王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今更ながらのiPhone



昨日はようやく練習に行けた (▼_▼メ)

1月に入って、多少は融通をきかせ、週に2回くらい行ければと思っていたが、三週目に入り坊がインフルエンザにかかり、また先週は奥が体調不良のため、業務を考えるといっぱいいっぱいじゃったよって仕方がなかとやろの

善太郎、生きていく中での第一プライオリティがファミリー等への愛、次にそれを支えるべくと、信頼に応えるための業務、プライベート的なものは三番目以降じゃけんの

まぁ私的成功は公的成功に先立つじゃよって、ね

そんな業務多忙な中ではあるが、今週月曜日

土曜日からの週末にかけて、ちょっと自分が体調不良に陥ってしまい、月曜日はのんびりの日となったのだが、
その帰りに●マダ電機により、やっぱり業務に必要なものを買いに行ったのであった

その時目に飛び込んできたのが、ソフトバンクのアイフォン

奥がわしに倣ってアイポッド・タッチを買ったのが昨年末のことじゃったが、業務的やプライベートなアプリが満載じゃよって、「どこでも接続可能なアイフォンもええなぁ~」と思っていた矢先、日曜日に奥の依頼でビッ◎カメラに行って見ていたのが、潜在意識に刺激として残っていたようじゃった

ちょっと頭の中で計算したが、今の携帯でも結構ウェブを見たりして、パケットし放題のマックスの額を払っておることを考えると、これは確かに買った方がよさげだと思い、そのまま契約と相成った

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・

凄いわ、ホンマに

アイポッドだけでも凄い仕事&プライベートが変わったが、アイフォンはさらにその上を行く感じじゃな

アイフォンならではのアプリを早速購入したのが、これだ

photo.jpg


そう、カーナビのアプリ

普段カーナビって通勤メインのわしは必要ないのだが、遊びに行った時とか欲しいなと思っていたのだが、ふつーに案内してくれるよって、言うことなしじゃった

他にも業務&プライベートをさらにハッピーにするようなもの満載

ケトルベル40kgに続いて、ええ買い物をしました(▼∀▼)ノ彡☆

ぜひぜひお勧めじゃが、機種代がただなのは今月31日まで

これは買って(契約して)損はなかとやろね (>ω▼)ゞ```
スポンサーサイト
  1. 2010/01/28(木) 10:28:33|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我が家に『ブルドッグ』がやってきた日




やっと書けました

今年も始まってからすでに20日が立ち、正月のエピソードもまだ書けていないのであるが、

まさしく「忙しい」を絵に描いたような日々じゃけん、まぁ仕方がなかとやろう

また、年末に奥がわしに倣って「アイポッド・タッチ」を購入したので、家の中で無線lan接続を熱望し、その為にしばらく家に帰ってもネットが接続できない日々じゃったのでな

まぁいろいろあろう・・・・・・・・・

そんな正月も明けて、年度末にかけて日々ばく進状態の日々を送っておるのだが、昨日

何と我が家に『ブルドッグ』がやってきたのであった

わし、基本的に犬とか猫大好きなのだが、実は住宅事情の問題でペットは飼えないのだな、実は

では、ブルドッグとはなんじゃ?となるだろうが、


それは、これだ

kettlebell 004

NBJCの忘年会で、一緒のテーブルに座ったマスター&シニア会の「わけのわからん酔っ払い話」の中でわしが「ケトルベル32KGを挙げておるよ」が話題になったが、実はその時に言っていた言葉

「来年はケトルベルで40KGを扱って練習するのが目標かな?」

と言っていた、ケトルベル40KGを購入し、昨日配達されてきたというわけじゃった

ちなみに上の写真は、わしのケトルベル軍団コレクション

最初重いと思っていたケトルベル20KGが子供のような大きさに見えます(▼□▼;;

kettlebell 005

右が昨年後半買って普段のトレーニングに使っていた32KGだが、左の40KGはそれよりも明らかに一回りは違う

面白くって、さっそく「クリーン」をこの40KGをメインにやってみたのだが、最初嬉しさのあまり、ろくにウォーミングアップもしないでやったので、今日腰に若干の違和感を感じたりもしておるがね

まぁ嬉しくて、普段32KGをメインにやっていた時よりもセット数を増やしたのも、原因だろうがな

しかし、だ

最初32KGを扱った時の驚きはなかったな、実際

32KGを扱っていた昨年末に、「この感じだったら40KGはいけるな」と確信しておったしの

ふつ~にクリーンをこの40KGのケトルベルでやれたからね


しかし、嬉しさもここまでで、このケトル

実は欠陥商品だったのである

上の写真の32KGのケトルは普通に「32KG」と書いてあるが、左の40KGは表示がないであろう
実は裏側に、「おそらくここに表示があったんだろうな」という個所が、ぽっかり穴が開いており、どうやら落ちてしまった様子

この様をさっそく購入した、日本が誇るケトルベルの第一人者松下タイケイ氏にメールをしたところ、すぐさま返金か交換かの案内がきた

流石だ、一流とはかくあるべきであろうな

もうワンランク上のケトルベルとの交換に、返ってラッキーだったと喜ぶ善太郎でありました

なぜに「ブルドッグ」の謎には、このままドラゴンドア社の40KGの説明を載せておこう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最高級のケトルベル、ドラゴンドア社製ロシアンケトルベル 2年ぶり日本にて復活!!

(送料別: 東京都23区内より発送 沖縄・離島を除く配達料目安  1つ1350円~2050円)

製品の特性上、表面の細かい傷や多少のロゴ崩れが考えられます。ロゴ崩れやキズのないものを選定しての配達はできません。またロゴ崩れや細かなキズが理由での交換は致しかねますので予めご理解のほどお願い致します。

アメリカでのケトルベルブームの火つけ役となったロシアンケトルベルです。
デザイン性に優れ、表面コーティングもEコーティングが施されています。

40キロは通称ブルドッグ、これが使いこなせる人は何も怖い物ありません(48キロのビースト以外)。スイングやクリーンをするだけでも力が確実に付いてきます。


特徴1
ハンドルの長さが人間に合った長さにぴったり計算されています。

特徴2
全米で販売されているケトルベルの中で随一のメーカーです。
2001年よりこれまで改良を繰り返して品質を向上させています。

特徴3
世界に1000人以上在籍の組織RKC(ロシアンケトルベルチャレンジ)のインストラクター公認のケトルベルです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだそうだ

32KGまでは特に名前がないのだが、40KGがブルドッグ、48KGがビーストだろうだ

ビースト」・・・・・・・・・

知的な野獣をキャッチコピーにしたいわしとしては、それならと48KGも視野に入れだした・・・・・・・・・のは今のところ奥には黙っていよう

40KGが居間に運び込まれた時点で、だいぶご機嫌斜めだったからなぁ(▼m▼)プップッ

しかし、確かに40KGを扱うには体への多少の反動も覚悟せねばならず、正直今日は珍しく疲労感があるくらいだからの(▼д▼メ)

まっ暫くすれば、また慣れるだろうがな

業務多忙につき、なかなか練習に行けない善太郎の、ここ最近で一番嬉しい買い物であった

次は48KGやな(>ω▼)ゞ```

  1. 2010/01/20(水) 23:42:32|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

消えた「ムーミンパパ・カフェ」 正月2日目



休みの間は体調がいま一つだったのと、ひとりでいつものようにネットカフェでと言う時間がなかったので、帰ってから書こうと思っていたのはいいが、

いざ業務が始まってしまうと、かなり無理な考えだったかを思い知らされておる日々じゃ

何かを作ったり、運んだりとかいうことはないのだが、何かバタバタに追われておる感じじゃねぇ~
昨日も半分破れて練習に行ったが、正月休みのおせち太りもあり、まったくもってダメダメじゃったしな
そろそろ、「柔術」の方も真面目に気合い入れなおそうと思っておるが、嵐の業務が多少静まらんことには難しいかもなぁ・・・・・・・・・・・


と言う日々の中、正月2日の変わった出来事を書いてみるとする

これを書くと、奥から怒られるかまたは激しい苦情が出そうな予感もするのだが、まっ気分を害して愚痴を書くのと違うよって、許してもらえるじゃろうな

たぶんだが

今回の帰省予定は、ちょっといつもより長い3泊4日であった

これを知人&友人に言うと、

「嫁の実家に3泊って、めっちゃえらいですねぇ~」

と言われたが、自分の両親との関係がいま一つなので(若年時に神父である父の頭をかち割り、母親のアバラを折ったりもしたしね)、かえって姫路の親のところの方が気が楽な部分もあったりするので、わし的には問題なしじゃ

今回は、毎度のことじゃが「奥のリクエスト」で、明石にあるムーミンパパと言うカフェに連れて行ってほしいと言うので、そこに行ったり家族3人の時間をもっと充実させようかと言う目論みがあったからであった

その「ムーミンパパ」には何があるんじゃ?と言うことになるが、

何でも、「女子トイレが水槽の中にあって、めっちゃ綺麗」ということだった
youtubeで検索したら、水槽の動画があったくらいじゃよってね

ただし、あくまでも「女子トイレ」なので、わしと坊にはまったくもって関係ない話なのだが、まぁわし的な第1プライオリティである「奥の希望」なので、そこに行ってわし的にはかなり珍しい試みである、「たまにはのんびり」でもしてみよかと言う考えであったのじゃな

3日には奥のおばあ様が西宮に住んでござるので、そこによりつつ、進路を自宅に向ければロスなく、渋滞は仕方がないにしろ、スムーズに時間を使える

そう踏んでおったわけじゃが、そのわしのプランが2日の朝かかってきた1本の電話が粉々に打ち砕いたのでありました

電話をかけてきたのは大おばあ様で、なんでも

「今日は一緒に住んでおる息子夫婦(奥の叔父夫妻に当たる)もおらんし、孫(奥の従妹)もおらんくなるので、一人になってしまうから、明日ではなく今日来てほしい」


と言うことじゃった

え~、あくまでこちらの行動は考えずに大おばあ様主体のお考えに、最初は驚きを隠せなかったが、

そう、大おばあ様こそ「元祖お嬢様」だったことを思い出したのと、

そもそも帰省事態が、「奥のため」に他ならなかったので、異論を考えるのも無粋だと思い、西宮に向かうこととなった

しかし、一人猛烈に嫌なオーラを出しまくっておったのが、「義父さん」であった

そりゃそうかもな
義父にとってはやはり「嫁の実家」になるので、あまり長居したくないのは十分わかるが、さらに婿でわるわしとしては微妙な立場じゃったな

さて、一年ぶりに再開する奥の大おばあ様
坊にとっては曾御婆さんにあたる、御年たしか93~4歳だと思ったが、非常に元気であった
当初は大おばあ様を中心に話を進めたりしておったが、2月20日にこれまた大阪で結婚する奥の最後の未婚の従妹が出てきたり、神奈川に行っておる奥の従弟もやってくると、年齢が近いのもあるし、来月が結婚式なので大おばあ様そっちのけで従兄弟家族だけでいろいろ話が盛り上がっておった

これが後々根を引くのであるが・・・・・・・・

嫌なオーラから段々怒りのオーラに変換してきた義父さんを気遣い、夕方わしらは先にご無礼したが、体調が悪かったのと、少しでも奥と二人の時間が欲しかったので、姫路の実家に戻るや否や、わしと奥は姫路の駅前にと出かけた

さて、夕食時

機嫌も直った義父さんを囲んで今夜は蟹鍋

食事も終わったころ、大おばあ様から義母さんにかかってきた電話の一言が大笑いさせられる発言に

従兄弟ファミリーが盛り上がって話をしていたのが、「お嬢様は話の中心にいなけりゃ嫌」な気質の大おばあ様の怒りを買い

わたしゃちっとも楽しくなかった

発言を聞いた時は、即座に「わしのお婆さんだったら、絶対二度と行かない」と『ネガティブにはネガティブを返す」を奥に言ってしまったが、後々思い返すに奥も下手すりゃ大おばあ様みたいになりかねない家の雰囲気と、大おばあ様の子供のようなところに大笑いしてしまった

まっ、どこの家庭でもいろいろありますわい

しかし、奥が楽しみにしておったムーミン・パパカフェ

わしも話のネタに一度は行ってみたかったなぁ・・・・・・・・・・・・

img_1182851_8943134_7.jpg

img_1182851_8943134_5.jpg

ちなみに、最悪の事態はその翌日、3日の今回の姫路帰省最後の日にまだ待っておったのであった

引っ張るのぉ・・・・・・・・
  1. 2010/01/10(日) 11:51:32|
  2. 摩訶不思議な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫路城 登城

2010正月休み 010

大晦日は家族そろっての年越しそばと飯を食べたのだが、そもそも石井と吉田戦をめっちゃ楽しみしておったわしは、格闘技は野蛮だから嫌という奥のご母堂を説得し、ダイナマイトを見ておったのだが・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、今回は「見なくても良かったかの」だったか

そして、元旦

2010正月休み 001


家族揃っての初詣でも毎年恒例だったが、今年は姫路城からは義父&母さんらとは別行動となり、5年ぶりくらいになるかの「姫路城へ登城」となった

なんでも姫路城が大修復にはいり、しばらくは城内も見れないと言うので登ったのは好いが、正月は無料のために大混雑

2010正月休み 008

敵が攻めてきた時に、矢とか鉄砲を撃ちかける穴がそこらじゅうに
坊と覗いて下の人に声をかけたりと、大混雑のストレス発散にも余念がなかったの

また、怪談で有名なお菊さんの井戸もありと、ひじょ~に歴史的にみてもいろいろある姫路城

2010正月休み 018

窓から見えるのが、坊が生まれた病院

姫路城のすぐ東側にあり、あれからもう6年半になるんじゃなぁ~と、感慨もひとしおじゃったわい

2010正月休み 017

そして、これが天守閣から見た姫路市内

すこし霞んでいるが、向こうに見えるのが姫路駅

眺望もめっちゃいい感じ

ただ、めちゃくちゃ多い人を除くとな

実はこの時すでに体調が優れず、体に違和感があったり頭痛もあったのだが、奥の前では決してそんな素振りを見せないを信条としておるわしとしては、買い物もそこそこに「そろそろ引き揚げようか」と言うのが精いっぱいじゃったがな

姫路の実家に戻り、そこから昼寝をすると称して実に4時間寝まくった

地獄の体調であったが、坊の喜ぶ笑顔と、何よりも奥が嬉しそうだったので、悪いことと好い事が「行って来い」のイーブンであった、善太郎今年の元旦であった

それがまだ序章だとは、神ならぬ身の善太郎

予想もしておらんかったがなぁ (▼曲▼♯)

つづく



  1. 2010/01/04(月) 22:29:48|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく帰宅 (悪夢の正月)

COVER-~1

昨夜遅く、ようやく奥の実家である姫路から帰宅した

あっ、遅くなりましたが、明けましておめでとさんです(▼∀▼)ノ彡☆

今年もよろしく!


と言っても今日で4日

正月気分なんてものもすっかり消え、今日から仕事と言う人もおろうかと思われるがね


今年の正月は、かってないくらい怒涛の正月休みでありました・・・・・・・・・・・(▼д▼メ)

ここ数年のアクション通り、今回も昨年12月31日に姫路に帰省し、

これまた例年通り、大晦日は車も少ないよって名古屋⇔姫路間も3時間くらいでと、割と早いペースで着いたのまでは良かったが、休み前業務的なことで激高する事件があり(これも後から考えると気持ちは分かるってやつだったがな)、ちょっと睡眠不足で体調が今一つという状態で帰ったのが悪かったか、

今年の正月休みはかってないくらいの悪夢の正月になってもうたからねぇ~(▼_▼メ)

まっ、いろいろあろう(≧∇≦)ブァッハハ!

こう言った時、過去くぐり抜けてきた戦いの日々のお陰で、特にネガティブにもならずにいられる善太郎でありました(▼m▼)プップッ

詳しくはまた追々ということで、今年は更なる高みを目指して気合い入れていきますよ (>ω▼)ゞ```
  1. 2010/01/04(月) 09:35:27|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。