王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少し遅れた娘とのクリスマス

ツイン~1

昨日は娘と1日遅れのクリスマスを楽しみました

例年なら、24日にファミリーでクリスマス
25日は娘とクリスマス

と言うスケジュールなのだが、今年の自己の課題の量を考えると、24・25日に連続して「早目の帰社」は難しいだろうと想定し、ゆったりの日曜日にしたのだが


まっ、当りだなの選択だったな

しかし、昼前に電話がかかってきて、

お腹が空いたから、お昼も一緒に食べたい

と言う要望がかかり、高速をぶっ飛ばして向かう・・・・・・と言う、結局大忙しの日程になってしまったがな

昼食は、わしがよく行くマンガ喫茶に入ったのだが、

こう言った細かいところでしか「親のスタイル」ってものを見せられないので、いつものように携帯しているベースノート(わしのプロジェクト、仕事もプライベートも含むすべてのベース)に、業務関係に直結する雑誌をせっせと書きうつしたりをしておった

「お父さん、何をしているの?」

の想定通りの質問に

「んっ? 仕事的に知っておかないとあかんことが書いてあるので、ノートに写してスキャンし、そのままクラウド化だよ」

と言う答えを返しました

「クラウド化?」

とこれまた想定内の娘の質問に対し、最新(?)のタスク等の整理術の技法とか概念を教え、その実践方法を教えておいたのだが、はたしてどこまで伝わったか(笑)

「ちょうど今、受験なので毎日勉強ばっかりだろうが、その時間が君の全ての未来を作る行為なんだよ。

 いやいややっていれば、当たり前だけど人生におけるリターンも低いよな。

 お父さんは君も知っての通り、体中『刺青』だらけで昔はちょい悪だったけど、今では小さい会社の取締役の一人だろ?

 だからこそ、今の努力が自分を含めた会社の皆の人生に大きく影響すると思うと、どうしても『勉強』せざるおえない気分になってしまうんだな、これが。

 勉強って、一過性のモノではなく、一生自己を磨く行為全てを言うんだよ」


好い事言うなぁ、わし(笑)

娘も「ふ~ん」と言っていたが、後で向かったツインタワーの上の本屋で受験用の本を買わされたので、多少は効果あったかな?

そしてディナーは、フレンチかイタリアンかと思っていたが、娘の希望でまたしても「寿司

クリスマスに寿司って、何の関係もないよなぁ・・・・

でも娘の学校での事や、将来の希望ってものをたくさん聞けたので、これまたとても幸せな気分になったよ

m_DSC05533-1.jpg

しかし、飯の順番を待っている最中に、娘に今年大きなインパクトを与えた映画、「スペル」に出てくる御婆さんそっくりのおばあさんが表れたので、指を指して大笑いして、

スペルやっimagesCAEA2NWU.jpg


って犬を呼ぶようによんでいたら、めっちゃ娘に怒られてもうた・・・・・

「御父さん、ふり幅大き過ぎ(怒)」

だってさ(笑)

さっきの「真面目で凄いお父さん」から一転して「しょうもない無礼でめちゃくちゃな御父さん」像になったらしい

ちなみにこれも「わざと」だよ

深刻な眉間に皺をよせるような関係よりも、ある意味「無茶な御父さん」の方が娘も気が楽だろうな、と言う配慮でわしも無理をして「傍若無人ぶり」を演じておるわけだ
あぁ~自分に真逆なキャラクターを演じるのも疲れますよ、まったく(笑)

昨日も一日中、天使が傍で微笑んでおった、そんな感じがする一日だったな


 
スポンサーサイト
  1. 2010/12/27(月) 10:33:47|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス






クリスマスだな

と言うか、昔のイメージでクリスマス当日よりも「イブ」の方が大事と言うイメージを持っておるが、皆はどうなのであろうな?

わしの会社も昨日は若い者が物凄い勢いで帰社し、5時半には年配者を除く2名程度しか残っていない状態でありました(笑)

大分、わしの信条が浸透しておるね

「クリスマス・イブくらい、ファミリーや彼女とゆったりとした時間を過ごしなさい」

の教えを忠実に守っておるようである

そう言うわしも、昨夜は管理者としてどうだったか?と後で自己を振り返らされるくらいの時間に帰社

まぁ前日もだが、夜の11時近くまで業務をこなし
朝6時には出社と言うパターンが身に着いたこの季節なので、たまにはねだよな

帰ろうとすると、残った若い者が書類を手にやってきたが、

「K君、全てHさんからの報告で分かっておるよ。だからすべては明日処理するってことで頼むね」
と半分強引に帰ったからね

あかんかったか・・・・・・・・

その「問題」に対する処置はもう済ませたので、大丈夫だったのであろうね(笑)

そして肝心のクリスマス

以前は一門関係の「ふぐ料理屋」にてクリスマスを祝ったり、

鳥ならなんでも好いだろうと言う事で、ガラガラの焼鳥屋にてお祝いしたこともあったが、段々坊が大きくなってきたので、近所の坊のお気に入りのイタメシ屋で済ませました

もう少し坊が大きくなって、彼女とデートでおらんようになったら、奥とまったり夜景を見ながらってのに戻しても好いが・・・・・・・、立場上時間的に無理かな?

美味しい料理を腹いっぱい食べて、坊はサンタが来るといかんと言う事で早めに就寝

ゲーム嫌いの奥が折れてDSiを月曜日に買っておいたので、夜中にそっと枕元に置いておくように奥にお願いしたところ、

坊の部屋の前に謎の張り紙が・・・・・・







「ここが(に) こどもがいます」

奥と目を合せて静かに笑ったが、

奥の説明によると、去年までは一緒に寝室に寝ていたが、1年生になってからわしの部屋を強奪したので、サンタさんが分からないといかんと言う事で、一生懸命絵を添えて張り紙をしてあるのだそうだ

それを聞いた時の感情は言葉にはできないな

「子どもに対して私たちは、かけがえのない人生を大切に生かすための手助けだけが許されているのだ」 

 (男の子の躾け方 あるドイツ人からの提言 クラウス・シュペネマン著)

自己をもっと磨きたいと言う感情は、恐らく幼年期にかなり硬く構築されたものではあるが、

心の底からの幸福感は、あくまで「愛情を身近に感じた時」以外にはないのではないかと思えたひと時だった

今のわしの中心軸にあるのが、そのための自己啓発・自己能力の向上になっておるな

ずっと「幸せ感」が傍に寄り添っていた夜でした


さて、今度は26日の日曜日に娘と

業務も多忙だが、プライベートも超多忙(笑)
彼、彼女らのかけがえのない人生を手助けできる喜びに溢れておるので、それよりも優先度の高い幸福感ってあまりないからいいだけどな(笑)
  1. 2010/12/25(土) 10:41:49|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近読んで普通に泣けた本







  1. 2010/12/20(月) 13:05:51|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風の葡萄



日曜日

最近朝ほっとする時間が身にしみる曜日であるな

月曜日から土曜日まで、朝5時~15分に起床

そのまま軽くトレーニングをした後、家事(洗濯物干しや時に洗い物)

6時には家を出て、始業1時間前に事務所入りしてその日の課題を確認

出社してくる若い子たちに、それぞれの打合せを大急ぎで済ませた後、7時45分から朝礼のため、35分くらいから今朝の朝礼の話題をこれまた大急ぎで決め、イメトレ

この時期は季節労働者(所謂出稼ぎ)軍団も多いので、60名くらいの前で注意事項とラジオ体操

朝礼終了後には軽く補足の打合せを済ませた後、社長との会議

な~んて日課が7分の6の確率でと言う日課なので、起きて時計(アラーム)に急かされない休日はまさに至高の時間であるね

仕事以外の日課は基本的には変わらないけどね(笑)

その休日で、最もわしが『ほっとしながら幸福感に満たされる時間』と言うのは他ならぬ、

「ファミリーでカフェでお茶」しておる時なんだな、これが

「カフェ本」とかぬかす本を大量に買ってきては、

あんなとこにこんなカフェができたんだ

と奥と話す平日の夜の時間も好きだが、好きな珈琲をファミリーの笑顔を見ながら飲む時間より、「ほっとする時間」ってのはないなぁ、ここ数年

そんなファミリーデイを98%以上過ごしておるわしとしての、昨日は更なる、言うならば「ハイパー・ファミリーデイ」と言うイベントがありました

それは、お世話になっておるNBJC(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)のマスター&シニア会(これも当初謳ったメンバーが来れなくなって壊滅気味だなぁ)の盟友森田パパくんとそのファミリーでの会食でありました

tsu_kazenifukarete1.jpg



森田パパ君、12月になって(11月だったかな)勤めていた会社を退社し、晴れて独立と言う方向にと聞いたので、

やっぱり素晴らしき仲間の門出は祝いたいねと言うことと、今年もたこ焼きパーティーで素晴らしいファミリーとの時間を味あわせてくれたのに感謝の意をこめて、と言う感じでお誘いしたんだけどな

また、モクモクファーム直営のレストランが我が家では大人気で、特にラシックの方にはよく行くので、一緒に行きたいねと言う事から珍しい外での会食となった

当初はツインタワーの方にしようかと言う事でネットで確認すると、ラシックのランチタイムの方が30分終了時間が遅く、これだったらゆっくりできるだろうと場所変更と相成りました

これがデッドボールになるとは、神ならぬ善太郎

このときにはまったく思いもよらなかったね

1時半の約束であったが、日曜日は予約ができないと言う事で早めに言った方が予約しておこう

そんな感じでのアポだったが、1時着の予定であったわしの遥か上を行く森田ファミリー

12時半ごろにメールが入り

今店に着きました。予約したらちょうど1時半ごろに店内へと言う事ですので・・・・

と言うではないか

やっぱりねぇ~、出来る漢はこう言った細かな心配りが凄いわな、ホンマ

恥ずかしい話、会社関係の細かな手配、最近ではほぼ99%の確率で優秀なわが社のスタッフたちが手配してくれるので、こう言った配慮に関して鈍ってきたかもしれん

この辺の配慮ができなくなって、「大物気取り」をする人がホンマ多くて失笑することが多いので、気をつけるとともに余計に見習わんとあかんな

jr2.jpg



森田ファミリーのお陰で、ほぼ予定通りに店内に案内されたまでは良かったが、

何かのイベントで3時には出なくてはあかんと言う事で、大変失礼をしてしまいました

まっ1時間半もあれば、ゆったり食べてデザート・カフェも取れたのだが、何かねぇ、すまない気持ちで一杯になってもうたよ

肝心の話の中身は、森田ママも奥と業務的に絡むところが多く、その辺を交えていつも以上に素晴らしい休日の「ほっとする時間」を味あわせてもらいました

年齢こそ、わしの方がちょこっと年長だが、これからもよき友として好い関係でいきたいものだと、心から思ったねぇ

わし、リスペクトする凄い奴って結構多いのだが、

何故か「ファミリーで」ってのがものすご~く少ないので、森田ファミリーはホンマ貴重な存在だよ

そんな「少ない」ってことないか(笑)

でも、森田ファミリーの一緒に過ごすオーラは別格だな

御蔭さんで激戦の中、仕事の振りしてブログを打ちたくなってしまうくらい、素晴らしい時間を味あわせてもらいました

森田ファミリーに感謝感謝だった

また行きたいものだね

menu_7f-05.jpg




  1. 2010/12/20(月) 10:42:15|
  2. 美味しい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

WC?

文字色

休憩です、もう半分無理やり(笑)

CJCTのお陰で多少はブログ(プライベート的アウトプット)にも気が入り出したわしですが、今月の第一日曜日には娘とデートすると言う余裕もあったりもした

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝」を見に行ったのだが、

港区のベイシティに行ったため、後の「」ってもんがもたず、さてどうしようかと言うことになった

去年、あまりの忙しさについ「娘へのクリスマス・プレゼントを失念」するという失態をえんじたお陰で、今年の修学旅行用の服を何万円も買わされる羽目に陥ったため、

「お父さん、もうたぶん年内は会えないかもなんで、今日これからクリスマス・プレゼントを買いに行くか?」

と聞いてみたところ、目を輝かして頷く娘

キャッシュな奴だよ、まったく(笑)

が、しかしだ

娘の希望する服を売っているところと言うのが、わしにとってのトラウマのビル「近鉄パッセ」と聞いて、目を輝かした娘とは対照的にわしの目は濁ったという

やっぱり今度にしようかな

と脳裏にちらっとよぎったが、娘のまっすぐな目を見て気合いで行くことにした



どんな店?と言うわしの質問への答えが

WC! 若槻千夏ちゃんがやっている店

と聞いて、暫く遠くを黙って見つめていた(と言う印象を娘はもったらしい)


・・・・・・・・・・・・誰?それ!(▼曲▼)?

あぁ~千夏ちゃんね、avの子だよね

とあまり女の子の教育に関わっていないわしはデッドボールを投げてしまい、中三の娘からめちゃくちゃ怒られてもうた

「avって、わたし女の子だよ(怒)」

まぁ女には弱いは昔っからなのだが、わしの未熟な点「怒りには怒りを返し、ポジティブな感情にはより大きなポジティブを」がここでもさく裂し、交渉は決裂しかけたが、

まっ、娘を思う愛情の方が目方がほんの少し重かったので、素直に謝罪して近鉄パッセへと向かった

その後の地獄をうっかり忘れておったせいで・・・・・・・・・・


バーゲンだった、ちょうどその時

噎せ返るような女の子の波

数々の戦いのシーンを経験し、警察の人波をもカキ分けたり、パトカーを◎っくり返して新聞にも載った、なんて笑い話が結構ある少年時代⇒青年期を過ごしたわしだったが、タップ寸前の苦しさ

息も絶え絶えで目的の店について、目に入ったのがこれだ

wc.jpg

冗談だろう!って思ったね


「お父さん、上の本屋にいるから、終わったら電話してね」

とエスカレーターを登って行こうとするわしに、娘が怒りの声で

「来た意味違うじゃん」

そりゃそうだ、確かにな(笑)

しかし、「金だすから、買っておいでよ

と交渉を進めたが、娘のあり得ないセリフに唖然

お父さんに決めて欲しいな

だと・・・・・・・・・・・(苦笑)

中に入って服を見るに、

さっぱり今の「女の子」の服はわかりません

「これ、どうかな?」

どうって、どう?

ダブダブのトレーナー、プリントは変なクマのモノを見せられて、40代も半分まできたわしに何を言えというのか・・・・・・・・

「いいんじゃない?」

と当たり障りのない返答をしておいたが、異性の子供の服ってせいぜい小学生までだよな、まったく

結局、いつも一緒におれない罪悪感もあり、中学3年生にしては不景気な波はどこへ?の破格のプレゼント軍団を贈る羽目になってしまったがね

まっ、娘の笑顔はそれに勝るってことが落ちやが、ひとつ今の中学生らに警鐘があったよ

それは、

若槻 千夏 だから C・W

のはずなのに、娘がW・Cと言うもので、間違っておるよと指摘したら、

「皆こう言うんだよ(怒)」

と怒られる始末やし、近鉄パッセで偶然会った娘の友達も

「あっ!W・C買ってもらったんだ! 好いな~」
と皆逆に読んでおる

いつか「ちょっとばかし恥ずかしい」場面に会うのとちゃうやろか?

そんなことを思ったハッピーかつハードな一日だった

これもまた、わしにとっての「活力源」でもあるね


好い一日やったよ(▼人▼)
  1. 2010/12/15(水) 18:30:14|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リスペクト


 
昨夜のNBJCの早川代表もそうだが、

幸いなことに、わしの周りにはリスペクトするべき『漢』が実に多い
それも年長、年下に関わらずかなりの数になるのだが、昨年の秋に「取締役」に就任後も、仕事関係の「社長」と呼ばれる層とお話する機会も増え、

わしなんぞ、ホンマにまだまだやなぁ

と思わされることが多い

反面、「ある分野にかけては、この近辺でわしに敵う人はおらんやろ」と自負する部分もあるのだが、

まぁわしの業界では「勝つ」だけであって、そういう自己創造の糧となった人らと比べて考えると、やっぱ「まだまだ気合い入れなな」と思われるのであったりもする

そういう意味では、人生は実に面白い

この歳でまだまだ挑戦者なんじゃからねぇ

一門の筆頭の兄弟も名古屋に帰ってきて、今週だったかな◎◎◎開きをするとのことだったり、NBJCの盟友のM田PP(これって名前書いても良かったのかな?)も、晴れて独立と、不景気という名の嵐が吹き荒れる中でも、しっかりと自己の足で立つ漢(おとこ)らが身近におってくれるお陰で、慢心せずにわしも直向な努力ができるのであろう

考えれば果報者ですな、わしは

今年もあと少し

昨年よりも1ミリでも前に進むために、除夜の鐘が鳴るその時まで

精進したいものですね

坊の小学校入学に伴ういろんな行事ごとの楽しい時間

京都や沖縄への家族旅行

ファミリーたちの誕生祝いの会や、父母会の夏のキャンプ


新たなる年は、更なる飛躍の年にしますよ!

後数週間も気合いで突っ走るかの(笑)

  1. 2010/12/13(月) 21:08:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

CJCT2010







無理やり意識をこちらに向けて書いておるが、

昨日はわしが長年お世話になっておるNBJC主催のCJCT10が露橋スポーツセンターにて開催されたので、『頑張って』行ってきました(笑)

『頑張って』と銘打っておるのも、多忙な平日を送る秋⇒春なので、せめて週末はファミリーデイとしておる中だったのでね

03からCJCTに関わってきたけれど、何か昔のころを思い出させてもらった、そんな一日でしたね

半分は、今年度一杯はおそらく練習参加は難しそうなので、たまには早川代表らと一緒に会食ってのが目的でしたがね(笑)

要は打ち上げメインでの観戦だったのだが、結構濃いメンバーのみでの打ち上げだったので、かなり際どい話がてんこ盛りの夜も楽しめ、まったくもって仕事頭をすっかり飛ばしてもらうくらい好い夜を味あわせてもらいました

際どい話の半分はわしから出ていたような気がするが、早川代表の言葉にもあったが、元気一杯な超悪オヤジたちが友達でおってくれるお陰で、わしも楽しい人生を送らせてもらっておるねと言うことだったな

今週18日の土曜日がNBJCの忘年会らしいが、その日も人と会う約束が入っておるので参加は難しいであろうと思われたので、その分も楽しませてもらい、来年に向けて更なる気合いをたくさん貰いました

どうしても役就任後は仕事頭になりがちな中、悪魔のような自分を思い出させてくれた早川代表及びNBJCの仲間には感謝感謝(?)の夜だったね、こりゃ(笑)

さて、これで一層の鍛錬にも身が入るという事ですな

良き仲間はよき人生におけるスパイス
そんなわしの生き方の柱の一本の夜でした

今年中にケトルベル48KG買って、パワー系でも伸ばしておこうかな
  1. 2010/12/13(月) 08:30:06|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。