王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そして 発病



今朝、眼が覚めたのは2時58分じゃった

来月頭にある、「とある統括部長がギブアップした例の物件」のが気になってと思われるが、まぁあまり早く起きてわしまで体調不良では洒落にならんよって、しばらくまた眼を閉じて、

それでもいつもよりはずっと早い時間に事務所に着いた
いつもは社長が事務所入りするのが6時半くらい

それよりもずっと早かった今朝だが、作成せねばならぬ書類と、昨日インフルエンザで倒れた若い者のバックアップにと走り回っていた午前中だったが、昼寝から起きたら喉の辺りに違和感が

ずっと気合いで仕事をやっておったが、ちょっと怖いよって帰り道にたまに立ち寄る医者に寄ってみた

結果は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


取敢えずはインフルエンザではなく、ただの風邪だそうや

それでも先生が言うには、

「熱が上がってきたら、インフルエンザだね」

だと (▼曲▼♯)

そんな診察、わしでも出来るわ

わしは人並み外れてなにがデカイよって、

ってなにって、扁桃腺だがな

そのお陰で度々インフルエンザでもないのに「高熱を出すのだが、とりあえずはセーフってところ・・・・・らしい

奥に引き続き坊までインフルエンザに倒れた我が家と、

今日もやたら咳をしまくっておった事務所の年上の後輩さん

めっちゃ危険な、まさに綱渡り状態での業務過渡期

な~に、かる~く乗り切ってやるわいな

それが、わしやよってね


しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・体温計を見るのは、今夜は止めておこう・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/01/30(金) 21:41:52|
  2. ちょっぴりムカついた話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感染被害増大



昨日、何とか出社した

と言うか、半分無理やり出たのだが、奥(現:3号)の体調もめっちゃ気になっていたが、何せこの時期に1日休むと言うことは・・・・・・・
残業を考えると軽く2日は失うことに匹敵すると思うよって、後ろ髪を引かれる思いで出社

思ったとおり、たった1日で溜まった業務の処理に悪戦しておったのだが、

ある連絡事項のために、中堅どころの若いものに連絡を入れるが、何故か携帯が不通

忙しいのかなと思い、他の業務の手当をしておったが、しばらくするとその若い者から電話が

「どうした、何かあったか?」

と言うわしの質問に対して、返ってきた言葉にびっくり

「ええ、すいませんでした。ちょっと体調悪くて医者に行っていたんですが、39度ありました」

なにぃ~~~~、と言うことは・・・・・・・・・・・・・

「はい、インフルエンザでした・・・・・」


ここでもかぁ~

急いでその若いもんを帰らすと同時に、その補充手当てに大忙し

そして、奥のことが気になり、残業もほったらかしにして帰る途中に奥からのメールが

「坊、発熱」

そうきたか

まぁ半分想定しておったし、恐れてはいたのだが、「起こったことはすべて正しい」と言う、わしがいまめっちゃ影響を受けている勝間 和代女史の本のタイトルどおり、起こったことは仕方がないことやよって、それの手当をいかにするかや

お蔭さんで7時ちょっとの今で、すでに仕事にかかって1時間
残業は出来ないよって、今日から6時に家を出るのではなく、6時から仕事開始にした

ちょっと・・・・・・・・・・大変になってきたかな
まぁそれもまた面白しじゃ (▼m▼)v
  1. 2009/01/30(金) 07:10:51|
  2. ちょっぴり怖めの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CTO (cancelled-to-order)



それは突然やってきた

先々週の金曜日の夜、社長室にて業務報告とかをやっておる流れで、以前書いたと思うが若い連中の「昇給の話」に入って行った

先日わしの両親宅にお邪魔した時に、養父と「昇給の話をまとめていてね」と言った途端、

「この不景気もまっただ中に昇給の話なんてあるのかい?」

と驚かれたが、養父だけではなく、同じ業界の他社の人に話しても皆一様に仰け反って驚かれたりしておる

給料が下がらないことだけでもマシと思える風潮やよって、余計にじゃろうな

昨年末の忘年会の時に聞いた意見をまとめて、社長が怒らない程度に報告した後じゃった
社長から、

「そう言えば、あなたの給料も決めないとね」

と振ってきた

「社長が気持よく、わしにじゃったらこのくらいはと思える額で結構ですよ」

と答えたのだが、どうも気にかけてくれておる度合が大きいらしく、具体的な金額を「今、ここで」決めようとする雰囲気に話が流れていく

ちなみに、ちょっと前にもこの昇給話の前哨戦的な時に、「お支払いする年収を○○万円にしたら、会社の資産を食っていくようなものだからなぁ~」と言っていたのだが、何故か今回はちょっと違った雰囲気に

まぁ言うのだったらこのタイミングかな?と思い、わしが告げたのが、

「社長、ちなみにわし、今の年収だったら10年前に社長もご存じの○○さんのところから来ないかと誘われておりましたし、社長にお世話になってはや15年くらい経ちますが、これまでに3度は確実に年収提示までされてのヘッドハンティングもありました。
ただ、皆さんにお話ししたのは、わしが愛知県に居を構え、生業をこの業種とするのならば、出来うれば生涯をこの会社にと思っておりますと伝えてきたもんですよ。
わしこそが会社を支えるキーパーソンであると言う自負も当然ありますが、『目先の利益』だけではわしは動きません。
社長が『まぁ擱こうか』と仰るまでは、この善太郎。
誠心誠意、お仕えする所存ですよ。
ですから社長わしにではなく、さっきの議題であった若いものにもご配慮をお願いしますね」


と正直な胸の内を伝えました

しばらく沈黙のあった後

「そうだろうね。あなただったらまさしくそう言った引き抜きの話も当たり前だろうねぇ」

と相変わらず人の話にはあまり流れを左右されず、今回の社長の意のまま会話が流れていく

「よし、分かりました。 だったら好い値を言いなさい。それをお支払いしましょう」

と先日の「○○万円だったら・・・」の話はどこに行った?状態に

「社長・・・・・・、人の話、聞いてます?」

と問いかけるわしじゃったが、聞いていない

「ん~、私よりも上だったらあかんだろうから・・・・・・・、ヨシッ! ○○○○でどうかね?」

提示された金額は、確かにここんとこのわしの目標額であったが、まさかこんなに早く実現するとは

結局この金額が今年の年収にとほぼ決まり、先々週の社長との会議は終わったのだが、


問題はその後

先週末、ファミリーでお出かけでも、ふとした時間があると、

「如何に自己の能力・生産性をその年収に見合うだけに上げていくか」

ばかり考えておった

大不況の昨今
身に余る待遇には、まさに「寝る間も惜しんで」自己を磨いていかないとなぁ、決意を新たにしたものや

その際に出た、4月からの役職は当初

「その年収だったら、『専務』ってことに、ちょっと年齢的にも早かったがしておこうか?」

と言っていただいていたが、一回り年長の統括部長たちがまだ数年は在職するであろうことから、軋轢を考慮して、

「でしたら社長、日本の会社法には適用がありませんが、CTO(chief technology officer)つまり『最高技術責任者』と言う役職を名乗ることを許可願えませんか?
H統括部長たちを定年までは立てていきたいと思いますので」

と提案してみた
すると社長は笑いながら

「まぁあなたの好きなように名乗ったら良いでしょう」

と晴れて小さい小さい会社ではあるが、CTO キャンセルトゥオーダーならぬ最高技術責任者と言う、結構大変なポジションになることが決まった

さぁ~て、まさしく占い通り、大きく人生が音をたてて変わっていく
金に困ることはそうはなくなりそうだが、自己を今まで以上に磨いていける環境にはまっこと嬉しい限りじゃ

少なくとも、年収の倍以上の利益を齎さんとな

愛する者たちへと
信頼して大きな権限を与えてくれる人に日々感謝しながら生きていけるのは、まさしく至高の人生とえるであろう

死ぬまで日々己を研鑽して存在対効果を上げてな




  1. 2009/01/28(水) 21:07:27|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

天地人 直江 兼続 



古くからのわしの友人は、わしが左手に「」の字をあしらった指輪をしておったのを記憶しておると思う

それこそが、今年のNHK大河ドラマの主人公である「直江山城守兼続」に肖ってのものやったのであった

実はわし、今の会社にお世話になってから、自分のビジネス上のモデルにこの「直江兼続」を筆頭にしておったのじゃな

歴史の読み物が大好きなわしは、家にもこう言った関係の本がめっちゃあるが、今の会社の社長がかなり「コミュニケーション力に問題アリ」やよって、寡黙な主君上杉景勝に仕えた直江山城守のイメージが被ったのであろうなぁ

それと、今ではかなり有名になった直江山城守の兜の「愛」の文字
「愛」に生き、「義」を貫いた苛烈な生き様と称されるのは、まさにわしの理想であるよってな

テレビは極力見ないわしじゃったが、今年の日曜8時からはNHKの大河ドラマは見たいと思っておるな

あんまり占いとか気にしないわしじゃが、それでも結構当たるので、気になりだして読んでおった本によれば、今年はまさにわしのやってきたここ数年の集大成にあたって飛躍の年になるそうな

蓄積してきたものが大きければ大きく飛び、まぁまぁであっても理想への第一歩とあったのだが、まさか「あんな話」が浮上しようとは・・・・・・・・・・・・・・・・・(▼□▼;;


ちょっとビックリすることがあった先々週のことであったが、それはまた別の記事にしたい

それにしても・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
奥にははやく元気になって欲しい・・・・・っちゅうんやな (▼ε▼)

  1. 2009/01/28(水) 11:50:16|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

野次馬  



そんな奥が体調悪悪の月曜日の夜

割と急いで帰ってはきたが、それでも軽く遅めの時間帯になってもうたので、奥はもちろん坊も寝ていた

なんのこっちゃ (▼Д▼)

それならもっと業務を詰めておけば良かったなぁやが、仕方なしに持って帰った資料を基に家で出来うる業務をチェックし始めたところ、急に消防車のサイレンがあっちこっちから、結構な台数で聞こえてくる

それもよりによって、下に止まる雰囲気が

わしのマンションが火事やったら、それこそ急いで奥とか坊を起こして逃げないとあかんよって、玄関から外に出て下を覗いてみると、どうやら隣の棟で火事か小火があった様子

な~んや、と部屋に戻って仕事の続きをやっておったところに奥が何とか起きてきて、消防車についての話になったよって、

どうやら隣の棟が火事やで

と伝えると、具合がメッチャ悪かったにもかかわらずベランダに出て隣を一生懸命見ておる

寝ろって、具合悪いんやから (▼曲▼♯)

奥が起きてくる直前なんぞ、あまりにも野次馬が多かったらしく、警察の交通整理までやっておったしなぁ


暇やなぁ~ (▼m▼)プップッ

下が火事やなかったら、忙しいよって関係ねぇや、だ

子供のときに、斜め前の家が火事でぼうぼう燃えていた時は(注:人食い犬との戦いで火事になった件とは別件)、あまりにも近いよって見ていたが、それ以外はなぁ・・・・

そう言えば、周りで火事、めっちゃ多い人生や

それもまた「燃えて」好しってことかの?
何はともあれ、奥には早く良くなって欲しいものやな (▼人▼)
  1. 2009/01/28(水) 11:40:29|
  2. ちょっぴり怖めの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運命よ、そう来たか・・・(インフルエンザA型)



ブログアップも結構大変な時期に差し掛かってきた昨今

わしが起きる時刻辺りはまだまだ寒さが身に凍みるくらいyが、日中はだいぶ暖かくなってきた

業務もいよいよ過渡期になってきた感が強いが、週末のファミリー関係のイベントなどで元気とかパワー充電するわしは気迫で日々の業務をこなしておったが・・・・・

月曜の夜、奥(現:3号)から仕事中に電話が入り、

「なんかやばい感じがして仕事を昼で早退してきたよ。」

と仰天する内容が

「このまま寝てれば治ると思うんだけど」

の声も、消え入りそうなので大丈夫かよと訝っていたわしに、追い討ちの言葉が

「職場でインフルエンザにかかった人が二人出てね・・・・」

おいおい、大丈夫かよ (▼д▼メ)

と思う間もなく、昨日も結局休んだ奥の体温は、体温計によれば8度5分・・・・・
病院に行ったら、どんぴしゃの「インフルエンザA型です」やそうや

よりによってこの時期にか・・・・

昨日も深夜まで大分悩みに悩んだが、

結局今日は事情を説明してお休みにしてもらった

仕事の打ち合わせもあったので統括部長に電話をしたのだが、

「大丈夫? 善太郎くんは絶対ぜったいかかってはあかんよ」

じゃと

まぁわしが今やっておる業務内容が統括部長がギブアップした例の物件の処理だけに、そりゃ心配じゃろうが・・・・・

そんなもん、わかるか (▼曲▼♯)

かかったらかかったで、休んで治ってから徹夜が続いても期日までに仕上げるだけや

ホンマに、人生って面白いもんやねぇ

至難に打ち勝っていけるよってね  (>ω▼)ゞ```

しかし、奥には早く良くなって欲しいものやなぁ  (▼人▼)
  1. 2009/01/28(水) 11:19:41|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人形劇と今年最後の「新年会」



今週は(わしは月曜日から始まるタイムスケジューリングをしておるのでな)、殆どと言うか、すべて起きている坊に会うことは叶わなかった

まぁ毎年のことながら今年は特に業務が過酷であった為、恐らく今週も来週も、できれば壱日くらいは起きておる時間に帰って、せめて一緒に風呂ぐらいは入りたいと思っているのだが、どうやろう?

まっ、目の前の課題を片付けて考えるとしようかの

と言うわけで、一層週末が「ファミリーディ」と化しておるわしの日常やが、今日は生れて初めて「人形劇」なるものを見てきた

坊が通っておる保育園にもパンフみたいなものが来たらしいが、割と近所の劇場にて人形劇がやるからという案内じゃったが、値段を見てびっくり
一人2600円
映画見たいと言う感覚になるな、実際

人形劇を見たことがないよって、それほど興味も覚えず、記憶の隅に追いやっておいたのだが、奥の職場の知り合いがなんと招待券をくれるからと言うことで、急きょ予定を変更し、齢40を過ぎた今になって初めての「人形劇」を見に行ってきた

感想は・・・・・

やっぱり映画もええが、ライブと言うか、そう言ったもので生に勝るものはないってもんじゃったなぁ
久々に感動した

今後一年のスケジュールに「人形劇」も入れるとしよう・・・・
と思えるほどのもんじゃったからな

そして、1月も終わりの今週
これも割と近所におる親戚ファミリーと「新年会」という名目の「飲み会?」をやってきた

12月も「クリスマス会」なるものを一緒に楽しんだばかりじゃったが、久々にええ時間じゃったよ、これも

場所は親戚ファミリーの近所の、坊の友達のお誕生日会をやった店
ちょっとうるさかったから、ゆったりとはいかなかったが、いいエネルギーを充電したよって、明日からの業務も頑張れるってもんじゃね

好い週末が良い業務を助ける
そんな壱日じゃったな
  1. 2009/01/25(日) 22:34:21|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

運命と言う名のバランス



先週の日曜日、
神父である養父と実母のところに新年の挨拶に行ったとこの前に書いた

とても心が洗われるような気がして、これからは

やっぱり人間、真面目に生きていかんとあかんな

と思っておった

そんな年初めと言うのは若干日が経っておるが、友人関係に電話とかメールを送り、近況を年賀状ではわからない部分まで大笑いしながら、激務の合間を縫って連絡をしたりしておった

火曜日、割と近所に住んでおる人相はまさしく「極道」なみのT社長とかに電話をかけたりしたのだが、携帯に出ない


あぁ~ T社長とかもやっぱ忙しいんやなぁ

と思ったのだが、そう言えば、似たような部類(ヤクザ (▼▼メ)?)のここ数か月会っていない静岡の例の○水一家のM野親分はどうしたかなぁ?と思って連絡を取ってみた  

すると、

「えっ? なになに! どっかで見た?」

と謎の質問が

そう、M野親分の実家はわしが前に住んでおったところに非常に近く、ご母堂が癌で入院してやばかったらしく、名古屋に来ておると言うではないか

電話でと言うことは、じゃぁ今から会おうってことだよね。どこ行こう、どこに何時に行けばいい

・・・・・・・・・・・・・・・

わしはその日、奥に今から帰ると言ったばっかしじゃったので、

親分、明日や。明日会おう」 (▼д▼メ)

といつものように強引にどうしても今日と言うM野親分を説き伏せ、翌日会う約束をしました

次の日、そう言った時に限って業務がいつもより激しかったりするのだが、約束は約束や
後のことは若いものたちに頼んで、待ち合わせの時間に間に合うよう帰宅して、わしと奥が大のお気に入りの港区の年若の友人がやっておるバーに一緒に行ってきた

今回は若いもんは誰もおらんかったので、久しぶりに昔話から近況まで、いろんな話をゆったりできたなぁ

    (▼З▼)    (▼∀▼)

中でも特に面白かったのは、○ッスルの○川と、柔道金メダリストの○賀とのトラブル話

「どんだけやるんやと思って暫く睨み合ったら、『勘弁して下さい』と言って詫び入れてきたよって、飲みに連れていったよ」

なんてのを聞いた時は、他のお客様に大いにご迷惑をおかけいたしておりますくらい大笑いしたよってなぁ
でもまぁそれを聞いて、小○とか古○がホンマに強いんじゃなぁと返って思ったがな
格闘技の本質はずばり●しだと言う説があるが、M野親分の多くの輩を○途の川を渡しまくった人しか出せないオーラを察知したと言うことじゃけんな

その後もしのぎの苦労話とか、○水一家の大親分付きの昨今の、親分との面白い話など、大変ためになる話を小一時間を軽く突破するほど聞かせてもらった

M野親分
知り合ってもうかれこれ15年くらい経つが、ホンマにエエ漢やな
何がええって、今回話をしていて自己の心に問うてみたが、道を極めようとする漢としてでもなく、ただ漢として単純に漢として一本ビシッと柱が通っておるところや

それと、今では抱える若い者が大勢おるにも関わらず、漢としても現役バリバリの強さってものを持っておるとことかな

わしが一番嫌いなのは、ずばり「虎の威を駆るキツネ」風 (▼へ▼)フンッ

わしにとって、『や○ざと道を極めようとする漢との違い』は、ずばりそこやな

だからこそ、自己を鍛練にせよ、勉強にせよ磨くことを大事にしておるの日々なのだが、「ガチで殴りあっても、今だったら負けるかな」と言うM野親分の、男としての生の肉体的な強さってものもヒシヒシと感じるからなぁ
お別れに毎度の握手を交わすのだが、わしの握力が負けそうなくらいやったわい
さすが五代目のボディーガードでもあったわけや

一見するとただのおっさん風にしか見えないところが、これまたM野親分の魅力ってものだろがね。

今更わしができることなんぞそうはないだろうが、「こいつの為やったら、一肌も二肌でも脱ぎたいものや」と思えるところが長年のお付き合いの所以であろう

これからも陰ながらの応援と、エエお付き合いをしていくやなぁ
こいつには負けん」ってもんが、漢にはいるだろうからな


先週の日曜の神父の養父と実母の影響で、「善人モード全開」だったのだが、M野親分のお陰で、久しぶりに悪魔のような自分を取り戻せたよ (≧∇≦)ブァッハハ!

何事もバランスじゃね

まっこと、まっことエエ夜じゃった  (>ω▼)ゞ```

  1. 2009/01/18(日) 12:58:08|
  2. 摩訶不思議な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原因と結果の法則



年明けての業務、今日で実に2週目に突入したばかりだが、気持ち的には結構経ったような気がするな

今日も一応世間様では休日らしいが、わしにとってはなぁ・・・・
と言うか、成人式であったか

まぁいろいろあろう (▼З▼)

そんな中、昨日は今年は正月明けてからの休みが短かったので、いろんな用事がてんこ盛りに溜っておるよって、そのひとつである 『わしの両親宅に新年の挨拶』をしてきた

と言うか、新年の挨拶を親にしたと言う記憶がない

わしがむかしむかし、ちょころびっとやんちゃであった頃、遠い窮屈な場所に旅行に行く羽目に陥ったあたりから、急速に親子の縁が疎遠になっていった記憶がある

旅行から出てきてからも出迎えにも来てくれなかった親に逆切れしていて、暫く音信不通であったし、今の3人目の坊が産まれた時も、

どこからか産まれたのを聞きつけ、「お祝いを贈りたいから住所を教えて」と言うメールに、

わしのことは死んだと思って忘れてくだされ

と返したものやよって、こっぽどく怒られるなんてこともあったくらいじゃったからな

数年前に坊を連れて家にお邪魔した際、てっきり知っておると思っていた『』が食事中にうっかり袖から丸見えになっており、急速に場の空気が凍りつき、それ以来逆に親の方からもまったくもって連絡がない時期もあったからなぁ

そんなこと全然気にしないわしであったがね

そんな不思議な親子関係であったわしであったが、奥(現:3号)のお陰で、180度変わるくらいに人生が激変してきた

それは、以前このブログにて書いたか?だが、わしの伯父がなんと奥の職場関係の病院に入院しており、それをファミリーでお見舞いに行った後も、奥がちょくちょく伯父のことを気にかけて覘いてくれたことが始まりであった

明るく社交的である奥のことを伯父が大層気に入って

あんな好い娘が嫁とは、善太郎も少しは人間らしくなったに違いない

と勝手に良い想像をしてくれ、それが母(実母)の耳に入ったらしく、またメールとかの連絡が入るようになった

と言うわけであった

ちなみに、わしの奥 旧1号から現3号まで皆すべて素晴らしい絵が体に入っており、特に1号なんぞ和柄だったから勘違いも甚だしいがね

それでも好意を持ってくれたなら、ちゃんと返さんとねのポリシーなので、普通にお話をするにあたり、格好もむかしの片鱗が見えなくなってきた昨今なのと、仕事的にも割と納得してもらえる役職がついておる名刺を渡したので、余計に安心したらしかった・・・・・・

正月休みまっただ中、母からメールが入り、「正月休みはこれますか」とあったので、姫路におったわしは、「翌週の日曜日ならいけると思われます」と返し、昨日の会食へと相成った


その昨日の会食は、今でも小さな感動を覚えている

思い返せば20年くらい前、ちょっとやんちゃ系の会社にお世話になっておった辺りから、両親とまともに話をしたこともなかったのだが、昨日は物凄く良い話ができた

と言うか、わしがあっちこっちからやたら「勉強家ですね」と言われるルーツを見たような気がしたねぇ
とっくに60歳を超えておる母(実母)だが、その歳でIT関係も好きで、とかく新しいもの好きでと言った性格が奥曰く

そっくり!!! あなたの性格ってお母さんがベースなのね

と言われるくらい、例えば毎朝6時に起きて堤防道路をウォーキングしていると言ったこととか、MP3プレイヤーで聖書を毎日聞き、それをノートに書き写していると言った事をを聞いて驚いておった

と言うか、正直わしがビックリした (▼□▼;;

おまけにここ数年の海外の教会関係の旅行の写真も、

わしにではなく何故か奥に見せながら、二人で盛り上がっておったところとかな

コロンビアに行った時の写真とか、メキシコ、フィリピン、アメリカ・・・・・・・

養父が「お母さんには敵わないよ」などと冗談めかして言っていたが、横で聞いていてこっちが驚いたわ

幼少のころ、母は死んだと聞かされていたが、わしが小学二年生の時に再会し、母子家庭で生活していく中で、短気でちょっとばかしバイオレンスな女ってイメージがあったのに・・・・・・・
子供のころ、ボコボコに殴られた記憶もしっかりあるよってなぁ

神父である養父と出会って、恐ろしいくらいの変化じゃったなぁ・・・・・

その後、孫である坊と母とオセロとかトランプで遊び出したあたりから、わしの心の奥底に不思議な感情が感じられるようになっていった

坊、わしの子供のころにそっくりな写真があるよって、その坊が母(は実母)とトランプで遊んでいるのを見て、まるで自分が幼少の時に遊んでもらった記憶がラップしてきよったんじゃなぁ


その後、養父と奥、そしてわしも交えて皆で神経衰弱をして遊びましたとさ

正直家族的な愛なんてものに今一つ、心から頷けるようなものは何一つなかったが、
奥と一緒になっていろんな話をしていく中で、互いに影響し合い、奥の家族想いのところが良い結果をわしの心に育んでいったようやなぁ

奥にはホンマ感謝感謝の帰路であった

良いものを蒔けば良いものを刈り取る

すべての基本やな

しかし、ただ単にわしの昔の職業(?)があかんかったわけでなく、反抗期にかなりひどかったよって、30年以上悪い関係だったんじゃねぇ (≧∇≦)ブァッハハ!

これからは良い種を蒔いていこう

そんな気持ちにさせて貰えた壱日であったなぁ (▼人▼)





  1. 2009/01/12(月) 09:34:01|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突然死



毎年11月くらいになると、「喪中はがき」を頂く。

年賀状のやりとりの前になのであろうが、最初は「えっ、そうかぁ・・・・」と思えたりもしたが、自分の年齢があがるにつれ、わりと普通に毎年来るようになってきた

そう、年賀状で毎年誰それから「産まれました」年賀状があるように、これも人の世の理よなぁ~と思ってきた四十路の半ば
ちょっと驚くべき「喪中はがき」が昨年届いておった


それは、いつものように朝5時起きで軽く朝の鍛練を終えた後、

なぜか珍しく自分の勉強部屋の机にて朝食を取っておった時のことじゃった

仕事から頭が切り離せず、なかなか年賀状の作成に手間取っていた時期じゃったと記憶しておるが、

ふと 机の片隅を見ると、奥(現:3号)がHD(ハーレーダビッドソン)を譲って頂いた、大阪の八尾市に住む方からの「喪中はがき」が目に入ってきた

譲っていただいた人は当然の如く女性で、その当時は結婚こそしていなかったが、彼氏(?)の家に彼氏のご母堂と一緒に住んでおり、HDを取りに行った時に楽しく食事とかをしながらお話したもんじゃった

実はヤフオクにて奥のHDを落札してからその人と知り合い、取りに行く際の詳細をメールでやり取りしておるうちに、普通にメールとかでも時折やり取りをする仲になっておった

結婚、つまり籍は入れていないと、当時の・・・・わしんとこは今もだが、同じ考えと言うものに共感して仲良くなっていったと記憶しておったが、一昨年、「結婚しました」はがきが来て、メールにて「ようやく踏ん切りがつきましたよ。善太郎さんも彼女と早く籍を入れたら」と大きなお世話メールまで頂いたりもしておった・・・・・

大阪には毎年ちょくちょく行っても、「八尾市」と位置関係が微妙な処に住んでおったので、HDを取りに行ってから会ってはいないが、それでも年賀状とかたまーに送るメールにて親交を温めておった

その結婚して姓が変わり、Sさんから「喪中はがき」が届いておったので、

勝手な思い込みで、「あぁご母堂さんが亡くなったのだなぁ」としておったのだが、



朝食中そのふと目に入った「喪中はがき」の差出人の名前が旦那さんの名前のみに気がついた

しばらく朝食を噛みながら、「結婚したからと、彼、いや旦那さんのご母堂だから、旦那さんの名前でなのかな?」と思い、文面を読みだして驚いたあまり朝食が喉にひっかかるところじゃった

なんと、亡くなっておったのはその奥にHDを譲っていただいたSさん

妻Kが昨年、40歳にて・・・・・

の下りを何度も読み返したが、文面が変わることはなかった



2年前も、「とある役所」に勤めておった同じ年の友人が、子どもが朝、起こしに行ったら死んでいたと言う突然死があったが、それを思わず思い出してもうた


そうか、亡くなったか

結婚してすぐ亡くなったと言う部分に目を向けると、物凄く悲しい話になってしまうが、結婚しましたメールで、「めっちゃ幸せやね」と言っていたKさん

幸せな中逝けるのは、残された者は悲しい限りじゃが、その人だけを考えると、それはそれで幸せじゃったんだろうなぁと勝手に推測して納得したものじゃった

誰しも自分が主人公の人生と言う小説を書いておるようなものや

こうして段々登場人物が減っていくのは真に悲しいことではあるが、これも人の理でもある

今はkさんのご冥福を祈るばかりじゃ

明日の事は誰も分らん

だからこそ誰しも必ずやってくるその時を迎えるにあたり、後悔せぬよう今を一生懸命生きるだけやな

死ぬまで全力投球じゃ


遺品となったkさんから譲っていただいたHD
しばらく育児で乗れていなかった奥が去年オーバーホールに出して復活したもの、何かしらの「縁」を感じるな
奥とずっと乗っていきますよ
ずっとな

合掌


  1. 2009/01/11(日) 11:26:43|
  2. 悲しかった話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPod 革命



死ぬかもしれんな・・・・・・

さて、いよいよわしの冬恒例となった「1日14hOVER業務期」の幕開けとなってきた感が強い

今日は大須のファイトクラブやよって、せめてスパーリングだけでも行けるか・・・と思ったが、案の定それが甘い考えやったなぁ~と、7時を回ったあたりから思い知らされたわい

とは言え、今年は結構まである程度「多忙期」が拡散された感じもするよって、いつもよりは多く練習に行けるとは思う

しかし、40も半ばまでくると、自己の趣味だけにと言うわけにはいかず、通常業務以外の社内業務も押してきた感があるな

5月の昇給時期に向け、社長と「誰それはいくらくらい上げて・・・・」とかなぁ

わしもしっかり上げて欲しいものやな、今年は

そんな多方向に向けて意識をむけなあかんよって、ついこの前までは手帳を使いこなすと言う自己のスケジュール管理の柱を持っていたが、

先日お歳暮でいただいた商品券にて購入した iPod touch のお陰で大きく改革がなされてきておる

しっかし、ホンマに凄いな、こう言ったデジタル機器

プライベートも仕事も、グーグル・カレンダーと、「リメンバー・ザ・ミルク」と言うタスク管理サイトにて管理していたのだが、それがすべてiPodで同期可能と言うアプリがあったよって、今では手帳はもっぱらアナログ的な「考えるためのツール」と極まってきて、他の部下の子たちのスケジュール管理とかもiPodで賄えていたりする

まだまだ自分にとって、「これっ」と言うスタイルにはまだ努力がいるが、ホンマに凄いものを買ったよ

今までは単なるMP3プレイヤーみたいなもんとばかり思っていたからな

しかし・・・・・・・

先日一門の忘年会の時に、代貸しが

iPhoneにするかiPodにするか、悩んでおるんですわ

と言っていたので、強く強くiPodをお勧めしたところ、先日遊びに行ってみたら、なんと32GBのものを2個も買っておったではないか・・・・・・

ちなみにわしは8GB

そんなに動画とかも持ち歩くこともないとおもっていたよって、それで十分と思ってだったのだが、後からエエモン買われると、少々立腹するね (▼曲▼♯)

また追々、こんな使い方があるぞと書こうかなぁと思っておる

革命だな、こりゃ
  1. 2009/01/10(土) 01:18:35|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月休み最終日は「地獄のバーゲンと人の縁の妙味 そして寿司」で決まり



ありゃ? 写真でか過ぎたか・・・・・
まぁええな

さて、日曜日

この前の記事をアップしてから娘を迎えに行ったのだが、会うとちょっと太った娘にびっくり

と言うか、まぁ娘の正月の生活パターンも大体把握しておるので、また食べ過ぎたなと笑いながら、髪型が可笑しかったから、

金太郎みたいやな

と言ったあたりから、娘のテンションが猛烈に下がっていった 

まっ、13歳と年頃だから、そう言った一言にもすぐムカついたりするんだろうなぁ~なんて怒りの表情を見せる娘を放置して、一門の代貸しが大須に戻ってきて刺青を彫っているよって、娘を連れて行きました

娘が代貸しと会うのはホンマに久し振りやよって、たまには一緒に写真でも撮るか?と聞いてみたが、さっきの一言「金太郎」がかなり効いているらしく激しい拒絶

その後、やっと今日会うための娘本来の目的であった、例の「近鉄パッセ」にてバーゲンがやっておるらしく、それを買いに行くのに同行と、またしても苦行僧並みの試練が待っておった
地獄とはこんな感じなんだろうなぁ~と、押し合う女の子たちを見ながら呟いたもんやった
まさに戦場 (▼д▼メ)

正月バーゲンなので、正月恒例の福袋とかを取りあう女の子たちを分けようと、各テナントからも店員の怒声が聞こえてくる
正月休み、最後の最後までハードやったな

しっかし、あまりの「おんなおんなの人混み」に段々腹が立ってきて、ぶつかってくるような奴にはあえて避けずに吹っ飛ばしてあげたり、うだうだ煩い小娘には唾をかけてあげたりもしました

お陰で最初の「金太郎」から怒りモードだった娘の堪忍袋の緒がブチ切れてしまい、えらい怒られる羽目に陥るとは・・・・・・

!(* ̄∇ ̄)-○))~~~~~~Ю ☆)゚o゚)/


その後気を取り直してと、娘の機嫌を取るべく向かった先が、結局自分が一番好きな本屋

高島屋の11Fの本屋はめっちゃ広くて品ぞろえも多く、お気に入りの場所なのだが、そこで娘と一旦別行動に入り、それぞれの好きな本を見に行ったところ、本の検索機の前で思わぬ人に会おうとは・・・・・

ちょうど数日前、ある人とそののことを話していただけに、物凄く驚いた w( ▼o▼ )wオオォォ

前にも書いたかだが、大須・栄・名駅を歩くと大体知り合いに1度は会うのだが、これはホンマに想定外だったな

近況とかを聞き、そしてちょころびっと話込んでいたいたら、娘からメールとか電話の嵐

慌てて娘のところに行くと、

「えらい遅かったけど、何かあったの?」

と言う質問に

「ちょっと知り合いの人に会ったものでね」

と答えた途端、娘の口から出た言葉にも驚いた

「女の人でしょ! だってパパ、男の人だったら大抵『連れ』とか言うからね」


女ってのは、こんな中学生の時期からもうかなり鋭いんじゃなぁ (▼□▼;;

まっその辺は上手く誤魔化し、これまた娘のリクエストであるいつもの寿司食べ放題の安々タロウキに向かったのでありました

店に行くと、わしとしてはかなり久しぶりの待ち時間なしで入店

でカウンターに歩いて行くと、大将を筆頭に皆さんで新年の挨拶をしていただいたので、これも娘にはかなり奇異に映ったらしい

「何で皆パパに挨拶するの?」

「パパは坊主だから、お坊さんと間違えてだよ」

といい加減な返事を返しておいたが、他のお客さんもいるよって毎度毎度の事とは言えちょっと恥ずかしいことであるね、これは

正月は奥の実家で旨いものを食べ過ぎた感があったよって、今日からは節制と思っていた矢先の寿司

まっ減量は明日からにしようと、久しぶりの娘との食事を楽しんで、最後の正月休みの一日を満喫したもんじゃった

体は胃も含めてかなり限界まで引っ張った感が強い正月休みではあったが、心はこれから暫く続く試練も余裕で乗り切るくらいのエネルギーをチャージしたよ

ハードながらも心癒される正月休みはこうして幕を閉じたのであった・・・・・



しっかし、正月休みほとんど運動をしなかったよって、昨日行った練習後、スパーだけなのに頭痛がしてきよった

まっそんなこともあるわな (≧∇≦)ブァッハハ

エエ正月休みやったよ(>ω▼)ゞ```





  1. 2009/01/06(火) 22:54:57|
  2. 美味しい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無事帰宅



昨夜遅くに、大渋滞の車の海をかき分けて家に帰ってきた(▼д▼メ)

行きは31日の大晦日の帰省とあって、高速道路も割とすいていたよって3時間くらいで名古屋→姫路を移動したのだが、帰り道は・・・・・・

まぁ殆どの人がそうであろうと予想されるが、明日の5日から仕事って人が多いよって、間違いなく昨日の3日中に家に帰り、今日4日をのんびり過ごして・・・と言うパターンであろう

よって大渋滞が今年も予想されたが、ドンピシャの途轍もない大渋滞であった (▼Д▼)あうぅ

姫路の奥の実家を11時に出て、西宮にござる奥のお祖母さんを訪ねたのが12時半

盆休みとかgwとかも無かった山陽道にてすでに渋滞って奴にはまったせいだが、そこからおよそ200km
西宮からだから、余裕を見て3時間から4時間であろうと想定し、4時に出たのはいいが・・・・・
帰ったのは10時過ぎ

実に総計7時間半以上と言う所要時間であったな、今年は

まぁまだわしの家はましな方で、奥の従兄弟なんぞ神奈川県からだから、恐らく・・・・・・日付は間違いなく変わっておったろうに・・・・・

それでも皆、お祖母さんに会いに遠いところをわざわざやって来る辺りが、ファミリー愛を強く感じるねぇ

わしも義父さんから

遠いところを大変だったな

と昔言われておったが、

奥(現:3号)と坊の笑顔をお届けするのがわしの務めですからね

と笑顔で答えたもんじゃった

そこら辺から義父さんのわしに対する態度が、眼に見えないくらいの小さい部分であったが、変わってきたように思う

わしもかって、最愛のお祖母さんに会いに毎年従兄弟連中が勢揃いしたものじゃったから、奥の「おばあちゃんに会いたい」と言う気持ちはわかるからな

しかし・・・・・・

問題なのが、この坊にとっては曾御祖母ちゃんに会いに行く時の格好

まだお盆ではないのが大分救いだが(夏は絵が飛び出ないか心配で、リアクションが小さくなるそうな)、
以前奥の従兄弟の結婚式に、うっかり間違ってマオカラーのスーツで出席したものやよって、同じテーブルの母方の従兄弟たちが最初誰も口を開かなかった・・・・・と言う事件があったからなぁ

と言うことで、今回はユニクロに行ってちょっとダサメのシャツを買い、それを着て行きました

スキンヘッドと、時折放つ目線もこれでしっかりカバー・・・・・、されたと思う (▼ー▼)ニヤッ

まぁ今回の帰省は、大晦日に奥と帰省すると必ずよるバーにまた二人で行ったり、ファミリーで神戸にぶらっと遊びに行ったりと大変楽しい時間もてんこ盛りじゃったしな
(神戸で坊の玩具を買う・買わないで奥と壮絶な喧嘩になってまったがな (*x_x) 気絶

わしの中心軸はただひとつ

すべてのアクションは、愛するものの為にじゃ (▼∀▼)ニヤッ

その為やったら、7時間半が10時間でも15時間でも突っ走って行く覚悟じゃ

しかし・・・・・・・

感覚的な疲労はまったくなかったが、家に帰って風呂に入り鏡を見ると、眼の下に隈が

まぁいろいろあろう (≧∇≦)ブァッハハ!

さて、今日は今から娘とのデート

休みの方が「多忙度」が大きいのはなぜかのう

まっ、エエ正月休みやったな (>ω▼)ゞ```



  1. 2009/01/04(日) 13:03:25|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎年最後の最後の忘年会



日はたってしまったが、30日に毎年恒例の、「一門関係者による忘年会」があった

正月休みに入ってからの忘年会なんて他には滅多にないよって、これが最後と言えるのだが、今年は何かいつも以上にしっくり楽しい時間やったな

関東方面に行っておる兄弟二人も帰省し、参加してくれたあたりなんぞな

「人は人によりて人となる」

はわしの最も好きな言葉のひとつであるが、『兄弟』とまで呼べる仲間との時間は何にも変えれない至高の時間であった

わしが漢を磨こうと言うのも、この仲間がおるってのも結構入っておるよってな

今年は代貸しの結婚式が6月にある(予定)ので、それもめっちゃ楽しみやしな

わしの宝物のひとつや

ゴールなんてないが、生涯好き仲間と笑顔をともにしていきたいものやねぇ

これもた常套句となってしまった台詞じゃが、

まっことええ時間であったよ

今年は、更なる上を目指していきまっせやな(>ω▼)ゞ```



今関東で活躍しておる代貸しの動画や

時間があったらみてやってや
  1. 2009/01/01(木) 16:44:18|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

謹賀新年



明けましておめでとうさん(▼∀▼)ノ彡☆

2008年最後の最後の忘年会を30日にやった後、昨日の大晦日に例年通り、奥(現:3号)の実家である姫路に帰省となっておる

昨日はこれまた例年通りの年越しそばと歓迎のご馳走

そして今朝も、去年同様近所の護国神社にてお参りした後、姫路城にファミリー総出でぶらっと散歩

ハッピーな時間を満喫しておるよ(▼ー▼)

ただ・・・・・・・・

さっきブログとかネットをやりにぶらっと毎回帰省時に立ち寄る近所のネットカフェに来たのだが、どうも体が熱っぽい(▼д▼メ)

思い返せば、正月休み早々に奥が風邪でダウンしておったのを看病しながら一緒に寝ておったし、

30日の毎年最後の最後に行われる、一門関係の忘年会でずっと風邪で熱がある兄弟の横におったからしっかり保菌者であろうしなぁ

昨夜からの無茶なスケジュールで、ちょころびっと体調不良に陥ったらしい

まぁ・・・・ いろいろあるわな(≧∇≦)ブァッハハ!

今年はNBJC 早川代表ならぬわしも一丁多々に渡り勝負をかけようと思っておるよって、気合入れて行きますかや


ええ正月やね(>ω▼)ゞ```
  1. 2009/01/01(木) 16:20:25|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。