王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新兵器

IMG_6749_201311231339384f9.jpg

奥様が先日誕生日だったとは、この前の記事で書いたが、ヒクソン杯にて前から欲しがっていた「青」の道着をプレゼントした

これも前に書いたのだが、ついでに自分もあるものを買ってもらいました(笑)

それは、ヒクソン・グレイシーのロゴ?のペンダント・トップ


記憶に間違いがなければ、「心技体」を表していた・・・・と思うのだが、福住先生を始め皆に聞いてみたら、たぶんそうだろうというので、そうなんだろう(笑)

久しぶりに見たヒクソンにリスペクトもあってだったが、なんせ奥様に買った道着とまったく同じ値段というので、少々躊躇いもありました

いや、奥の手前(´д`)

誕生日プレゼントと同額のものをサラッと目の前で買うのはなぁと思っていましたので、試合に勝ったら買おうかな、ぐらいに思っておったところ、惨敗をきっしてしまい、断念かと思いましたが、

まぁさすがはわしの奥ですな、買ってもらいました(笑)

しかも、今まで普段している「コラントッテ」という磁気ネックレスのステンレスのロゴを捻りとって、代わりにこのヒクソンのロゴをつけて完成とする辺り、転んでもタダでは起きないわしの性格がでましたね

毎日、何度もこのヒクソンのロゴを見る度に、自身の生き方を自問する機会が増え、ついでに負けた悔しさも噛み締めてキツイトレーニングも笑っての心境になってきましたね

思えば、試合に出るようになって、負けたりする度に、いろんなものが家にやってきました

古くはジョーバ

欲しいなぁと呟いたら、何故か数週間後に届きましたが、同じ要領でジムにおいてあるコンピュータ制御のクロストレーナーも呟いたら、

あら不思議、やってきました(^O^)

そしてこれはちゃんと買いましたが、ケトルベル軍団もやってきて、今持っている一番重いのが40kgで、それらをローテーションで家での鍛錬に明け暮れてます

ケトルベルは、40kgでのクリーンやショルダープレスも楽にできるようになってきた頃、

48kgを買おうと直前まで行きましたが、ワンハンドで40kgのスイングをいきなり、ウォーミングアップもせずにやったら肩の内転筋を痛め、掃除の時に奥に怒られるのもあって40kgどまりにしてあります

今のところ(笑)

居間?の一室がまるでトレーニング室のようになっておるので、当初は奥もめちゃ怒りましたが、最近は自分も柔術にハマっている関係からか、諦めたのか何も言いませんけどね


そして、今回の敗戦で更なる自身の扉を開けるべく、新メニューを導入しました

それが、これ↓

IMG_6965.jpg

UFCの選手らがやっているという、「バーンマシン」

こんなもん効くのか?と半信半疑でしたが、まぁなんでもやり方次第なんでしょうね

割と効きましたよ(笑)

ちょうどYouYubeで、これのトレーニング動画が配信されていましたので、これに合わせていきなりやってみたところ、普通にやれました

木曜日のスパーリング1時間のあと(途中休んだなぁ)でしたので、まぁまぁきつかったけれど、上記のヒクソンのロゴを見て燃えながらやりきりましたね

さて、これとクロストレーナー、ジョーバ、ケトルベル軍団らで、スタミナ及びパワーアップをしっかりやって、新たな雪辱戦を楽しみにしたいと思っています(´・ω・`)

実はまだほかにもあるんですが、酷いのになると、持ち歩いていたら警察がやってきた・・・・というのもあって今回は割愛としておきましょう

でも、この歳でこうやって鍛錬を楽しめるのは、人生を楽しんでいるということですかな(笑)
スポンサーサイト
  1. 2013/11/23(土) 13:59:34|
  2. 鍛錬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒクソン杯 2013 その参 【奥・初勝利】



息子の柔術における成長と、自身の新たなモチベーションが上がる試合も大きかったが、

ヒクソン杯におけるわしの人生における最も嬉しかったのが、「奥・初勝利」でありました(^O^)

柔術を始めて1年とちょっと、しかも殆どキッズクラスしか行っていないのに、試合に出ると言い出す無謀さを見て腰を抜かしたが、見事初勝利を挙げるとは(笑)


善太郎一家で今、最も柔術にかける情熱を持っているのが奥、その人でありますからねぇ

そもそも他の記事でも書いたが、11月に入って試合なんてと思っていたわしの尻を叩き、ファミリー揃って大会に出ると決めるあたり・・・・・

奥以外い言われたら、富士の樹海に沈んでもらおうかと思ってしまうくらいですからねぇ

勝手に人のスケジュールを決めるなってね(๑≧౪≦)

繁忙期に入り、夜の11時くらいに帰宅する日があっても、居間で少しでもスパーリングに付き合ってくれと、

30分以上どたばたする辺り、我が妻ながら尊敬に値しますしね

でも、夜の11時に帰宅して、奥のスパーを付き合うわしの方が凄いですけどな(笑)

奇しくもわしが柔術を始めた歳に奥も柔術を始め、わし以上に情熱を持ってハマっているので、

彼女が「もういいか」と言うまでは、試合も含めて頑張っていく所存でありますよ

思い返せば、10年以上前に奥と想い合う関係になって、わし人生が大きく変わりましたからねぇ

ちょっとやんちゃ系の友人との関係も少し距離をおくようになって、とまさにわしの人生にとっての「光」でありますかな(笑)

一旦体重を落とし、いっそのことレーヴィまでと思ったこともありましたが、

いくら強くなっても小さくなるのはあかんと言うことで、再度筋肉で増量してと、今のわしの大部分を形作っておる存在ですか

昨日が誕生日という事もあり、ヒクソン杯で誕生祝いの一つとして道着をプレゼントしましたが、これからも彼女が笑顔でいられることを第一義としていきたいと、試合の時につくづく思いました

心が最も充実感を感じた、そんな試合でしたよ

追記

昨日の奥の誕生日祝いで、軽く近所にて飯を食っていましたところ、

「来年は家族揃って金メダルを取るよ」

と、恐ろしい激を飛ばしておりました

それが彼女の願いならば、男として叶えるのがわしの流儀なので、更にモチベーションが上がりましたがね(笑)

しかし・・・・・・・・・・・・・・


そういえば、奥の試合も息子同様の3人なのに、何故か上の年齢でエントリーしたにも関わらず、対戦相手がいないから下の年齢に落とした奥が2回戦をしなければならなかったのか・・・

謎が多い大会運営でしたなぁ


  1. 2013/11/21(木) 15:12:31|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒクソン杯 2013 その2



で、本来ならこっちが先に書かないとなのだが、息子は土曜日に試合をして、残念ながら3位

しかし、今回のヒクソン杯は謎の試合の組み方だったな

3人の場合、三つ巴かと思ったのだが、何故か1回負けたら3位
ほかの試合も全部そうだった

試合の組み方によっては全然有利・不利が分かれるからなぁ

しかも、優勝した子は帯が黄色

なんで?だった

でも、今年は経験値をあげるためと割り切っていたし、今回はポイントも取れたし、ふーみんに頂いた試合のDVDを見ても、動きが良くなってきたから、来年に期待できる内容だったと思う

バカ親ですが(笑)

自分のことよりも、息子や奥様が頑張って、かつ楽しんで柔術を楽しんでくれる姿が何よりも至高の幸せでありますよ

自分が団体を移籍してまで柔術を再開したのも、思えば息子にやって欲しいからでしたからね

やるのなら一緒にやろうじゃぁないかと言うのがわしの流儀なので、来年は息子に良き手本となるよう、更にバージョンアップと行きますよ(▼曲▼♯)

IMG_0494.jpg
  1. 2013/11/21(木) 10:51:13|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒクソン杯 2013


 
先週の土・日曜日に、地元愛知県武道館にて行われたJJFF主催の「ヒクソン杯2013」に出て参りました。

またしても、「家族揃って」(^-^)

正直、第三四半期辺りからわしの業界が多忙に入るため、出る気はまったくなかったのですが、
初めてまだ1年とちょっとの奥の「皆で」で、気がついたら出場することになってましたね(笑)

で、出るにあたって、9月に行われたドゥマウの試合の際に、川口さんが

「年内にもう1回くらい試合に出たい」

と言っていたので、出るならこれだろうと思って楽しみにしていましたところ・・・・・・

まぁ川口さんも国交省の人なので、わしと同様、これからの時期は忙しいのか、出場者名簿に名前がありませんでした・・・(´д`)

でも、ヒクソン杯なら誰か出るだろうと思っていた矢先、JJFJから電話が入り、シニア3では出場選手がおらず、シニア2なら相手が1名いるがどうですか?と言う事でしたので、承諾したところ・・・・


かって所属したいた団体の後輩である太田君と言う事になりました

振り返ってみれば、公式の試合で当たったのは初めて、
そもそもわし、太田君の師匠と学校が同じの同級生なので、カテゴリー的に年齢が合いませんが、試合を楽しみにしておりましたが、

結果は太田君の見事な技に翻弄されて、負けてしまいましたよ(。-_-。)

強くなってましたね、ホント

いい経験をさせてもらいましたし、10年ぶりの雪辱を果たした川口さん同様、また新たなモチベーションを貰いましたよ

しかし・・・・・・

試合後で奥様から散々怒られました

試合前にずっと話していて、過去最高に殺気というかピリピリ感がない試合だったとダメだしでした・・・・

まぁ今回は奥様の初勝利の後でしたので、なんも言い訳もできずでしたね

本当はそろそろ試合とかは引退をと考える50直前になっておりましたが、更に精進していこうと心を新たに、この試合のあと思いました

生涯現役でいきますかな(▼曲▼♯)
  1. 2013/11/21(木) 10:25:17|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。