王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年最初の試合は



奥に引きづられるように出た、5年ぶりの試合でしたが結果は2連敗に終わりました(>_<)

参りましたね、実際(´д`)

お恥ずかしい限りですが、クローズドに掴まっていて、一定時間に上の状態で何もしなければ(できなかったですが)、マイナスアドバンが付くって、知りませんでしたね・・・・

最初のカテゴリーの試合、ほぼ同年代のおっさんで力任せは一緒なので、相手のクローズドガードに掴まっていたのですが、なにせ相手も物凄い力でしたので、先週習ったばかりのパスガードの技を使うところまで持って行けず、

立ちからの態勢からになった時に、小山先生が

「負けてますよ」

の声に「?」と思ってボードを見ると、わしに赤のマイナスアドバン1が・・・(ーー;)

時間は・・・・・後34秒

起死回生の投げを狙いましたが、結果は・・・Xでしたねぇ(;_;)

そして、アブソリュート

これはようやく試合モードに気持ちを切り替えて試合できましたが、相手の人が一枚も二枚も上で、惨敗でした


奥様も、相手は全日本レベルで有名な子らしく、

また普段わしとの家でのナイトスパー(あっちではないですよ)も、わしの体重が重いので、怪我をしてはと攻めを中心でしたので、肝心な受け・ガードなどの練習がそっちのけだったので、攻められて受けに回ったのを見た途端、

「こりゃダメだな」

と思いました

試合に負ければ悔しくも情けなくもありますが、この年齢で奥様と一緒のマットに立てたと言うことはそうそうないと思いますので、とても幸せな時間・一日を過ごせましたと言えますね(^-^)

普段ならば、毎年GWは京都の古民家旅館にて泊まって、京都を満喫というのが我が家のスタイルでありましたが、今年は柔術づけのお休みでありました

9月には、同じドゥマウの大会に、今度は子どもクラスの試合もあるそうで(これも奥様が調べました(笑))、今度はそれにファミリー揃って出ると奥様に、

今日宣言されました(笑)

いつまで、このようなスタイルができるのか正直わかりませんが、勝敗度外視でこれからもチャレンジしつづける漢でありたいですね

それが子どもにとって、最も説得力のある教えだと信じておりますのでね(・∀・)

でも、出るからには勝ちにいきたいですから、日々の練習も気合を入れ直して行きますよ



スポンサーサイト
  1. 2013/05/06(月) 22:14:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。