王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大変ご無沙汰しておりました



唐突やが、わしはあまり自分の両親と仲が良いほうではない

悪い」と言うわけではないが、わしが今までの人生の半分も行かないくらいのヤンチャが、両親の許容を超えておったらしく、両親の方から距離をとっておるような感じもする

時折メールが母親からくるが、そもそも息子にメールで電話をしてこないと言う距離感がどうも気に入らず、返事を送らなかったり、送っても数日経ってからと、不義理には不義理を返したりしてあげておる

良くないんだろうがな

以前坊が今の奥(現:3号)との間に出来た時に、どこから聞いたのかメールが着て、

お祝いを贈りたいから、今住んでいる住所を教えて

とあったよって、これの返信に

産んでいただいた事には大変感謝を致しておりますが、私はどうか死んだものと思ってください

と返信を打ったから、数日後怒りの電話がかかってきた、何て変な出来事もあったくらいやよってな

夏の終わりにお邪魔した時に、うっかりポロシャツが二重になっていたから(下絵が出ておったからね)、物凄い重苦しい空気の中での会食だった記憶がある

よって、300キロ離れた奥の実家には年3回は帰省するのに対し、15キロも離れていない両親宅にはここ数年帰っていない

と言うか、会ってないな

よって、自分の親戚には殆ど「雲隠れ」状態になっているらしいが、あまり意にかいしておらんな、これが

しかし、先週坊の耳上の肉そぎ落とし事件の翌日、母親から来たメールは、『』ってものを改めて感じさせてくれるものやった

それは、まぁわしの幼少時代に母親が、かなり馬鹿で暴れん坊のヤンチャな職業であった実父と別れ、行方不明になった時に、わしを最終的に引き取って(あっちこっち盥回しじゃったからね)、母親と再会するまで面倒を見てくれていた伯父が、

あろうことか、奥の勤務先の関連する近所の病院に入院しておると言うことであった

奥の勤務先から歩いて3分

つい先日も、奥を迎えにわしが事務所まで行ったばかりのすぐ傍に伯父が入院しておるとは・・・・

本来なら、お盆もがっつり過ぎてしまったが、祖父母の墓参り&掃除に行こうと思っていたのだが、急遽予定を変更してお見舞いに行くことにした


病室を受付で聞き、いざ病室に訪ねてみると、そこにはむか~し見たわしの祖父にそっくりになっておった伯父が

吃驚したな

だが、わしを見て、不思議そうな顔で

「どちらさんだったかね?」

と聞いてきた伯父に、「認知入っておるのか?」と思ったが、笑顔と共に

「伯父さん、善太郎(実際はあまり普段使ったことが無い本名な)ですよ」

と答えたのだが、返ってきたのは流石親戚

えらい顔変わったナァ、誰か分からんかったわ

と、昔を良く知る伯父ならではの答え
ん~、確かに昔は何処行っても「人相が怖い」としか言われんかったなぁ
今は真面目やし、そんだけ人も変わったということやな


えぇ、顔いじりましたからね

と静かに冗談で答えたものの、後は10年近くぶりに会えた伯父にただ懐かしく、人前で泣くのはあかんと言う流儀やよって我慢したが、実に感慨深いものであった

親族も随分生活環境が変わっており、それもあわせて聞けたのが嬉しかったな

坊が退屈してきた頃合を見計らって帰ることにしたが、

近くだから、また来ますね

と言って、長い間会っていなかった伯父とお別れしてきた

40過ぎて言う言葉ではないかもだが、やっぱり人との縁、取り分け身内に対しての縁は大事にせなあかんなぁ~と思った一日だった


追記:今日わしは坊の最後の診察に連れて行ったのだが、奥が帰宅後の夕食時に、

今日もちょっと伯父さんところに行ってきてね・・・・

と言う奥の言葉に、顔には極力出さないようにしたが、かなり吃驚した

他事で奥へ大変迷惑をかけそうやよって、あまりに寄ると媚びに見えかねんから嫌だったので、心の中で静かに手を合わせておいた (▼人▼)

流石、わしが生涯かけて愛していこうとしておる女じゃなぁ~何て、思ったりしたしな

静かに心が充足した、週末&週明けだったな




スポンサーサイト
  1. 2008/08/25(月) 23:58:59|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キズパワーパッド | ホーム | 久しぶりに大泣きした夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/418-db544ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。