王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花粉症になって思った事



5月に入っていきなり暖かくなったようで、びっくりや(▼д▼メ)

とは言え、巷のニュースでは終わった感があった「花粉症」やが、昨日辺りから大分、と言うか症状が軽くなってきたように思う(▼_▼メ)
狂った野獣並みの実の父親を見ておると、わしにとって「花粉症」何ぞ縁がないようにも思っていたが、よくよく考えると確かに母親が花粉症だったので、遺伝子的にしょうがなかったのかもなぁ(▼″▼)うーん

大きな病気は一度もしたことがないわしなのだが、反面怪我は結構多い

最近で一番大きなものはと言えば、「仕事中」で目を落としかけたことかのぅ~(▼m▼)プップッ

「仕事中」と言っても、半分付き合いみたいなもんなのだがね!☆O(▼▼メ)o
別に目の一個位と思ったし、奥(現;3号)も奥で、

「黒い眼帯とかすれば、見栄えは好いね!」

何ぞわけの分からない慰めとかをしてくれたしね(σ。σ)♪  (▼ ▼)?

しかし、その下を向くと眼球がずり落ちてくる感触があった怪我よりも、今の花粉症の方が何倍も性質が悪いρ(▼_▼メ)

一門内の彫師をやっておる代貸なんぞの例え話で言えば、

「マイクタイソンに一発殴られるのと、小学生にず~と殴られっぱなしなのとの違い」

なのだそうだが、集中力の低下が著しいこと甚だしい(▼Д▼)

お蔭さんで、一番症状の酷いヒノキの発病は、毎年戦争終結後なので、辛うじてセーフなのだが、実に3~4月は「我慢の月」以外の何者でもない

しかし、そうここで色々考えてみるに、わしがこうしてアレルギーで苦しむのも、何か自分にとって意味を成すことはないかと言うことだった(▼ ▼)?

自分が苦しんでこそ、同じような痛みや苦しみを持つ人が理解でき、そして視野を共有できると言うことじゃぁねぇかなぁと、今は思う

以前何ぞ、3月くらいに鼻を垂らし、目が真っ赤な同輩を見ると

「キタネェなぁ、春やと言うのに風邪か?
 気合が入っておらんからや!」凸(▼▼メ)


と一喝していたが、今になって思えば「ちと言い過ぎた」かもだ

人は生きていく中で、何かしらを背負っていく

それをただ単に重荷に思うか、何かの試練(?)と思うかで、きっとゴールを含めた人生が違っていくのとちゃうやろか?

正しいか間違っておるかはさておき、わしはつら~い花粉症をそう捉えて、毎年何とかイライラから人を○ったりしないように、心がけて過ごしておるんやよ(▼へ▼)

何事も勉強やな、人生は(▼人▼)
スポンサーサイト
  1. 2006/05/02(火) 01:20:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お墓参り | ホーム | ロシアより愛をこめて?(▼ ▼)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/115-28bc41aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。