王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤目四十八滝へ行ってきました



先週の土曜日から一応、「お盆休み」に入りましたが、先月のシンガポール家族旅行の余波を受けて奥様の有休が取れないくらいのスケジュールになったのと、

わしも普通に事務所が開いている関係上、月曜日も仕事に行ったりとしておりましたので、今年のお盆はどこにも行かずかなと思っておりましたが、木曜日の朝、いきなり奥様が

「明日休みを取るから、どこかに連れて行って」

と言い出しました(´Д`;)

別にイイですよ、奥様の「我儘」に応えるのは愛ですよってね(´・ω・`)

しかし、「明日」はないなぁと思いつつ、いろいろ考えたところ、去年のGWに山伏の修行の山、イブダジに登った帰り、「赤目四十八滝にも行きたい」と言っていたのを思いだし、急遽出かけてみました

ネットで調べてみると、結構ハードで最後の滝まで行かない人も多いと言うことでしたが、大概今までこうやってネットで見て、行ってみて「オーバーだなぁ」と思うことが非常に多かったので、今回も割と軽装というよりは、

わし特有の重装備に今年は新たなグッズを加えて出かけてみました

毎年夏の終わりの家族旅行の上高地みたいなもんじゃろと思っておりましたが、結果は

まぁ今回はネットでの書き込みが正解と言ってもヨカでしょうな、という感じでした(笑)


IMG_5432.jpg

よくよく考えてみれば当たり前なんですが、「滝」ですから、山にあるわけですよ

という事で、非常にキツイ坂道をどんどん登っての、ハイキング?的な感じを飛び越して、トレッキング?というか、わし的にはジムのマシーン感覚で登ってきました

でも、確かにふと一休みした時に感じる風は、まさに避暑でしたねぇ

わし的には、これも年齢からくる面倒ということか、別に最後まで行かなくてもとちらっと脳裏をよぎるようにはなりましたが、肉食系女子ど真ん中の奥が途中で止めるはずもなく、最後の滝まで行きました

しかし、最後の滝は正直「オマケ」的でありましたがね(>_<)

前日の夜に寝たのが遅く、そして毎度のマッスルトレーナーに

11301344_4cf481283b2c0.jpg

今回の新兵器、パワーリストバンド 片手500gを装備してのハイキング?は、結構きつく、帰りの亀山の大渋滞で睡魔に襲われて死にかけましたがね(;´д`)

pw500-02.jpg

いいトレーニングでした(^O^)

盟友の森田君が道場に練習に行きますよと連絡が入ったので、途中まではスパーだけでもやりに道場へ顔を出そうと思っていましたが、流石に往復4時間の筋トレ?の後では、体を休める選択を取りましたよ(笑)

また、もう少し涼しくなった頃に行きたいと思います

着替えをちゃんと持っていったので良かったですが、舐めておったのでタオルをわしは忘れ、えらい汗びっしょりになりましたので、次回は持参してね

そう言えば、日本サンショウウオセンターの入口にある「へこきまんじゅう」という、ある意味「ふざけておるのか?」と思えるネーミングのまんじゅうは是非ともお食べ願いたいと思います(^-^)

10時半から登ったのでと、途中昼飯を持参せずだったので、腹ペコで降りてきて

昼食前に軽く食べておくかと奥と坊が一個ずつ買って、一口食べてビックリ(゚o゚;;

慌ててもう一つ買い足したくらい美味しかったですな

絶対お勧めです

これ食べに行くだけでも、赤目四十八滝に行く意味はあるかな(笑)

IMG_5434.jpg

Singaporeのことを聞かれますが、あまりの写真の多さになので、気が向いたらボチボチ書きますわい
スポンサーサイト
  1. 2013/08/17(土) 12:31:35|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DUMAU OPEN JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2013 その1「息子初試合」 | ホーム | おにぎり君じゃぁないんだよ(笑) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ronwon.blog31.fc2.com/tb.php/1032-482b0b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。