王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女子寮体験記 第二章 第一話「白衣の天使」



今さっき、取りあえず関連企業主催の食事会が終わった (▼_▼メ)

若い連中は二次会と称して、「へ○ス」に行くとか言っておったが、わしはど~も風俗はと言うことで辞退させていただいてきたよ 

       (▼⊿▼)ケッ   >( ̄‐ ̄*)  ( ̄‐ ̄*)

別に風俗があかんとは言わないし、わしの知り合いでへ○スで働いておる子もおるのだが、どうしても足が向かないんやなぁ・・・・・

やっぱり父君の影響かなぁ~(注:父1号は神父
        
                   m(。-_-。)m
軽く断ったら、気を利かせてか何度も誘ってくるよって、

わしは、下半身を誰かの世話でとは思わんのや」 (▼曲▼♯)

と怒らされてしまい、余計にげんなりやった・・・・

まぁ食事は恒例の焼肉やったよって、余計に性、いや精がついたかもだけどな
        (▼m▼)プップッ

さて、以前書いた通り、わしの半生において結構絡んでいた秘密の花園である『女子寮』なのだが、これはその中でもある意味禁断の話、 白衣の天使達の女子寮での話や 
 
                     O(▼∇▼)O
時を遡ること、実に23~4年だと思うのだが、

夕暮れ時、国道41号線を原ちゃりで栄から北区にあった通っていた学校に向けて走っておった
 
         (((((((((((((((((((( ̄∀ ̄)

黒川の手前の信号に差し掛かった、まさにその時

渋滞でトロトロ運転の車の陰から飛び出してきた真っ赤な車と接触したわしは、右ひざ負傷のまま路上に投げ出されたのでありました

         いたい(≧□≦)

普通ならそこで救急車がやってきて・・・・となるのであろうが

すぐ目の前が何と病院だったため、事故の相手と北署の警官達によってその病院へと運ばれていったのでありました

その病院こそがわしの少年期に色艶を落とすことになった運命の病院『いの○し病院』との出会いであった・・・・・・

                  (@ ̄ー ̄)y-~~~~

はれられて はこばれたのは はなぞのだ by善太郎

                つづく
スポンサーサイト
  1. 2005/11/26(土) 23:24:13|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリー・ポッターと炎のゴブレット と・・・・・ | ホーム | 多忙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/45-099cbe08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。