだっけ?』と言う発言を平気でする会社に愛着が…(#-言-)コノヤロウ…
三重の銘菓、赤●の社長さんだって一から出直そうとなった時、従業員の名前から覚えると言った事をしたくらい
名前ってーのは大事だと思って…

と、言いつつ柔術クラブの皆さんの名前が覚えれない地上最低なアタクシでございます orz

『ホンマ、目を瞑ってみれば爆笑のエエ人生だったよ』
この言葉に善太郎さんのデカさを感じます、ホント勉強になります。
実はうちのブログ見てくれる友達には結構ココを紹介させてもらってます。
読み終わった後に『この人だよ』と右上の写真を見せると皆さん(@ロ@;;;;;;)な顔で
衝撃受けてるのが毎度の楽しみです★逃&笑

長いコメント失礼しましたm(_ _)m
  1. 2008/10/19(日) 04:30:36 |
  2. URL |
  3. ケンタ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/454-c7d82ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。