王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

虎が一番好きな動物やな 

Majestic20Grace,20Siberian20Tigerb

以前誰かに何かの心理テストか何かをやられ、「森に入って最初に出てくる動物はなんですか」と聞かれたので、頭に浮かんだままの動物『』を告げた。

大笑いするよって理由を聞いたら、「最初に出てくる動物のイメージは、自分に対するイメージなんですよね。まんまですね(笑」なんてぬかしておったな

そう、それを聞いて実父からしつこいくらい聞いていた言葉が頭に浮かんだ

「虎の子に犬はおらん」


実父の生まれ年が 「寅年」 だったので、余計にこの言葉が口癖になっていたのであろうと推測されるが、わしも「男の子の親」になるまですっかりこの言葉を忘れておった

だからであろうか、何故かめっちゃ親しくなる友人関係は、皆一応に絶対『肉食動物』だと思う
(NBJCの早川代表しかり、○水一家の出世頭 M野親分、そしてイケイケのT社長、山○○のT見○の三○くん その他一門関係者ら・・・・・)


大体奥(現:3号)がドンピシャの「寅年」なのも、偶然とは思えないくらいやよってな

それがわし的には心地よい生き方であるからや


昨日の練習後LOLLYと話をした中で、「何故にこうやって鍛えるのか」と言うテーマでも少し話しをしたのだが、

40をちょころびっと越えた昨今、と言うかわしがブラジリアン柔術を始める切っ掛けも実はそこにあるのだが、要は「奥にとっては格好良いパートナー、子供たちにとっても誇れるオヤジでいたい」からに他ならない

先日、子供に少林寺拳法をさせていると言う仕事関係の営業君(眉毛細すぎやが・・・)から、

「どうしたら子供たちがもっと強くなれるでしょうか?」

と言う質問を受けた際、

「簡単や。 N村くん君も一緒になってやりたまえ。そうすれば、絶対子供たちは強くなるよ」

と答えたように、口だけでなく、自ら率先してを第一としてきたからなんやな

今年はNBJCの早川代表のお陰でプロのリングにて試合をさせて頂けたりもしたが、一番最初に頭に浮かんだのは、「気持ちには気持ちで応える」で、その次に感じたのが、

「子供たちが見たりしたら、彼らの人生を変えるくらいのことだぞ、こりゃ」

やった

こんな時代や
だからこそ、姑息にコソコソとかずるく立ち回ったり、挙句の果てに卑屈に生きるのではなく、虎のように堂々と胸張って生きていく姿を、生涯現役の気持ちで生きて行きたいものや。

それらを集約した言葉が、「虎のように生きる」やな。

すべては愛する者たちのために、生涯格好エエオヤジで行きたいからやがね



でもまぁ、還暦を過ぎておったと記憶しておるが、以前岡崎の東公園にてわしに向かって切れてド突いてくるオヤジの二の舞だけはごめんやなぁ・・・・・(▼⊿▼)ケッ




スポンサーサイト
  1. 2008/09/07(日) 01:51:32|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おめでとう チャンピオンくん | ホーム | 実は最近一番ストレスを感じておること>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/427-31dddd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。