王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女子寮体験記 第一話「消えたフィリピーナ」前編



昨日の柔術の練習時に、「今日はこのタイトルでアップするよ」と謳ったのやが、帰り道に奥様(内縁のって書くべきか?)からメールが来て「坊が寝たから、たまにはのんびり家で飲みたいね (σ。σ)♪」と着たものやよって、コンビニに行きワインとおつまみを買って帰ったんや(▼_▼メ)

お蔭さんで、すきっ腹にがんがんワインを飲みまくったら、いつもより廻ってしまい、早々に寝てしまったよ・・・・ (≧◇≦)ノ▽ 酒もってこい!!

わしのイメージと言うと、何故か人は晩酌=日本酒らしいが、あまり酒は飲まず、奥様達(達・・・・(▼д▼メ) が好きなので、つられてという感じが多い (*≧◇≦)ノ□ 酒だ酒だ!!
酷い奴になると、「善太郎さんって、どぶろくってイメージだよねぇ ( ̄▽ ̄:)」とかぬかしよるが、どんなイメージなんや? どぶろくって (▼ ▼)?
まっ、本題には関係は全くなかったのだがね・・・・(▼⊿▼)ケッ

さて女子寮と言えば、男が持つ「秘密の花園」のイメージのひとつと言えるが、わしは何故か今迄の半生を振り返ってみて、その女子寮に入ってと言う事が多い  (▼ ▼)?
本当は男の人が入っては駄目と言うから「女子」がつくと思うのだが、割とふつ~に入って遊んだりしてきた (▼∀▼)ノその中で、「あれはちょっと不味かったかなぁ (▼Д▼) 」と思うあの事件を思い出してみようかのぅ (▼_▼メ)


あれは今から12~3年位前のことなのだが、娘のおかんと付き合っていた時、名古屋の某社に勤めていた彼女は、女子寮に住んでおった(▼ー▼)
女子寮と言っても、そんなに規制はきつくなかった(と思う)ので、普通に遊びに行ってお泊りとかしていたのだが、彼女の同僚が彼氏が泊まっていたことが発覚し、上司にかなり厳しく叱られたと言うから、やっぱり駄目だったのかな?

まっ、そんな他人のアクシデントで自分のやりたいことを曲げるのは、わし的に「駄目な奴」なので、それからもふつ~に泊まっていたのだが、ある夜、シコタマ酔っ払い彼女の寮で寝ていたら、夜中に何度も玄関のチャイムが鳴りまくっておる (▼曲▼♯)
そう、誰でも気持ちよ~く寝ておる時に起こされるのはムカつくだろうが、わしはその当時「人一倍」そう言った事に切れやすかったんやなぁ~(▼*▼)

ここが女子寮であるという事もすでに頭にないわしは、玄関に突っ走って行き、いきなり玄関を開けると、そこに立っていた人影の・・・・・ん~ 頭を鷲掴みにして部屋に引っ張り込んだのだった・・・(▼Δ▼)

明かりをつけると、そこには見知らぬフィリピーナが・・・(▼□▼;;
誰や、お前 (▼曲▼)?                 つづく
スポンサーサイト
  1. 2005/11/01(火) 12:39:12|
  2. いたずら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そして走り去った配達人 | ホーム | 馬鹿親ですが >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/19-2c5c59c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。