王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くるま



わしはあんまり「」に興味が無い(*▼▽▼)y-~~~~

名古屋に住んでおると、ど~も他所の土地柄よりも一層「車による人のランク付け」があると思うのだが、そう言う風潮を知れば知るほど反対にふつ~の車に乗ってやろうと思ってしまう(▼曲▼♯)

しかし、そのお陰でどれだけの怪我人を出したか数えるのも鬱陶しいくらいなくらい事件を犯してしまったりと、結構楽しくもバイオレンスを満喫できたから、これも終わり良ければ全て良しの部類に入ると思うんじゃがな(>ω▼)

ネタに困ったら、車関係のことをかけば良いだろうと思うくらい、半端な数ではないくらいのネタを持つ分野であるのだが、冒頭に書いたように「あんまり車に興味がない」ので、また誰かに言われたら書こうかなぁ~と思うことにしよう(どっちやねん?)

考えてみれば、わしが正式に国から『免許証』っちゅうもんを頂いたのも、旅行帰りの二十代も半ばを過ぎたか?辺りだったと思う

普通こう言った話を聞くと、

「はは~ん、免取にあったんだな?」

と思うであろうが、実は免許を取ったことがなかったんじゃな、これが(>ω▼)V

今になって過去を振り返ると、もし事故をしていたらどうなっていたか?とぞっともするが、警察に捕まったりもしたが、それは上手くかわして事無きを得ていた

どうやったかは内緒(▼m▼)プップッ

それでも、一時まったく警察に捕まらなかった挙句、検問にも捕まらなかった時期がある

それは、二十歳になったかならないかくらいの時期あたりから、ずっとアメ車に乗っていたからやな(▼_☆)

今でこそ「ローライダー」とか言う人種が、アメ車をお洒落な車へと押し上げた感があるが、わしが若い頃はずばりアメ車に乗っておる奴
チンピラだったわけだよ(わしを除く

ベンツは親父クラス、BMWで幹部クラスやった時代、アメ車に乗っておるのは、正直手のつけられない年代のガキばっかりやったからなぁ

わしがカマロ(注Z28、写真の奴)に乗っておる時に、実弟1号はムスタング、舎弟たちはリンカーンとかモンテカルロっちゅうアメ車に乗っていて、

ある日、わしの家にたまって飲んでいたら、母親が静かに

「あななたち、すまないけれど、車は遠くに止めてきてね」

と言っておった

養父は神父さんだったので、気を使ったのであろうなぁ


それから二十年以上経った今、一門のもっとも凶暴な若い奴が見慣れぬ車に乗ってやってきた

縦目のグロリア、昭和45年くらいのふる~~~いグロリアで、通称タテグロとか抜かす、不気味に不良テイストたっぷりの味のある国産旧車であった

ちょっぴり心が傾いたわしだったが、今月の会合で代貸しが乗ってきた、これまたタテグロのスーパーなカスタムにすっかりハートを射抜かれ、それ以来ど~も古めの車に乗りたいなぁ~と思っている(▼ω▼)ノ

味のある車な(▼З▼)

どこぞにないもんやろかいなぁ・・・・・(▼″▼)




スポンサーサイト
  1. 2006/07/29(土) 00:22:37|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<姫路城から帰宅 | ホーム | 忘れていた話 ピアス・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/158-3fbee0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。