王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

報恩 (諸葛 善太郎 つづき)



脱走した

月曜日から業務時間が一日14時間をオーバーしておったよって、半分切れ気味だったが、今日は何故か午前中1件、昼から1件のみの予定の為、さっき用事を済ませ脱走してきた

まぁ時には息つかんとな

わしの文の悪い癖で、つづきものを書くときに最後まで読まないと「何でこのタイトルなの」というのがあるが、今回もその辺の流れはあまり変わっておらんと思う

リンクしてある杉江アマゾン大輔くんのブログを拝見させてもらうと、アライブ鈴木社長への愛(変な意味とちゃうよな?)を感じるが、わしの社長との話もすべて書けばえらい長い話になるよって、なるべく「諸葛」の苗字の意味まで今日でたどり着きたいが、あかんかったら続きということで、ひとつよろしく頼む感がたっぷりや


さて、面接の時にまで話が遡るのだが、髪の毛も生やし、出来うる限り真面目一発の格好で挑んだ今の会社の面接

大きな会社と違い年間10億程度の会社なので、面接も社長本人との話だったのだが、今でも記憶に鮮明に残っている会話の流れやった

一通り話しが進む中、社長の変わった質問が出てきた

「将来って、独立とかする気なの?」

わしとしてはか○ぎの世界と言うか普通の世界に戻れるかどうかの瀬戸際だったので、そんな事を考える余裕もなかったが、その当時思っていたことを素直に話しました

「いえ、自分は『学ぶ』と言う事が好きなので、自分が学んだ知識とかを活かして、禄を育めればと思っているだけです」

とな

何故にその様な質問がと、逆にこちらから問いかけてみると

「ん~~~~、何か人に使われるってイメージがしないんだよねぇ。自分でやるって言うイメージが物凄くするんだけど」

まぁ良いイメージってのがあったんやな、うん

この辺の会話をするうちに、「やったぁ~、これでわしも一般人や」と内心大喜びで小躍りするくらいじゃったが、そこはほれっ!
今まで嫌でも潜った修羅場の数々のお陰でポーカーフェイスを押し通し、見事確定となったのでありました

面接の相手が社長なので、そのまま給料とかの話がすんなり決まり、14年前の11月2日
今の会社にお世話になることになったのであった

今思い起こせば恥ずかしい会話の限りで、
わしの業務はとある資格がいるのだが、最初は2級から始める資格を来年取ってねと言われた時に、
「必ず受かります。落ちたらクビで結構です」

と思わず口から言葉が先走っておった
試験は水物だから、そんな事を言わなくて良いよと言う社長に向かい

「やるからにはこの世界で一流を目指します。2級で落ちるようなら先がないと思いますので、落ちたら自分からやめます。しかし、必ず受かりますからご安心下さい」
そこから時には「あぁ~難しいよって、駄目か・・・・」と思える試験もあったが、以来6個かな?の一応国家資格すべてを合格していくことになった

一級の試験合格発表日なんぞは、わざわざ社長が現場までやってきて、『星 明子』のように電柱の陰で待っておったと言う、ちょっと気味が悪いこともあったよってなぁ

まぁ簡単な試験ばかりなので、養父のように行政書士とかのレベルには到底いかへんがね

しかし、思わぬ伏兵が最初の給料日にやってきた

これも恥ずかしい話やが、給料の話を決めておる時に、確か手取りでいくら貰ってますと言う話をした後に、「じゃそれくらい出すね」と言ってくれた金額が何と総支給額だったので、そこから税金等を引かれると、ちょっと娘も出来ておったよって、生活が・・・・と言う状態じゃった

給料袋を持って社長室にそのまま直行し、

「すいません、縁があり末永く可愛がって頂くつもりでしたが、給料面でちょっと意思の疎通が上手くいっていなかったようですので、今日で辞めさせて頂きます」
と直訴したのであった

当惑した社長だったが、

「だったらいくら欲しいんですか?」
と質問をしてくれたので、

「ブラフとかを使うつもりはまったくありませんので、最初にお話した金額が手取りなら、何とか生活していけると思われます」
と伝え、家計の詳細をお伝えした

わしの会社は5月が決算月なので、昇給も5月の給料日からなのだが、そこで望む金額に昇給してくれることになった

がしかし、それまでの半年間をどうすればええんじゃ?

と言う内心の疑問に対しての社長の配慮が、今のところわしの関連する役所関係で絶賛を受ける「○○株式会社 善太郎部長」と言う作品を作る第一歩だったと思う


ちょっとの間がひじょ~に長く感じた社長室でのあの時、来年の5月からは大丈夫とは分かったが、それまで・・・・・・と考えておるわしに社長がゆっくりと口を開き言いました

「これで5月からは大丈夫ですね? では、それまでの半年間はわたしのポケットマネーで差額をお支払いしますから、毎月の月末に社長室に来てください。」

やんちゃ系でも心温まる社長(?)もおるにはおったが、直接この様な心遣いを頂いたことはそれまでなかったよって、ホンマ身震いがするくらい心に感じ入ったものやった

その時、心に強く強く思ったことが、

「必ずこの人を盛り立てて、会社を良くしていこう」

だったなぁ・・・・・・・

それ以降、幾度かヘッドハンティングみたいなものにあったものだが、年収600万の時に700万出すと言って頂いたり、過去最高は白紙で大指一本までなら出すと言って下さった方がおったが、この話をさせて頂き、お断りさせて頂いておる

「以上のような話があり、今のわしがあると今も強く思っております。
わしのようなものにお声をかけて頂けた事は大変光栄ですが、居を愛知県に構え、今の業種を生業(なりわい)とする以上、生涯を今の会社にて全うしたいと思います。」


なんてね

財布が寂しい昨今、「あぁ~、あの時お誘いを快諾していれば・・・・」と思わなくもない
わしも俗物やよってね

だが、恐らくまた同じような機会があったとしても、同じ台詞で終わるような気がする
いや、したいといつも思っている

利のみで動くと言う生き方は、わしの生き方にあらず

あちこちのお偉いさんからお褒めの言葉を頂く度に、「こんなわしを信頼し、任せて頂ける社長のお陰ですので」と言う言葉どおり、14年経った今も、いや今だからこそ

今のわしがあるのは社長のお陰だと、いつも思っている

「何でそんなに勉強したり、管理能力を求めるんですか?」

と先日お付き合いがある会社の若い子(?)から言われたが、わしの知的生産性を上げる事が、すわなち会社の利益となり、それによって恩に報いれると信じておるからや

人は人によりて人となる

多くの好き仲間たちに恵まれておるわしやが、奥(現:3号)と並ぶくらいの人生において大きなターニングポイントとなった出会いは、この社長との出会いに他あるまい

一日15時間以上仕事ぶっ通しと言うこともある季節にそろそろなってきたが、
嫌でやっておる事なんぞひとつもない

わしこそがと思える日々やよってね


しっかし・・・・・結局「諸葛」まではとうとうたどり着けなかったなぁ・・・・ (▼m▼)
スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 11:24:18|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高山BBQツーリング 2008



わしの時間的感覚は、15分を『1ブロック』として動くのだが、月曜日からさっき帰ってきて、大急ぎで坊を風呂にいれるまで、まさにそれでの予定一杯一杯であった (▼д▼メ)

昨日も、朝8時半から喫茶店で関連業者の社長と打ち合わせをし、9時から役所、9時半から役所の駐車場でこれまた違う関連業者の課長と打ち合わせをし、10時15分からこれまたまた違う関連業者の事務所にお邪魔して打ち合わせ、

11時に事務所に戻って、システム関係の打ち合わせ

もう・・・・、あとは割愛じゃ  (▼Д▼)あうぅ
の日程であった

わしの時間的管理を知っておる人たちには、

「今日の打ち合わせは『2ブロック』で頼むね」
と言った具合で話を進めるのだが、まさに戦場の気分 o(▼ ^ ▼ o)




そんな地獄の黙示録状態の業務の中、先週26日の日曜日、

わしが代表を務める単車俱楽部の年一回の一大イベントである、『高山BBQツーリング2008』が行われた

今年で実に17回目、と言うことはつまり17年連続して、秋になると高山まで単車で走ってツーリングをし、飛騨牛での焼肉を食いに行くと言う、まさに至高の時間だったのだが、元々このツーリングは17年前、

当時は高速道路二人乗りなんて言う話もまったくなかった時代だったので、この高山BBQだけは、年に一回それぞれのパートナー、そして先見性があったのであろうかの、子どもたちと一緒に楽しめるイベントとして始めたものだったんや

いくら普段楽しく遊んでおると言っても、それぞれのパートナーの理解と愛情が無ければ、末永く物事をなすことは出来ないであろうと思われたよってね (>ω▼)ゞ

ハーレーブーム及びバイカーブームの時には、多い時で100台を超す単車での大ツーリングと化し、それらを事故なく行って帰えらせると言ったことに神経を使ったこともあった

時折コメントを残してくれる、龍男社長も度々来てくれておったなぁ

今はほとんど身内だけのツーリングとなっておったのだが、今年は一味違った

以前のクラブ母体の時の若い子(?)が、今は自分で三重県で単車俱楽部を起こし、わしのクラブの実質的な若大将のラインもあって、何年かぶりに再会でき、そして一緒に楽しめたことやった

体中に入った「絵」のお陰でと、前職がやっぱり・・・・な元気印の◎龍と言う綽名の若い子(?)たちのお陰で、今年はまっこと心が和み、そして充実した壱日やった

これから一緒に夢を繋いで行けたらエエなぁと、単車がずっと故障中で愛車で後ろから走っておったわしは思ったものでありました

あれからもう3日が経ったとは到底思えないどころか、逆にあっという間に水曜日が終わると言った感のわしやが、今も心に残った壱日やった

ちょころびっと、「暴走族のガキ」のせいで、危うくまた仕出かすところであったが、それはまたの機会に書くとしよう

人は人によりて人となるや

エエ縁は自分を伸ばす、何よりのファクターや

今年もホンマにええ壱日やったよ (▼∀▼)ノ彡☆

040.jpg


  1. 2008/10/29(水) 22:57:43|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

諸葛 善太郎  その壱



わしの経歴とかを見た人とか、見た目と過去のブログに書けないような話を聞いた人が決まって言うセリフ(または思うセリフ)と言うのに、

「なんで昔や○ざだったのに(ちょっと違うけどな)、今小さい会社ながらも部長なの?」

と言うのがある(らしい)
特に「親しくする前の段階止まり」の人とか、「一見さん」はまず必ずと言っていいくらいの確率や


疑いの眼を向けるような人に、わざわざ名刺を渡しても、どうしても胸中の疑惑は拭い切れていない感じがてんこ盛りなのだが、

そこは人の世の不思議な出会いに行き着く

今のわしがあるのは、奥(現:3号)を筆頭にする「奥様連」のお陰や、一門関係者及び兄弟のように親しい友人、果ては親、そして何よりも敬愛する大お婆様のお陰であるが、

『作品としてのわし』
を作った一面はまぎれもなく今の奥(現:3号)であるが、何を隠そうわしの社長との出会いが無かったら、今のわしは絶対になかったと思われる


それは今から20年近く前に話がさかのぼるのだが、「旅行」から出てきたばかりのわしは、友人のM部の叔父さんの会社(?)にてお世話になることになった

まぁ一応系列でこそ、ずばり「や●ざ」ではないものの、従業員(?)は皆一様に体中素晴らしい絵が入っており、社員旅行(?)で行った沖縄でも、かなり異色な軍団であったりした

むか~しあった、矢田川の大花火大会での大乱闘事件はながくなが~く、わしの記憶に残っていくと思われるくらい、皆元気の塊であった
(これは、恐らくもう時効なので、いずれ書きたい大事件じゃったなぁ(笑))

しかし、血はまさしく当時の友人たちからも「サラブレッド」と言われるくらいのものじゃったが、当の本人が神父さんだった養父の影響を色濃く(?)持っていたので、ここらで一発まじめな世界に行かないと、ず~~~~~~~とそっちのままだなぁと思い、一念発起して人生初の就職活動をすることにした

(結局、バイトの手際も良かったので、◎○ぎになっても、ずっと当時の若い衆だった連中と切れなかったり、やっぱり飲んだり遊んだりしても「ちょころびっとやんちゃ系」の方が自然体に馴染んだりしたおったがな)

その人生初の就職活動をするに辺り、わしなりに戦略を立てた

それは、時折コメントしてくれるNBJCの仲間であるケンタとは真逆の、なりたい職業からの選択ではなく、どの業種だったら今の、そしてこれからの自分がトップクラスになる確率が高いか、から選択したことであった

神父である養父は、当時としてはかなり「オタク」っぽい、ポケコンとかでプログラムを自前で組んでと言うことを身近で見て育ったわしは、そっちも格好エエなぁと思いつつ、それに関して専門の教育を受けていないハンディを考え、今のわしの業種を選んだんや

体力がないと出来ないし、何よりこれからこっちの業種に入ろうとする若い子もそうはおらんへんやろうと推測したからなんだが、今になってみると正解だったのかな?と思われる

そうして選んだはええが、普通に職安(今は違う言い方やがな)に行っても、絶対ぜ~ったい無理だと分かっておったので、リクルー○発行の・・・・・なんだったっけ?の本を見て、今の会社を見つけ面接のアポを取ったのでありました


長い、長すぎるからと、明日は早起きなので、 
                                      つづく

  1. 2008/10/26(日) 00:13:23|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

爆睡 善太郎



今お世話になっておるファイト倶楽部が月曜日休みと言う事で、練習等の日程を変えておるのだが、火曜日の足関、そして木曜・土曜と練習に行く日を予定しておる
どんなに時間があったとしても、多分あまり無いが、練習は週3日以上は行かない。その分家での時間を過ごしたいからな

よって、家でのケトルベルとかの鍛錬は、月・水・金曜日の夜行っておる
それとは別に、朝5時起きしてのジョーバ15分と、ゴロゴロエクササイズとか10~15分は毎朝の日課じゃが、ケトルでのEDT法を試した翌木曜日、ちょっと寝坊をしてもうた

5時と言っても厳密に5時ジャストってわけではなく、大体5時5分~10分の間に起きて、それから体組成計で体重とか体脂肪率、筋肉量を測ってから徐にジョーバに乗り、柔術関係のDVDを見ながらゆらゆらと揺られているっちゅうのが朝の日課なのだが、起きたのが何と5時半

時計を見てビックリと言うか、確かに記憶のとお~~~~~くに携帯の朝の目覚ましアラームが鳴っておったなぁ・・・・・、と目が覚めてきた

がだ、起きたことは仕方が無いから、そこから一日を組みなおし、ジョーバのみ行い朝のエクササイズはすっ飛ばしとなって6時になり仕事に出かけたのだが、今思い返せば珍しく寝坊すると言ったあたりに、年齢がでておったのかもなぁ

それでもふつ~に業務をこなし、若い者の打合せ同行&指示とか、現実逃避統括部長のケツをふきまくる業務をこなしたりと、午前中は割りと何も感じず過ごしたのだが、事件はそこから起こった

昼休みは12時からっちゅうのはどこでも大体同じだと思うが、ランチを食べながら朝見た柔術のテクニックDVDの本を読み、(9、10月は杉江アマゾン大輔くんのテクニック本や。参考になるでぇ)、決まって12時30分から1時まで、厳密に言うと12時55分まで昼寝をすると言うのが、わしの昼の日課なのだが・・・・・

激しい睡魔が襲ってきて、12時30分を待たずして、会議室に向かいゴロンと横になったのは好いが・・・・・ (ノ_+)ゴシゴシ

んっ?  (p。-)

と目が覚めて、時計を見るといつもと違う風景と言うか、形が?

12時55分の所にある筈の針が、どうみても1時55分に見える

おかしいなぁ、会議室の時計の電池、換えておくように言わなあかんなぁ~

と思いながら携帯を見ると、今度は数字でバッチリ

「13:55」(▼□▼;;(▼□▼;;(▼□▼;;

と出ておる

ちょっと寝過ごしたならたまにあろうが、まさか1時間も余分に昼寝をしてしまうとは・・・・

参ったワイ (▼*▼)すっぱい 

下の階に降りて、すぐ目に入ったのが以前『アブ』と渾名を付けてあげた若い子だったので、

「何で起さなかったんだね?」

と優しく照れ隠しにキレながら聞いてあげてみたところ

「いえ・・・・・・、部長があまりにも気持ち良さそうに寝ているものですから・・・・」
と、気を使ってくれたという答え

久々にぐっすり寝れてスッキリ・・・・、と言うか何事も率先せなあかん立場でこれはあかんやろう

誰も何も言わないが、大いに恥じ、反省した一日だったな

ハードなトレーニングもほどほどにせんとな

ケトルベル、28kgとか32kgとかもエエが、EDT法をやろうと思ったら、逆に12KGとか軽い物からの方がエエよなぁ~って、子供でも分かる理屈やったな

しっかし、久々に肝を冷やしたよ

でも・・・・・、ホンマ誰か起こせっちゅうや  (▼曲▼♯)

  1. 2008/10/25(土) 10:13:02|
  2. 悲しかった話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ED法 ???



わしの家には色んな鍛錬の道具ある (>ω▼)ゞ

ず~~と以前には、「道具」もあったが、今はさっぱりない
一○もない(▼_▼メ)

代わりにわしの書斎(?)に結構場所をとっておるのが、ダンベル等の鍛錬具

3KGの大ハンマーを買ってきて、玄関においてあるのだが、これを持って夜中ヒョ―ドルを目指してハンマー振りに出かけたところ、堤防道路を歩いていて前からやってきたジョギング軍団がUターンして去って行ってから、あまり使っていない

家に帰ってわしの部屋から堤防道路を見ていたら、普段はまず見たことがない警察のチャリが走っておったからね(▼д▼メ)

最初の小さい旅から帰ってきて、伯父の会社にお世話になった時に、事務所で寝泊りしていた頃、泥棒らしいのがウロウロ石を投げて人がいるかの確認をしていたので、木刀で追廻し、そのまま交番に行ったら何か勘違いされて警官に取り囲まれたりしたよって、気をつけなあかんからな

また屋外のトレーニングは天候等に左右されるので、今はもっぱら家でちょこちょこやったりしておる

ちなみに、以前かなり嵌っておったウエイト・トレーニングは、柔術を始めてからさっぱりまったくやっていない
片手60Kgのダンベル・フライとか、280KGでのデッドリフトとか、とお~い過去の話になってまったなぁ(▼″▼)うーん

夏は家でのウエイト関係も全てお休みするよって、10月に入り、少し涼しくなってきた昨今、家でのトレーニングも再開したのだが、ここ数年もっぱらお気に入りなのは『ケトルベル

NBJCのM浦くんに12KGを借りてやっていたが、あまりにも軽いので20KGのものを2個購入し、それでトレーニングをやっていたが、最近はクリーンもスナッチも大分余裕も余裕で出来るようになってきたので、そろそろ28KGか32KGの購入を検討していたが、

限りある資産の中、来年はいよいよ坊の小学校入学準備に取り掛からないととか、愛車グロちゃんの車検、はたまた結婚式出席等の大量出費で、そんなとこまで回す余裕もないよって、トレーニング法をもうちょっと考えてやってみる事にした(▼∀▼)

これもM浦くんに借りた、「Mike Mahler‘s ケトルベル トレーニングマニュアル」を読みながら、新しい方法を探しておったら、あったあった、

後ろの方に、「ケトルベル・プログラム」と言う章があり、早速試してみることにしたのだが、

そのタイトルがEDT法 (ETでもEDでも無かった・・・・)
何でも「筋力と筋量を向上させるプログラム」だそうだが、言うことなしの結果に何をやったらエエかと読んでいくうちに・・・・

OPTION 1
月曜日と金曜日(上半身の為のワークアウト)

以下の種目は制限時間20分
①ツーハンズ・ケトルベル・パラプレス
②オルタネート・ケトルベル・レネゲート・ローイング

*①を3~5レップス行ったら直ちに②を3~5レップス行い、制限時間の20分が経過するまで①と②を3~5レップスずつ連続して続ける

5分間の休憩
以下の種目は制限時間15分
③オルタネート・ミリタリー・プレス
④ケトルベル・オルターネイト・ローイング

*①を3~5レップス行ったら直ちに②を3~5レップス行い、制限時間の20分が経過するまで①と②を3~5レップスずつ連続して続ける

2分間の休憩
コア種目
⑤ケトルベル・ウィンドミル
2セットx5レップス


・・・・・・・・・オプション2とかは、あと割愛

結局一回のトレーニングで、大体50分程度やらないといけないのだが、さすがにちょっと不安を抱えてやってみた

6月末辺りから10月に入るまで、多少ケトルも家でやっていたとは言え、行き成りハードに出来るかなぁ・・・・

って、出来んかったわ、結局 (ノ_ _)ノ▽

最初の①と②の組合せの20分も、20分どころか5分で息が上がるくらいやったしな

ん~~~~、普通に種目を例えば10~12レップスを3セットとかなら大分普通に出来るようになってきたのに、コンだけハードにセットを組むと片手20kgでも結構キツイもんやなぁ・・・・・

まぁボチボチ時間とかを上げていくことにした

この日は結局20分のところを5分x2セットに変え、15分のところは段々疲労が増してきて5分1セットとなってもうた

しかしまぁ、秋から冬はちょっと家でのハードなトレーニングが出来るからエエよな

秋、一番好きな季節じゃしね

ところが、このハードなトレーニングが、思いもよらぬことを仕出かす羽目になるとは・・・・・(▼□▼;;



  1. 2008/10/24(金) 13:48:53|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

掌(てのひら)



NBJCの先輩にあたる、名○勤務のなるなるくんに、よく名鉄関連の施設の券をもらう

先日もモンパの券をお願いしたところ、坊の友達にもあげれるくらいの枚数を頂いたよって、

「お礼にめしでもご馳走するから、行くか?」
と誘ってみたところ、

「コンパやってください」

ときた・・・・・・(▼Д▼)

なるなるよぉ~
大体自分がもうおっさんど真ん中であろうに、自分よりも年長の、しかも妻帯者にそんな事を頼むなっちゅうんや・・・・

最初はその時の半分冗談みたいなもんと思っていたが、数日後の練習で一緒になった際、

「Sばも誘ってやろうと思うんですよ」
と言う言葉を聞いて、先の「コンパやってください」の意がマジだったことを知ったのやった

とは言え、以前は知らず今は「女の友達」は皆無に等しいよって、また「コンパをやって」と頼めるような女の友達もおらず、途方に暮れておったところ、斜め右下45度ところに、ファイト倶楽部所属の○山ちゃんと言う、小柄な可愛い子がおったので、思わず駄目もとで頼んでみた

すると、

「マジですか? マジだったら、私やりますよ」 
とまさに救世主的なお言葉が

助かったよ

そして、今週火曜日の足関の練習日に、コンパのお礼にと言う事で(来年の1月くらいになりそうらしい)、○山ちゃんとMっちゃん(ダンディーにあらず)を金山まで乗せて行ってあげる時に、コンパの話から、「わしは行かないよ」と言う話になり、何故行かないか?と言った話から、金山に着いても5分くらい車の中で話す羽目になってもうたのでありました

理由は簡単
奥をこの世の誰よりも愛しておるからやな」 (▼ー▼)ニヤッ
のを説明したのだが、

あろうことか、○山ちゃんは「そんな事信じられない」とぬかし出す始末・・・・
(可哀想に・・・・・。よっぽど酷い目にあってきたんやな(笑))

確かにコンパに行ったから、即浮気にとは考えられないが、逆やったら正直死人が出ようが関係ないというくらいまで行くと思うので、
俺は好いが、お前は駄目

と言う思考回路はわしにはないよって、セッティングはするが参加は自粛って方向で頼むよと言うのだが、何故か今ひとつ、信じてもらえない様子

その時に説明させてもらったのが、今回のタイトルや

「確かにわしかて、『こりゃエエ女やナァ~』なんてのに出会ったら、気は漫ろやろな(笑)
だが、わしにとってそんな生き方は自分の矜持を汚す行為でしかないな。
気がついたら彼氏が浮気しておったと言うのは、わしの人生にはない。
確かに奥様が3人目ってのは事実やが、『上手に』ってのが出来たら、こんな生き方はしておらんやろう。
掌(てのひら)は返すものとちゃう。
愛するものを愛で、触れ、その手を繋ぐもんやとおもっちょる


と、正直な胸の内を伝えました

ホンマじゃぞ! (▼曲▼♯)

彼氏がおると言うMっちゃんはいたく共感してもらったが、肝心の○山ちゃんは今ひとつ『感じる』ことができなそうでしたとさ

まぁ・・・・いろいろな感性があろう ρ(▼_▼メ)


心に刻みたるは唯一事
『愛するもの』の笑顔を作り、それを守っていくちゅうことや


それこそが、わしの今のそしてこれからの人生の「大目標」ってやつだからな

生涯唯それを、願わくば最後の最後まで貫いていくっちゅうことやな

エエ出会いも楽しかろうが、それはまだ「心から大事な人」に出遭えておらぬ若い連中に譲ることとしよう

わしにはすでに、誰よりも大切な人がおるよってな (>ω▼)ゞ```

なるなる、Sばくん
好きコンパとなるよう、祈っておるぞ(▼m▼)プップッ

愛情一本ん~?

何本でもいったるで(▼_☆)キラーン
  1. 2008/10/22(水) 23:42:20|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

頑張れ美人ママ (病は気から)



坊の運動会に行った際、坊の仲良しの友達で、奥(現:3号)とも友達である、
前にも書いたか?だが、上戸彩似のお母さんと話をする機会があった

いつもは『殆ど』わしは喋ることもなく、傍で奥とその上戸彩ママとの会話を楽しんで聞いているなんてことなんだが、
坊の写真を撮りに正面に行った時に、後からやってきた上戸彩ママが近くにおって、そのまま色々話をする機会が、記憶が正しければ初めてあったんやな

近況は奥との会話で大体知っていたが(うちはホンマによく話しをするなぁ)、脳(だったか?)に腫瘍が見つかったり、彼氏と別れたり、挙句の果てはヘルニアをやったしまったりしておったそうなので、

今一番大変であろう「ヘルニア」の話から始まったのだが、

そう、今回初めて色々話をさせてもらって感じるのだが、奥から聞いていた通り、会話が進むにつれ「この子、頭がいいなぁ」ってのがヒシヒシと伝わってくる

そもそも人のことをあまり悪く言わない奥だが、「子供同士が友達だから」と言うのもあろうが、坊の入園時から長く親しくさせて貰っておるわけが、この短い時間で大変よく伝わってきたわなぁ


「きっと、『負』のオーラが出ていたから、嫌な事が重なったんですよ」

と笑顔で、そうここが大事やが、そんな色々大変なことが多々あった中、笑顔でさらっと言えるあたりに、この上戸彩ママの将来は大丈夫と確信したな

よき笑顔にはよき将来が待っておる

早く素敵な彼氏を見つけて、ファミリー同士で一緒に食事でも行きたいものやな

病気早く治って、元気になってほしいものや (▼人▼)
  1. 2008/10/22(水) 22:37:38|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書の秋  二ノ宮善太郎 続き



ちょっと前に書いた「読書が趣味」・・・・、違うなぁ、読書がメインってわけでなく、自己のポテンシャルを上げるのが趣味ってことやが、とにかく本を読むのがめっちゃ好きだって書いたが、

そんなわしがよく行く店ってのに、「Bookoff」が含まれる

「ほんっを読むなら、ブックオフ♪」のあれや

近いうちにまた詳しいことを書くと思うが、ここ最近で一番影響を受けた「勝間 和代女史」の本で行くと、

著者に印税が入らない中古は買わず、大体本は新品を買う

と言う主旨から大きく外れてしまうが、年収うん千万円の勝間女史と比べると、どうしても1日1冊を読破していくと、ユーズドってのは選択肢に入るからなぁ

買おうと思っていた本があったりすると、普通の本屋で発見するより数倍嬉しかったりするしな

また「ブックオフ」の中で特にお気に入りのコーナーが、「105円コーナー

今時缶珈琲一本よりも安値で、価値ある知識が学べると思うと、ついつい長居してしまったりする
小市民&庶民化した善太郎の楽しみであるな
(○飛沫が飛ぶってのも昔はかなり刺激的&嬉しかったりしたが、親になってから嗜好が変わったな)

そんな中、昨日買った本がこれ

P1000058.jpg

これはかなりお勧め
何がエエかと言うと、すぐに実践できる事柄満載ってのがエエね
小難しいことは置いておいて、やっぱ「すぐに実践できる」と言うのが、まさしく本を読む意味合いのど真ん中じゃよってな

しかし、この本・・・
どこかで見たなぁ~と思っていたら、お盆に奥(現:3号)の実家に帰った時の、姫路駅の上の大型書店にて携帯のカメラで撮ったものやった

P1000054.jpg

こんな感じで、本屋に行った際(普通の本屋が主やが)、

今日はこれ以上は買えんなぁ」 (▼д▼メ)

と言った時にこうして携帯カメラで撮影し、潜在意識に後は任せるのだが、こうしておくとちゃ~んと自動的に出会って買える、と言う訳よ

エエ出会いは人だけでなく、本もまさにそれやな

しかし、昨日買ったこの本、もうすでに1度読破し、今日はあまりに内容が良いのでまとめをつくっとる最中や

エエ本との出会いは、エエ人生を創るファクターやな(>ω▼)
  1. 2008/10/22(水) 17:31:51|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れておった「公武堂社運をかけたプロテイン」

2008 oct 063
いろいろあったから、すっかり記憶の中からすっ飛んでおったが、

先週の日曜日、夕方森田邸にお邪魔する約束をしてあったのだが、それまでをどう過ごすか奥と協議した結果、名古屋祭りでタダになる施設を遊びに行きたいと言う事じゃった

よって、毎度のことだが、名駅にあるわしの「友達」の事務所に車を止めさせてもらい、大須にある『ランの館』→『名古屋美術館』→『科学館』のコースに向かった

結局は坊のお昼寝タイムとガチ合ってしまい、ランの館のみとなってしまったが、途中久し振りに公武堂に寄ってみると、店頭にプロテインの山が

日本製にしては「3.6kg」のプロテインって珍しいなぁ~と思った矢先、よく見るとプロテインの横に「公武堂」のマークが

ビックリした

社長に聞いてみたところ、『社運をかけたビックプロジェクト』だそうなので、

「今使っているプロテインが無くなったら、すぐに買いに来ますよ」

と約束をして、公武堂を後にした

味もめっちゃ美味しかったので、今年の冬はこれで決まりじゃな

ケトルベル、いよいよ20kgも軽く感じるようになってきたよって、セット数を増やさないとあかんのだが、次は28kgか32kgを狙いたい

ケトル28or32と、公武堂社運スペシャルプロテインで、更にパワーをって・・・・・

もう少し絞る予定だったなぁ・・・・
まぁ体脂肪率が15%以内だったら、79kgまで上げてもよかかの?

とにかくめっちゃお勧めや
  1. 2008/10/20(月) 15:24:53|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運動会



戦争状態のここ最近だが、週末はちょころびっと無理言ってお休みを頂き、毎年恒例の坊の運動会に行ってきた

朝の打合せ時に、休日届けを社長に出したのだが、ホントは何か言いたかった感じが一瞬したが、そこでどうやら気を使ったらしく、

「運動会ね、頑張ってきてよ」

と謎の優しいお言葉を頂いた

前に坊の行事ごとで休むのをチクっと言われた時に、かなり強めに反論させて頂き、

「一生懸命業務をこなす活力ですよ」 (▼曲▼♯)

と言ったところ、パタっと坊の行事ごとに出席する件に関しては言わなくなったな
わしの生きる大目標がそこに関連するよって、一番大事じゃけんな

今年は出る種目が2つあり、ひとつは選択で「遊戯」と「体操
体操は跳び箱とかだったのだが、「どっちにするんや」と聞いていたところ、

「跳び箱にしたよ。 だってそっちの方が難しそうだから」

と馬鹿親ですまんが、感動の言葉が

難しいからと現実逃避するわしの会社の統括に聞かせてやりたい台詞じゃったな

10時の休憩時に実際に言ってみたら、事務所から脱走してしまった。追い込みすぎたか・・・)

当初は気負いすぎて跳び箱にぶつかって失敗したのだが、慌てる事無くスタート地点に戻り、再度チャレンジして今度は見事に成功
我が事の何十倍も嬉しいことじゃった

そして、今回のメインイベントである「カケッコ
最初は「何や、これっ?」と思えるスピードの子たちのかけっこから始まって、段々速い子に進行が進み、この記事で何度目かの馬鹿親ですまんが、ラストの組で毎年出る我が坊

しかし、ここで若干複雑な心境に

4人一組で走るのだが、同じ組にいつもお誕生日会を一緒に祝う子がおるよって、親同士が仲良しになり一緒に観戦しておるよって、あまりわが子に肩入れも出来ず・・・

まぁ勝っても負けてもじゃが、去年は友達に負けて見ていて悔しい思いをしたわしだったが、今年は何とクラス最速の座で優勝

めっちゃ嬉しかったな

PA180019.jpg

何でも奥によれば、保育園のお迎えに行った帰りに何度もこの公園に行き、練習をしておったと言うではないか・・・・

私には絶対ない発想だわ

と言うとおり、間違いなくDNAの遺伝を確信したものやった

【運転免許、わし平針で直に取ったが(その時点で運転歴○年)、1時間だけ平針の車でカネを払って講習って形で試験のコースを走り、後は乗って行った愛車で何度も何度も、実際にコースを走って本番のためのトレーニングしたよってな(笑)】

姫路からわざわざお義母さんがやってきてくれておるし、地獄の業務の中、ほっと心休まる時間であった

と言っても、始まったばかりの時にわしがちょっとイラついており、奥と喧嘩になってしまい

お蔭さんで右の奥歯が欠けたがな

まぁ、それをひっくるめても、最高の一日じゃったよ

来年はいよいよ保育園の運動会はラスト
今からとっても楽しみや (▼m▼)
  1. 2008/10/20(月) 12:35:33|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二宮(にのみや) 善太郎



この前の記事が、ちょころびっとコア過ぎたかなぁとも後から読んでみて思えたりもするが、どちらかと言うとこれはまだ書けるだけマシな方だからな。

先日の「豪邸森田邸たこ焼きパーティー」の際に、NBJC早川代表とむかし(子供時代)とかのいたずら話になった時、ふと脳裏を過ぎったのもかなり酷かったからな

めっちゃ前に書いた、昔住んでいた家の前にいた「人食い犬」との激闘で火事になった話を皮切りに、子供は叩かないを主義としておるわしとしても、もしわし自身が自分の子供だったら撲殺しかねない事件の数々・・・・・・

新聞にも載った、「近鉄電車○線事件」とか、本屋にて本をどうどうと持って帰ったら、店主が追ってきてスッタモンダしておったら、わしの懐から色々光る道具がこぼれ落ち、逆にその店主を追っかけたと言う「謎のおっかけっこ」と言う、楽しい中学生時代の思い出とかな


ホンマ、目を瞑ってみれば爆笑のエエ人生だったよ

ってまだ死ぬわけでもないのだがな

まぁ子供時代の奴やったら、書いてもエエかな?とも思えるが、ボチボチとなってところだ

昔一番楽しかったのは、そう言った悪戯の数々だったが、今一番楽しい時間といえば、

まっ一番はやっぱ愛する奥(現:3号)とか坊とか娘と過ごす時間に加え、一門内の兄弟達や兄弟のように親しい友達との時間に限るが、ひとりで一番心が充実する時間はといえば、やっぱ「本を読んでいる時」に限る

とは言え、最近読んでおる本の殆ど(90%以上)が所謂「ビジネス書」なので、楽しいかどうかと自問すれば微妙やが、

読書ってことよりも、自己のポテンシャルを限界まで高めるってのが好きなんだろうな、きっと

そして話が戻っての読書やが、一般には何でも読む
所謂仕事関係の専門書から、一番多い自己啓発関係とかビジネス書、そして小説にはては漫画まで読むんだな、これが

特に漫画
以前NBJC早川代表の中学校の同級・同窓生&わしの高校の同級生だったM部らと喫茶店に行った時に、

「善太郎、お前って本読んでおらんだろう?」

と言われるくらい早いペースでページを捲っておったらしいからな

M部が一冊読む間に、わしは平均して3~5冊読んでいるから、まぁそう見えたんやろな

その理由として考えられるのは、わしは幼少期から中学2年生までの間、母子家庭だったのだが、母親がかなり教育について考えておったらしく、

毎月一度は必ず本屋に行き、

「この中から好きな本を買ってあげるよ」

と言われておった棚は、「世界少年少女全集」とか言うものだったので、正面から見た本の厚さからして5センチクラスの本を、母子家庭だったので有り余る時間の中で読破していったからが始まりだった

そして母親をかなり驚愕させたのが、自分の小遣いで買った始めての本が、中国の史書『孫子』で、ちなみに小学校2年生だったそうな

実父の職業(?)があれだったので、当時すでに悪戯も度が過ぎ始めておったわしを、メッチャ心配して育てたからだそうやが、

そのお陰で、今があると感謝しておる昨今であるな
旅行中」も、本は読んだからナァ

そして今、大体読書中の本が大体6~7冊
その中から平均して一日1冊は読破しておるので、結構読んでおる部類に入ると思う

どこでそんな時間がと言われれば、朝5時に起きて30分程度身体を動かした後、家事の手伝いの真似事をし、朝食となるのだが、まずそこで一冊目の本を15分程度読む

6時に出社するのだが、片道1時間程度の通勤途中、ステレオから流れておるのは大体「オーディオ・ブック」
後に書くと思うが、ここ最近で最も影響を受けた人物と言える、「勝間和代女史」の影響で初めて「オーディオブック」
わしはもっぱら「FeBe」と言うサイトで買ってDLして聞いておるのだが、これも2冊目とカウントしたい

そして、これが今回の記事のタイトルとなったのだが、駐車場から事務所まで向かう間、また一冊を読みながら、それを事務所に入っても読み続け、大体ここで30分程度の読書時間を日課にておる

その駐車場から事務所に向かうわしを、昨年入社された50代の方が、(K村さんと言うのだが、この人がわしの事務所一番槍のライバルや)

「善太郎部長って、まる傍から見ると『二宮 金次郎』みたいですね」

と言われたからやが、時折車線をはみ出して歩いていて、クラクションを鳴らされる事もあるから、まぁ撥ねられてコロッと逝けばラッキーみたいなもんやな

10時の休憩時も、ちゃんと15分だけは「読書」時間を厳守し、昼の休憩もめしを食いながら、朝ジョーバに乗っておる時に見た愛隆堂のDVDの「本」を読み(ジョーバ時は、必ず柔術関係のDVDを見ながらや)、朝見たテクニックの復習を心がけておる

今迄の書いてきた時間全て、読む本が違うから、ここまでカウントした時点ですでに5冊

結構読んでおるナァ、やっぱり

何事もなければ、30分の昼寝を取り、午後3時の休憩は、読書はせずにもっぱら部下との会話から、日々の気付きが無いかを確認

残業時には、一服時に出来ればそこで予備の本を一冊以上
打合せに出かける時は、mp3プレイヤーを持って行き、隙間時間及び車での移動時間を、耳からの「読書」に当てておる

帰り道も「オーディオブック」を愛聴し、帰宅後

トイレ&一人での入浴時に各1冊

数えてみれば、大体8冊は違った本を読んでおることになる

自慢とちゃいまっせ (▼曲▼♯)

過去が過去なのに、今在籍しておる会社で、

まぁ「はげろぐ」のNむらケンタが目指すような大きな会社ではないにしろ、何故に「長」の役職の肩書きが付いておるのかと不思議がる人がござったもので、ある意味それの答えがこれらの習慣ってことになるかもなぁ

日々の小さい習慣が、それ以降の人生を大きく変えるっちゅうことやね

読書については、またテクニック等を含め、ボチボチ書きたいものや

しっかし・・・・・
ふり幅が大きい人生じゃな、我ながら・・・・









  1. 2008/10/18(土) 23:04:15|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

親子の絆(北からの刺客 続き)



イメージトレーニングって、全てのことに有効だな(▼⊿▼)

と言うか、この「イメージング」するかしないかで、事の成否が分かれるくらいじゃと思うのだが、わしも昔のバイトする時なんぞ、この「イメトレ」を徹底的にやったもんだったよ

「ここで○って、そこからこう言う○路で○○し、そこで○○○を○し・・・・」って、なんのこっちゃだが、階段を駆け上がりながら、その僅か数秒で、そこから1分以内の行動全てがイメージングされておった

恐らく○りかかってくるだろうから、こう○した後、○段をいつものように投げ捨てて、ちょっと遅れて自分も階段を駆け下りながら・・・・

な~んてな  (>ω▼)ゞ```

その怪しい男に走りより、近くに

のその時、当然殴りかかってくるだろうと言う想定からは真逆の、怯えた顔で手を顔の前に上げると言う、それ以来数々の場面で出会ってきたポーズをとってきたのであった

まっ、殴りかかってこうようが、降参しようがやる事はひとつだと思い、その怪しい男の襟首を掴み、体の軸を使った回転運動でさぁ階段の下に飛んでいけい・・・・・

と投げ飛ばそうとしたその瞬間、その怪しい男は叫びました

違います。 兄さん、違うんです

☆(゜o(○=(゜ο゜)o

そもそもわしがそいつの「兄さん」ってこと時点で間違っておるのに、それ以外にも何か間違いがあるのか?と思い、仕方がないから手の力を抜きながら、そやつの顔に自分の顔を近づけながら、

「何が違うんですか?」 (▼ ▼)?

と聞いてみました

すると、その「怪しい男」はポツリポツリと、

ここからが肝心じゃが、たどたどしい日本語で話し始めました

K道会も、兄弟のように仲が良くなりかけておった、当時は○○組のM野親分君とこにもこう言った子らが結構おったからすぐわかったが、そう日本人ではないのがすぐわかった

しかも、ここから書くとかなりコアな話になるが、どうみても朝○系
韓国なら、もう少し流暢に日本語を話すと考えるに、どうやらと思った通り、『北』の宿ならぬ北からの密○国者くんでありました

ええんかな?ここからも書いて? (▼″▼)うーん


まぁ取敢えずフィクションってことで・・・・な(▼ε▼)

話を要約すると、北朝○から密入国した、仮の名を金くんと名づけようは、その3階建ての3階に住んでおる、これも奇縁じゃが、わしの実弟1号と同級生の後輩の妹と結婚して双子の子供を授かったのじゃが、

何でも夫婦仲が上手くいかなくなり、元々結婚もしておらんかったと言うのだが、離婚と言う形で奥さん(後輩の妹)が実家に帰ってしまっていた
そして、明日から東北の方に行かねばならず、下手をするともうそのまま日本はいられなくなると言う確率がかなり高いので、最後の最後に一目子供達に会いたくて、やってきてしまった

と言うことじゃった

そこを拒否されたので、暴れまくっていたと聞き、善太郎男泣きに泣けてきたのでありました(*TーT*)泣けるぜ・・
すぐさまインターホンを押し、

「前の棟の7階に住んでおる、極道(きわめみち) 善太郎や
何でもエエから、わしが責任取るよって、ドアを開けたり~な」


と優しく対応させてもらったのだが、

「いつも暴れて手が付けられんので、すいませんがお断りします」
ときたもんだった

そこからちょっと押し問答が続いたのだが、一向にドアを開ける気配がないので業を煮やしたわしは、

○○を○○○・・・・・なんのこっちゃまた分からんくなってきたが、ちょっと怒れておったところ

金くんが言いました

「兄さん、もう好いです。
日本に来て、好い事なんて何もなかったと思っていましたが、こうして親身になってくれる人がいたと言うことだけでも、何か気持ちが救われました。
兄さんに会えただけでも、良かったです」



と相変わらずのたどたどしい日本語で語ってくるのを聞き、再度人前であったが涙を流してしまったのであった・・・・・(*T ^ T)  ρ(TーT*)

迎えの黒塗りのクラウンがやってきて、乗り込むときに握手をして、

「わしに会えたと言う事よりも、この世に血の繋がった子と出会えたってことの方が何倍も良かったのとちゃうか?
人生一期一会じゃよって、わしも金くんに出会えてよかったよ。
命を粗末にせず、まっとうに生きろよ」


何て、今思い返しても映画のワンシーンのような別れをしたのでありました
   (ノ_・、)          (▼_▼;


あれからもう10年以上経ったろうな
例え○んでも新聞なんぞに載るわけでもないので、安否はさっぱり分からんが、どこかで元気にやっておるとわしは信じておるよ

写真はあくまでイメージじゃ
もっと、そう当時のわしよりも若かったと記憶しておるからな
子供のことを話していた金くんの目が、とても優しげであったのが、今も記憶に鮮明に残っておるよ・・・・


追記
確かに奥(前:2号)から、公園に水商売の激しいバァちゃんに連れられた双子が、かなりハバをきかせていたと言うのを聞いた事があった

数日後、わしがその公園の前を通りかかったら、豹ガラのスパッツを穿いた金髪のおばちゃんが走ってきて、

「きわめみちさん、先日はどうもありがとうございました。
これっ! つまらない物ですけど、どうか食べてください」


ってクッキーの箱入りを頂いた

その翌日、後輩が今度はせんべいの箱入りを持って、お礼に来よった
公園の暴王と化しておった、金くんの双子ちゃんだったが、
以上のような経緯のお陰で、わしの娘はその公園で、かなり優待遇で遊べるようになったそうな
めでたしめでたし・・・・(▼ー▼)ニヤッ

  1. 2008/10/13(月) 17:42:30|
  2. 悲しかった話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お宅拝見 (豪邸森田邸の巻)

2008 oct 066

話の途中真っ盛りであるが、昨日はとても嬉しい一日だったので、そちらを優先させてもらうこととするわ。

それは、NBJCオヤジ会(何でもよくなってきた感が強いな・・・)の盟友、森田パパ君からのお誘いで、新居にお邪魔したんや。

森田パパくん、NBJC名物男のサンデー柔術家ダンディー」に匹敵する練習量の、サンデーならぬマンデー柔術家なのだが、時折スパーリングした後なんぞ、

もっと精進してくださいよ

と言われるくらい強いし、しかもここからがわしがリスペクトする漢なのだが、めっちゃ家族愛に溢れた男なんじゃな、これが。

電話でも、色々凝った家にしましたとあったので、メッチャ楽しみにして行ったが、予想を遥かに裏切られるくらい凄い家じゃったよ

まさに豪邸

森田パパのお仕事は、あまり詳しく掛けないが

ふっと魔が差したでき心の輩を、時にはど突き回し、時には引きづりまわす」と言うことなので、まさに血と汗の結晶とも言える豪邸だった(人の血とか汗じゃがな

5時ちょっと前にくらいにお邪魔するねとメールを打ったところ、早川代表とかが6時ごろにやってきますとあったので、それに合わせてちょっと時間をずらして行ったのが後悔するくらいの豪邸じゃったしな

次回は、予定の1時間前には集合するわ

そして、同じような内容が早川代表の「バーリトゥード日記」にも記載されておるが、食事はたこ焼きパーティー
奥の実家が姫路じゃけん、ソースモノ大好きな我が家にとっては、これまた涙が出るくらい嬉しいことだった
しかも、皆でなんやかんや言いながら焼くってのが実に良かったな

2008 oct 068

何でGSBの藤井が着たのかさっぱり分からんかったが、そこは早川代表の心使いじゃったかの?
足立選手、お子さん元気に産まれたらしいですな。おめでとさんです

2008 oct 069

紫帯に昇格したダンディーも、後半はプロ並みになっておったしな

2008 oct 071

まぁ早川代表の酔っ払い姿はええやろ。
いつも見慣れてと言うか、見過ぎやよってなぁ・・・・・
時間を守って早くきて下さいよ、とこれも毎度ですがね。

2008 oct 072

ホンマ、心使いに掛けては森田パパ&ママに敵う奴って、そうおらへんのとちゃうか?
大変おいしゅうござったよ。
2008 oct 073

わしの奥曰く、「何でかな?と思えるくらい、スパンキーさんって悪人顔なのよね」だそうだ。
一門を初め、数々の悪人顔集団に揉まれておる奥が言うくらいじゃよって、ヨッポドなんだろな。
確かに・・・・・、この写真はヤバイ

2008 oct 075

この辺りから、毎度の「坊がカメラマン」と化しておったので、訳分からん写真がてんこ盛じゃ

一体全体、何や、これっ?

2008 oct 078

あっ、これは森田ママやな
ホンマ美味しくも、実に楽しい時間ありがとうさんでした
わしも奥のお陰で、久々に酔っ払ってしまいましたが、実にええ時間でした

(早川代表が、2~3年くらい前に連れて言ってくれた『モツ鍋屋』での話しをくどいくらい「焼餅をいれて」話ておったが、それに対するわしのリアクションが面白かったと言うコメントがあった。
まぁわしに酔っ払ったと言って、ニーパッドをかましてくれるのは、早川代表くらいじゃけんなぁ。)

2008 oct 079

あっ、これもKンスケくんじゃな。
いつもいつも、坊と遊んでくれてありがとさん。
おまけに昨日は玩具までもろうて・・・・・。
今度わしが何かプレゼントしよう。

2008 oct 083

と、出た、自分の玩具の写真
人を撮れっちゅうんや、まったく (▼曲▼♯)

2008 oct 084
何も言わんよ・・・・・・

2008 oct 095

おっ、ブラジル帰りの木内
強くなったなぁ~
ブラジルで女の子と踊ったサンバはどや?

2008 oct 092

2008 oct 093

まぁ、毎度じゃけん。
DNAじゃなぁ・・・・・・

2008 oct 100

そして、これがわしの酔っ払いの記憶にもちゃ~んと残っておる、森田邸シアターじゃった
凄かったな

近くの大門劇場を思い出したよ

ホンマ、いつも楽しいこと満載の人生じゃが、
昨夜は長く記憶に残るであろう、素晴らしい夜じゃった
(早川代表の酔っ払って、絡んできた話以外は?・・)

わしは怒涛の業務時期に突入したので、今日も仕事やよって早目に帰らせてもらったが、

また次回は「奥様が楽しめるイベント」を開催しよう、と言うことらしいので、よろしく
ありがとさんでした (▼人▼)
  1. 2008/10/13(月) 12:45:20|
  2. 美味しい話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北からの刺客



あぁ~ぁ、結局今夜も練習に行けへんなぁ
まっ、業務あっての愛するファミリーとの時間と、人生じゃけんな

いろいろあろう(▼″▼)うーん

最近わし自身としては、奥(現:3号)と言う人生の出会った中で過去最高のパートナーと人生を共にし、尚且つ愛する3人(3人・・・・か? 長男だけはどうしておるか、まったく知らんしなぁ)の子供たちのお陰で、危ない橋も大分渡らないようになったし、すっかり人相も変わり真面目になったなぁと思うのだが、

そんな中、書いてもあまり「怒られない」であろう、昔の面白い話を書いてみるとしよう
(もう帰りたいのだが・・・・・)


それは、何年前になるのだろうか

一門の中での女殺し

代貸しHの兄弟分であるK
が、二人目の奥さんになってくれると言う彼女を家に連れてきた夜の事であった
(K、あれから一門内でもダントツの離婚王になったなぁ。バツ3の時に、「バッサン」と呼んだらエライ怒っておったが、わし的には自分のギャグでめっちゃ笑った)

初対面での挨拶を終え、夕食・・・・どうだったか忘れたが、ほっとお茶をしておる時にそれは始まった

ドン・ドン

と言う鉄製の扉を蹴る音と(殴るのと蹴るのとでは音が違うから分かるよな)、


「おい、開けろっ~」

と言う怒声が、わしの住んでおった棟(7階建)のすぐ下の3階建の棟から聞こえてくる

最初は、Kの彼女と初対面だし、かなり長いこと我慢したと思ったのだが、時間にして2~3分だったが、

ず~~~と扉を蹴りまくる音と、激しい怒声がわしの「野生」な部分に刺激を与えたので、ベランダに出て

やかましいから静かにして下さいよ~」 (▼o▼;) 

と怒鳴り返してあげたところ、

数分は音も止んだのだが、また暫くするとまた激しい蹴り音&怒声が

たしか、この辺りからKの新しい初対面の彼女のことは意識からずっかり飛んでいたが、
またベランダに出て、もう一度

やかましいから、静かにして下さいって」 (▼o▼;) 

と叫んでも、今度は一向に音が止む気配が無い

参ったな、こりゃ (▼ε▼)

のドリフの加トチャンの心境になった矢先、
今度は突然のガラスの割れる音が

そこですっかりスイッチが入ってしまったわしは、家を飛び出し、現場へと向かったのでありました

しかし、困ったことに当時は娘もまだ小さかったから、○水一家のM野親分から安値で譲ってもらった道具を、事故があっては堪らんと言う事で、家に置いてなかったと言うことであった

まっ、そのお陰で今があるんだけどな(≧∇≦)ブァッハハ!

3階建ての、所謂「タウン」と称する棟に走りつき、いざ階段の2階の部分を見れば、何やら怪しい男

このガキャァ」と階段を駆け上がり、その男に走りよった途端 (▼曲▼♯)



えっ、書類終わった?

うんうん、好い出来だね(▼∀▼)ニヤッ
じゃ今夜は事務所を閉めて帰ろうか(▼д▼メ)

と言う事で、これはホンマに                      つづく


次回は涙無くしては読めん話に急展開や(*TーT*)泣けるぜ・・
  1. 2008/10/10(金) 21:20:50|
  2. ちょっぴりムカついた話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星明りの夜



練習行きてぇなぁ・・・・・・

そろそろ脱走して帰っても良いかの?

と言った感じで秋の夜長を事務所のデスクで過ごしておるわけだが、ここ最近はちょっと「そんな何気ないひと時」が結構楽しかったりする

それは何故かと言うと、

以前から「美工筆」と言う万年筆とか、結構ステーショナリー関係について書いてきたが、
意外と驚く輩が多いのが何故か不愉快になる昨今、実はわしはかなりの筆記具マニアなんじゃな、これが

前の美工筆も、役所とかあっちこっちの打ち合わせに持っていくのだが、変わった万年筆をわしが使うのを年長の相手さんも結構驚いて、

よくこんなの探してくるなぁ~

と言われるが、養父の影響か、ある程度の年齢になって100円ボールペンを使うのを恥ずかしいと思える思考を持つよって、まぁ仕方がないと言える

東急ハンズとかロフトに行くと、ファミリーへの愛を生きる第一とするわしが、ひと時、それもほって置くとかなりの長い時間行方不明になるのも、決まってこの文具の階か本屋の階だったりするよってな


普段やたらモノを書くわしなので、いろんな筆記具を愛用しておるのだが、この美工筆と、これまたずっと前に書いた「万年毛筆」が二大看板とも言える状態であるのだが、分からんやつにはさっぱりだろうが、愛用しておる反面、かなりのストレスになっておったわけであった・・・・・

何故ならば、まず美工筆の書き味はばっちりだが、万年筆を使っておる人ならよく分かると思うが、インクフローが多すぎて、下手な紙だと裏抜けしてしまうんじゃな、これが
そこで救世主とも思えた、セーラー万年筆のインク、「極黒」だったが、インクフローがタップリでも裏抜けもせず、色もバッチリで「これやっ」と思えたのもつかの間、

手紙なら良いのだが、ノートで上から書くと、そっちに写ると言うのが判明してからは、一番大事なノートの記入に使えず、これがストレスその壱になっておった

だったらの万年毛筆だが、これもメーカー(ちなみに国内の万年毛筆販売は3社)すべてのインクを試し、裏抜けしないものを見つけたのはエエが、

字が下手だとめちゃくちゃ格好悪いと言うことなんじゃ、これ

奥(現:3号)がもし読んだら怒るかもだが、結構値段のする万年毛筆を5本所有しており、それに加えてカスタム用に買ったものもあるのだが、皆びみょ~に書き味が違うんじゃった

書き味ばっちりと言うものが分かってきたが、今度は重さ&外観が気に入らず、これまたストレスその弐になってしまい、なんのこっちゃ状態になっていたのだが、

ついにその「筆記具大ストレス戦争」に終結の、今度こそ本当の救世主が現れたんや

それは      つづく














と言うのは嘘だが、皆も知っておるだろうがのメーカー「くれ竹」からの、名前が凄いで

スターリー・ナイト」(星明りの夜、とわしは訳したいね)だった

まさに「何がエエんじゃ、こりゃぁ(▼曲▼♯)」と怒り心頭だったストレスで真っ暗闇の中を、星の明かりで道を照らしてくれた、なんて気分にさせてもろたわい

ただな、さっきの今までの万年毛筆に思っている感想と同じことは同じで、

持っておるもんの技量に良さが比例するって奴なので、寝る前のちょっとした時間とか、自分の仕事はケリがついておるが、若いものの書類を待っておる隙間時間を使って、気がついたら筆文字の練習三昧じゃけなぁ
まぁ金払ったら誰でも同じってのはメチャクチャ嫌なので、全ては己の技量次第ってのが好いな

家にも職場にも、わしがうろつき&時間が取れそうな場所にはすべて、書道関係の本が置いてあるくらいじゃからなぁ

穂先が鼬の毛をちゃんと使っておる辺りは、他の5000円オーバーの万年毛筆全て同じなんじゃが、何故かこの「スターリー・ナイト」だけは、めっちゃ書きやすいんじゃ

目が回りそうな多忙な中でも、ふとした時に備忘録をこの「スターリー・ナイト」で書けば、ストレスも吹っ飛ぶってもんよ

どんな大変な時にでも、必ず癒しはある

無かったら?

わしのようにあっちこっち、「必ずこれはと言う出会いがある」を信じて探しまくるってのが、正しい流儀でああろうよ?


お蔭さんで残業も、ニッコリ・・・・・・かの?

  1. 2008/10/10(金) 20:44:38|
  2. my favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰やねん?(足関節は面白いな)



露橋が大雨にて水没してお休みになってから、ずっとファイト倶楽部を間借りして練習しておるわけやが、ファイト倶楽部が月曜休みなので、そこらへんからわしの練習スケジュールが変わってきておる・・・・
(2回くらい間違えて大須に行ってしまい、ビルを見上げて「しまったぁ」と言うのがあったな)

業務が立て込んできたので、月曜日を軸にしていた練習予定日である水曜日から始めてもエエのだが、時折頑張って火曜日にも行ってみようかと思い、今週7日の火曜日の練習に行ってみた

すると、そこにはいつもいるはずの金狼の三村師匠くんがいない

どこに?

柔術ネコねこ日記の佐トちゃんに聞いてみると、

さぁ~、さっき見かけましたよ

と言う返答が返ってきた

何やねんと思うまもなく、当の本人から激しい突っ込みが
ず~~~と金髪を見てきたから、いきなりの黒髪に戸惑ってしまったんじゃな、これが

そう、NBJC早川代表のバーリトゥード日記で知ってしっておったが、
写真と実際に見るのとでは大違いやな

久々に笑ったよ

しかし別人になった三村師匠くんではあったが、相変わらずのテクニックと上手いと評判の教え方も手伝い、足関に俄然興味がわいてきたな

やっぱり引き出しの数と深さは大事やでな

しばらくは火曜日も通うことにしようかのぉ

(写真はNBJC早川代表ブログ 「バーリトゥード日記」から無断借用)
  1. 2008/10/10(金) 20:10:10|
  2. 柔術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謎の来訪者



「それでしたら、4時に事務所にお伺いしますが、よろしでしょうか?」

皆の事務所・会社等にもよく、色んな営業さんが回ってくると思うが、例外に漏れず、わしの会社も日中多種多様な方々がやってくる

春から夏にかけては若い連中も事務所に詰めている場合が多いので、大抵の応対は彼らがしてくれくれるし、ちょっと立て込んだ話になったり、場合によってはたま~にだが、わしのやんちゃ系と同業種の人もやってきたりするよって、そう言ったときはわしが応対させてもらう事になっておる
(ちなみにヤンチャ系が来ると、若い子は走ってくるからすぐ分かる。たま~にだがな) (▼д▼メ)

秋になって忙しくなってくると、自分もだが事務所におる機会も減るよって、日中何が起こっておるかさっぱりだが、今年は夏が短かった分と、例の統括現実逃避事件のケツ持ちのお陰で事務所におる機会が多い昨今である
(統括、現実逃避してふつ~に事務所に出てきてフラフラしておるよって、今日から暫く強制休養を取らされてもうた・・・・【笑】)

そんな中、先日今新聞でもちょこちょこ出てくる、【産業廃棄物】関係の処分業者の営業君がやってきて、名刺交換したのだが、それ以来何かと、「お役立ち情報」と言って色んな手紙とかを送って着てくれるようになった
いわゆるDMなのだが、中を見てみると、正直シナリオがしっかりしており、高いレベルと言うのが伺える (▼″▼)うーん 

そして、前にきた営業君から電話がかかってきて、初めてお伺いしてから、DMとかの今迄の感想をお聞かせくださいと言ってきよった

そこで、電話でだが自分の思った意見を至んなく述べさせてもらったところ、何故か大きなリアクションがかえってきた・・・・・・

恐る恐ると言った感じで、

「では、善太郎部長、一度お伺いして、再度お話をお伺いしたいのですが、よろしでしょうか?」

と聞いてきたよって、スケジュールを確認し、とりあえず6日の月曜と言うところまではすぐ決まったのだが、相手のスケジュールとわしのスケジュールを照らし合わせてみると、どうやら夕方にしか時間が取れそうも無い

当初先方が提示してきたのが、「4時半」だったので、

「好いけど、5時までだと30分くらいしか話せないが、良いかな?」
とわしが聞いた質問の答えが、冒頭の会話となったのだが、それならと言うことで、スケジュールに予定を入れておくこととなった(▼∀▼)ニヤッ

3時からの打合せに同行したので、何とか4時15分前には事務所に帰ってきたのだが、3時50分になると駐車場の方から何人かの団体がこちらに歩いてくる

ヾ(*^-^*)ゞヾ(*・0・*)〃ヾ(*^o^*)ゞヾ(*゜▽^*)〃o(*゜▽゜)oo(゜▽゜*)o   (▼д▼メ)


誰や?

と思う間もなく、先頭がその営業君と分かったのでアポを取っていた会社の子たちと言うのは分かったが、なんでこの人数と言った感じ

わしの頭の中では、あくまでその営業君が今後のお付合いのためにお話をと思っていたので、とりあえず会議室に通し、若手の子も同席させてみた

すると、今後の業務提携的な内容になると思いきや、なぜか名刺交換をすると、「企画部」と言う名詞がずらずら並ぶ

営業」なら話は分かるのだが、なんでかな?と思って話をはじめてみると、

どうやら先日の営業くんの電話で伝えた内容が、彼らにとってはかなり斬新な意見だったらしく、そのDMを企画・設計しておる企画部がわざわざ数人でやってきた

と言うことらしかった

何のこっちゃ(▼⊿▼)

まぁ忙しい中とは言え、そういった事は自己の能力向上にも良かろうと話をロジカルにまとめながらし始めたところ、皆いっせいにノートを広げ、わしの一言一句までメモしだすと言う、とんでもない向上心溢れる連中

一瞬デンジャラスティーチャーM谷先生とか、S本先生の気持ちが分かる、なんて錯覚を覚えるくらいじゃったけんねぇ・・・・・・(▼m▼)プップッ

堅いのは下だけにしておけのポリシーなので、時折冗談を交えながら話を進めて行ったのだが、企画部主任と言う肩書きの若い子が、

「失礼ですが、善太郎部長は普段どのような本を読まれたりしているのですか?」

の質問辺りから、わしの日常生活における読書時間の取り方、果ては勉強方法、情報収集術とかに話がなだれ込んでいった
わしがここんとこ実践しておる勉強法には、特に興味を持ってもらったようで、役所でも有名になった「善太郎A5ノート」を見せながら、「こんな感じでね」と細かくお話させてもらったしな

時計をちらりと見ながら話を進め、ちょうど約束の5時ちょっと前にまとめてみたところ、かなり皆さん満足してもらった感じやったね

「本来なら、私どものお話で満足して頂けるようにしなければならないのですが、今日はまるでセミナーを受けていたようなお話でした。
ありがとうございました」


と6人一斉に立ってのお辞儀

まぁええよ、そんなの状態やったね

でもセミナーやったら金取るよだわいσ(▼o▼;)

次回はと言う話になっていったので、今の当社の現状を伝え、出来れば春先に、それ以外なら5時以降にならなんとか時間を取りましょうと、煽てられて気持ちが良くなっていたのであろうか、そんな話で今回の打合せと言う名の、なんちゃってセミナーを終了した

一人カワエエ女の子が混じっておったから、余計に話しが調子乗ってまったかもだな、こりゃ

たまにはこんなのもエエナ (▼∀▼)ニヤッ

しかし、昨日の話、わしの業務としては謎のままじゃったなぁ(▼□▼;;

  1. 2008/10/07(火) 14:11:05|
  2. 摩訶不思議な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウィークエンド (今期最後の週休2日)

P1000056[1]

川端康成だったかの雪国で、「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」とか抜かす下りがあるが、

わしの先週一週間もそんな感じで、「気がつくと10月に入っており、週末やった」感が強かったの(▼д▼メ)

確かにかなり細かいと人から驚かれるスケジューリングで、ちゃんと10月に入っておるのは頭では理解できておっても、何か実感と言うものがなかったよってなぁ

木曜日も、会議の後奥からメールが着ていて、

「今日は練習? 帰ってくるのかな?」 (σ。σ)♪

の返事で、金曜日は練習に行けないので、今日頑張って(水曜日も行ったよってな)行ってくるわと言いながら、さて練習に行こうとすると

「部長、ちょっと好いですか?」

に捕まり、結局事務所を出たのが8時過ぎとなってもうたので、断念したくらいじゃったよってな

まぁいろいろあろう (▼_▼メ)

怒涛の勢いのウイークデイだったが、土曜日は一門の会合にも出席し、改めて気合も入ったしな


そんな一時の心の癒しである週末も、来週からいよいよ毎年恒例秋は日曜日休みのみに突入する

まっ、今年は越えるべくの山が高くて多いよって、今から気合入れまくりじゃが、昨日は先週、リンクしてある福住柔術の代表、福住先生の奥様である「ふーみんのつぶやき」にて拝見した、長浜ラーメンを食べに行ってきた(▼∀▼)ノ彡☆

週末は是非行ってみたいと思っていたよって、昨夜の夕食をそこでとってきたのだが、味はわし好みの極細めんで美味しかった(>ω▼)ゞ```

ハッキリ言って、店構えはふーみんのブログで見ていなかったらまず入らない感じてんこ盛りじゃったが、味はばっちりで、我が家御用達の「一風堂」によく似ておったしな

また食べにいこうかの

こう言ったのが、エエ輪を広げるっちゅうことやなぁ(▼ー▼)ニヤッ

ちなみに、我が家の昨日の替え玉は2個
ちょっと器が小さく感じたから、わし自身もお代りしたが、今日も5歳の坊と同じくらいの量

わしがウエイトコントロールを考えておるのと、坊の目一杯と今丁度同じくらい

小学生くらいになったら、間違いなく抜かれることだろう(▼д▼メ)


まっ、それが父親にしてみれば、何よりの楽しみなんじゃがな (>ω▼)ゞ```

  1. 2008/10/06(月) 17:39:19|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。