王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君の名は(イチローとの思い出)



半月以上ぶりに練習に復帰してきた(▼∀▼)ノ

戦争中は殆ど頭の中になかったのだが、ここにきてようやく落ち着いてきたので、殆ど最後のスパーリングをしに行ったという点では戦争中の小康状態と変わらなかったのだが、まぁ新人の教育を社長に命じられていたよって、仕方がなかったかもなぁ(▼_▼メ)

水曜辺りからガンガン行く予定ではあるがね(▼_☆)

本当は先週の土曜日にでも練習に行こうと思ったのであるが、奥(現3号)の体調が風邪をひいたらしく好くなかったので、坊と遊びがてら食事の用意とかをせなあかんかったので、断念したんや(▼Д▼)

わしには物事の優先順位がハッキリしておるよって、これも愛やなぁ

忙しい仲間の柔術ネコ日記君も久しぶりに顔を見て話が出来て、とても心にほっとする夜でもあったがね(ノ▼ο▼)ノ オオォォ 

さて、これはかなり前に下書きのままほかっておいたのものに手を加えるのだが

新聞でWBCと読んで最初に頭に浮かんだのが

「ボクシングのタイトルだったか?」だった(▼З▼)

WORLD BOXING COUNCIL(世界ボクシング評議会)のことらしいが、普通に「WBC」と検索すると、今や野球一色

それにしても日本が野球で世界一になるとは、たまげたもんや(▼д▼メ)

普段はあまりニュースとかでやっておるものをブログネタにはしないわしだが、日本チームを引っ張ったイチローとは面識があり、少し話したことがあっただけに、ニュースとかでみるイチローの笑顔はとても心に響いたよ(▼人▼)


あれは、たしか何年前やろ

名古屋市のスポーツセンターを渡り歩くわしなのだが(私設のジムは色々制限があってまず入会拒否なんでな)、北区にある名古屋北スポーツセンター(そのまんまじゃな)でトレーニングをしに行った際、トレーニングルームに入って暫くしたら、周りがやたらとそわそわしておる雰囲気に気がついた(▼ ▼)?

普通は皆、自分がやっておる種目の機械等に視線が行っておるのに、何故かふと周りに目をやると、多くの人間の視線が一方向に向かっておる

わしもそちらに目をやってみると、どこかで見た顔が・・・・・(▼ ▼)?

ちなみにわしはあっちこっちのジムですぐ人と話をして友達になってしまうので、最初は

「あれっ? 見た顔だが知り合いかな?」だったのだが、

よくよく考えてみると、どうやら新聞とかで見た顔だ(▼∑▼)

野球、サッカー等にはまったく興味がなくなっていた時代だっただけに、その顔が確かパリーグの選手で、名前がカタカナだった・・・・

と言うところまでは何とか思い出した

近くの器具にやってきたので、思い切って話しかけてみることにしたのだが


「君って野球の選手だよな?」と言うわしの質問に

「ハイ!そうです」 ととても素直で真っ直ぐな答えが返ってきた

     (*⌒ー⌒*)ゞ  (▼_▼メ)?

その返事だけで、その選手の性格のよさがひしひしと伝わってきたのだが、まだ少年の面影が残る好青年にわしはえらそうに能書きを謳いだしたのであった・・・・・

「そうかぁ・・・、わしはあんまり野球とか知らないが、何事も一生懸命ひとつの事に打ち込んでいたら結果が出るよって、頑張ってな」

と言うと、これまた満面な笑顔で

「ハイ、ありがとうございます」と実に礼儀正しい答え&姿勢が返ってきて、久しぶりに心が洗われるような気分であった

名前がいまいち思い出せなかったので、失礼を承知で聞いてみたその選手の名前は

「僕、オリックスのイチローと言います。よろしくお願いします」

ワークアウトを終え、シャワー室から出てくるとその大変礼儀正しい真っ直ぐな好青年はおば様たちに囲まれて、とんでもない状態になっておった


あれから月日は流れ、イチローはそのまま真っ直ぐな道を歩いておるようや

野球は殆ど興味がないわしだが、イチローだけはいつも大リーグのニュースなんぞを見て秘かに応援しておった O(▼∇▼)O

思えば結構な数の著名人と会ったりしておるのだが、一枚もサインはおろか写真もない

多分これからもないと思う凸(▼▼メ)

何事も一期一会の精神やよって、心に残った香りを楽しむことだけにしておる(▼人▼)

うそつき呼ばわりされる事はないと思うが、真偽は自分がちゃんと知っておるから良いのや

しっかし・・・・今になって振り返ってみれば、全然野球と関係ないわしが何故にイチローから、「お願いします」と言われたのか、とっても不可思議なことに思えてしまうのぉ

これからも善太郎は陰ながらイチローを応援していくとするよ_(▼∀▼)ノ彡☆

イチローが あげてたじゅうりょう かるかった  by善太郎


スポンサーサイト
  1. 2006/04/03(月) 23:18:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<杉よりも檜 | ホーム | 戦争終結宣言>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/108-71ae960a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。