王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

忘年会(名古屋ブラジリアン柔術クラブの巻)



一昨日はわしがお世話になっておる、名古屋ブラジリアン柔術クラブの忘年会であった(▼∀▼)ノ彡☆

当初、奥(現3号)が仕事の為、奥が帰宅してから坊を託し、二次会にでも行こうかと思っていたが、土曜日無理して行った練習後に早川代表とか鶴野派鶴ちゃんと話をしていて、1次会の方に坊と一緒でも好いよと言ってくれたので、悩んだあげく行ってきた(▼_▼メ)

ただ、当日はわし結構用事がありまくりで、小牧まで行って車の点検をやっていたり、栄にてこれまた一門関係の用事を済ませたりしていたら、結構な時間になってしまったので、焦りながら露橋に向かったら、何のことはない、まだあまり人数も揃っていない状態

去年のNBJCの忘年会がクリスマス・イブであったので、わしは優先事項を遵守して欠席とさせて貰っていただけに、今回は楽しみにしておったので、一抹の不安を胸に向かったのだが、

そう、一抹の不安とは・・・・・

当初渋っていた通り、坊(3歳児)を同伴しての忘年会であった為、大変気づかれしてしまったよ
早川代表が気を使ってテーブルにきてくれたのだが、それは殆どいつもの練習後の早川代表との飯状態に・・・(?) (▼д▼メ)

場も盛り上がってきたところに、来春結婚するアキヒサ君とけい子ちゃんがテーブルにやってきてくれ、来年の7月に出産予定のけい子ちゃんが坊をあやしてくれたあたりから、無茶苦茶楽になった

坊の緊張が解けていくのが身近におって、痛いくらいに感じていたよってね

相変わらず、父親に似て女に弱いのぉ~
けい子ちゃんに感謝感謝や
お祝い、何がええかの?
けい子ちゃんも7月にママになると言う事だったが、やっぱり母性ってもんが出まくりだったしの
ありがとさんだったよ(*-人-)

ブラジリアン柔術

わしが40になる前に、このまま年を食っていくのは面白くないと思い、ジムで仲良くしておる子に聞いてみて名古屋ブラジリアン柔術クラブを紹介されて、見学に行って初めて知った格闘技やった

今でも、ちょっとガラの悪い悪友とかが

「善ちゃん、何で今更そんなことするんや?」

とか聞いてくるが、本音で深いところを自問すると、正直分からない

先日の一門内でのHヶ丘事件の時のように、相手も味方も多人数だとあまり意味がないようにも感じられるし、先日の事件の内容もだが、とても寝技を習っているようなオチではなかったしのぉ・・・・・

ただ、あんまり好い事を書くとまたおべっかみたいで嫌なのだが、代表の早川さんとか福住先生、諸先輩に当たる子たちが非常にナイスガイが多いから・・・・・・か?
名古屋ブラジリアン柔術クラブでなけりゃ、たぶんわしもうとっくに飽きて止めておったろうしな
わしの中ではスポーツ然と言う感じが強かったブラジリアン柔術も、早川代表とかの飯のときの話で随分印象も変わり、今は武術的な要素も沢山感じられるようになった・・・か?

わしのポリシーでもある「いい人生は、良き友・仲間、そしてパートナー」を真っ直ぐ王道的なイベントであった

楽しい夜だったよ (>ω▼)ゞ```

ただ、可笑しかったのが、早川代表とかが今後の道筋とかを話して、皆の抱負とかが続いて閉会になった際、茶帯クラスのあたりが一斉に飯をがっついていたからなぁ・・・・・
かくゆうわしもだったが(わしは白帯)

若い連中は、話を聞きながらふつ~に飯を食っていたようだが、話を聞き入っていた連中はさぁ大変
話が終わったら閉会だったので、皆で笑いながら飯をがっついていたからのぉ
わしも今後は若いもんを見習おう・・・って無理やな、多分!


二次会はボーリングだったので、本来なら途中下車は格好悪いと言う感性上、最後までお付き合いしたいところだったが、先日一本の電話にてちょっと奥のオーラが変わっておったので、やむなく会場を後にした次第であった

忘年会第一弾がNBJCだったわけだが、とても好い夜を過ごさせてもらったよ
来年は、ホンマもうちょっと時間的とかスケジュール的に頑張って行きたいものだが・・

まぁ、忘年会の最後に皆でこれからの抱負を語っておる時に半分冗談めいたことを言ってしまったが、来年こそはもうちびっと真面目に練習してステージを上げたいものだな

人生、まずは理想の自分を描き、そこに向かっていく旅やからのぉ(▼_▼メ)

スポンサーサイト
  1. 2006/12/19(火) 00:03:04|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<映画監督の卵? | ホーム | そう言えば、車を変えておった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/186-5d8a61ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ブラジリアン柔術』について

ブラジリアン柔術ブラジリアン柔術(Brazilian Jiu-Jitsu)とは、ブラジルに移民した日本人柔道家・前田光世が自らのプロレスラーなどとの戦いから修得した技術や柔道の技術をカーロス・グレイシー(Carlos Gracie)(後グレイシー柔術)などに伝え、彼らが改良し、現地の人々
  1. 2007/03/05(月) 07:50:48 |
  2. 格闘通信簿

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。