王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そして、相棒は特殊万年筆




やんちゃな連れ、清○一家のM野親分くんとのエピソードがあったり、地元最高の立身を遂げた、本職もはだしで逃げ出すT社長との心温まる思い出を綴ったりしてきたが、この前の記事とかこの記事は、まさにわしの神父である養父の影響をまともに受けた、わし自身のコアな部分な話じゃなぁ(>ω▼)ゞ```

まぁ小学生の時に線路に悪戯をして、新聞を賑わしたり、その悪戯のお陰で小便まみれになったりと、まだまだやんちゃな悪戯話は山盛りあるのだが、あんまりそっちばかり書くと、わしの『品位』が疑われるとあかんでな

って、まぁ間違いなく地はそっちじゃがなぁ(▼д▼メ)

実父とか、身内を見ておると、時折ため息が出てしまうよってなぁ ε=(・o・*)

まぁNBJC早川代表同様、酔っ払っての過激ないたづらもここ数年はすっかり影を潜めてきたよって、このまま行けるよう願うばかりじゃ

ホンマはどっちでもええんじゃがな

で、昨日の日曜日も、汗でシャツが透けてしまい、背中の絵がばっちり見えておったそうなの状態で文具コーナーの万年筆を一心不乱に見ていったのだが、わしがこの前の記事で書いた最高のインク「極黒(きわぐろと読むんじゃよ)」の相棒は、まったく違う種類の物であった

それは、万年筆の先がやたら沿ったもので、セーラー万年筆からも「長刀 ふでDEまんねん」と、ある意味ギャグ?とも思えるネーミングでも売っておるのじゃが、まぁ総称してそっち関係の万年筆じゃ

何が面白いかと言うと、万年筆の書く角度によって、線が細くなったり太くなったりと、まるで筆で書いておるような文字が書けるっちゅうもんなんや(* ̄ー ̄)"b" 

これと極黒との最高コンビネーションで、最近は余計に書くことに加熱し、どこでもメモ帳を持ち歩き、時間が少しでも出来れば、頭の整理に使っておると言うわけや

ちなみに、今回は見た目の良さ気な雰囲気とは裏腹に、かなりお値打ちな金額でもあったので、かなり買い捲ってしまい、これまた奥(現:3号)から厳しい目で見られだしておる日々でもある

もうかれこれ10本以上は買ったな・・・・・・・(* ̄TT ̄*)鼻血

そのすべてを愛用しておるかと言えば、当たり前じゃが全然そんなことはなく、逆に親しい友人とかにあげたりしておるわけよ

T社長しかり、ジョーバを贈ってくれた営業くんしかり、坊がお世話になっておる保育園の先生にとかな

訳は、

めちゃくちゃ面白い筆記具じゃよって、皆に親しんでもらいたいからじゃ

どこかに行って、自分自身を楽しませると言う事よりも、何かこう言ったもので静かに仕事をしておる時の方が心が休まったりするのは如何に・・・・・

まぁわしもおっさんの部類ど真ん中になってきたっちゅうことやな

養父殿の影響じゃな、まったく (≧∇≦)ブァッハハ!
d980e004.jpg


スポンサーサイト
  1. 2008/07/14(月) 20:59:42|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いきなり夏休み | ホーム | ここ最近で最高の出会い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/391-d4a6bf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。