王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

道頓堀極楽商店街




つづいて行ったのが、道頓堀にある「道頓堀極楽商店街」っちゅうところや (▼ー▼)ニヤッ

わし、あの辺り久しぶりに行ったのだが、あまりの町並みが変化に、かなりビックリした w( ▼o▼ )wオオォォ


名古屋がいなかと言われるのも、仕方無かろうと思うのやが、やっぱ大阪は面白いのぉ~


そしてのその商店街、吉本とは違い中身盛りだくさんで、一日二回なかでミュージカルなるものを上演すると言うことだったのだが、

運良く娘と二回目の上演を見ることが出来た(▼∀▼)ニヤッ


中に入っておる店も旨いし、これはまた来るだろうのぉ

一番上の階に、マジックショーをやってくれると言うバーがあり、正直娘と初めてのバーへと入ろうかと思ったが、一日中歩き回っていたわしの脹脛がオーバーワーク気味だったので、帰路を余儀なくされてもうた・・・・・(▼ε▼)

一応予定では、娘が二十歳の時に一緒にバーに行くことになっておるらしいが、恐らくあと数年で課題クリアーになりそうな予感がかなりした、大阪の夜の街やった


しっかし、娘の希望で占いを受けておる時に、占い師の先生が入るなりわしの顔を凝視するし、挙句の果てに吐いた台詞は女性でなかったら、縁を疎遠にしておる大阪の連れに連絡して、コンク○ートの○ーツを履いて貰わないかんと思えるくらいやった!0(メ▼_▼)ノノノ☆(◎◎)


その先生が吐いた台詞はかけないが、わしの切り返しも冴えていたので、その答えだけを書いておくので、占い師の先生が言った質問を考えてくれいφ(▼-▼)


「そう思われるのでしたら、先生もその中の数に入られますかい?」


その直後、やっぱり娘にどつかれてもうたがヘ(__ヘ)☆\(^^;)

女には勝てんよ、わしは・・・o(▼ ^ ▼ o) プィッ!




スポンサーサイト
  1. 2006/06/19(月) 01:32:11|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユニバーサル・スタジオ・ジャパン | ホーム | 吉本笑店街>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/139-ea9b8c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。