王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

びっくりした(๑≧౪≦)



26日は、ホンマにめでたくもないんだけど、わしの49歳の誕生日でした

歳も歳だし、そもそも「しじゅうく」と言うゴロも嫌だったので、不吉な予感の年にならないか・・・・と思っておりましたが、奥と息子のお陰で最高のスタートを切ることができましたよ

奥が予約した、丸の内にある「とある古民家風ジャズイタリアン レストラン」(面倒臭いから名前は覚えませんでした)に連れていてもらい、とてもお洒落で心寛げる時間を満喫しました

奥の誕生日には、大体テーマを決めて食事に行くんのですが、わしの誕生日にって、下手すりゃ初めて?じゃないかの勢いでしたからねぇ(。・ ω<)ゞ

モノや店ではないですが、やはり全てはアクションですからね

どれだけ想っていても、表さないとわかりませんからね、愛情も(笑)

IMG_9774.jpg

IMG_9778.jpg

思えば、奥とお付き合いするようになってから、人生の舵が大きく変わり、人の心を思う気持ちも芽生え、こうした愛情を分かち合う家族もできましたからねぇ

そういえば、若い頃はこの「歳」まで生きているとは、到底思えませんでしたしね

奥、さまさまですよ(๑≧౪≦)

珍しくプレゼントまで(笑)

IMG_9779.jpg

大切にします(^O^)

仕事で夜中に起きてしまい、ずっと「う~~~ん」モードという事も、役員となってから多かったのですが、奥と息子の笑顔で、新たに「やったるか」の気合も充電できましたよ

やはり、人の幸せの大きな部分は、「人と人との間」にあるんだなぁ

を実感した、そんな誕生日でした

時折、錦の巨乳オネエちゃん軍団の胸元に吸い寄せられそうな時もある善太郎ですが、一生かけて護っていこうと改めて生きる目的を自覚させてもらいました

わしの宝物なのでね(๑≧౪≦)

良い夜でしたよ

PS フェイスブックやline、メールなどでたくさんの友人からお祝いの言葉を頂きました

ありがとうございましたね(_ _)

善太郎、そこそこ普通の人の友達も出来たなぁと、改めて人生に感謝する日でもありました

多謝感激の一日でした
スポンサーサイト
  1. 2014/03/28(金) 19:36:01|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コパ・バルボーザ2014 | ホーム | バルボーサ lesson>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/1062-cd967735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。