王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

参ったよ・・・・・



あれからもう一週間が経つのだが、未だに心に陰を落としておるの・・・

先週、ちょっと洒落にならない事件を引き起こしてしまい、ここ数十年内で一番心理的に参ったことに・・・・

詳しく書くことはないと思うが、関係者諸兄にはかなり迷惑もかけたかの・・・

一応事態は収拾ついた格好で手打ちになったが・・・・・


まぁそう言ったこともあるさ、人生は!

明日はNBJCの仲間諸君が東京で試合のようや
好い結果を期待したい

しっかし・・・・、ちょっとばかし無茶苦茶やり過ぎたかも
まわり○だらけだったからのぉ・・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/10/29(日) 00:59:46|
  2. ちょっぴり怖めの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

せのびた君(不思議な大馬鹿野郎 Ⅱ)



娘から倖田來未のCDとDVDを借りた

パパ、すっごく好いから聞いてみて ☆~(σ。σ)♪

と言う娘の一押しだったらしいのだが・・・・・・(▼ ▼)?

40過ぎのわしがそんなもん聞いて、どうせぇっちゅうんやよ・・
しかし、聞いてみると奥(現:3号)は拒絶反応を示すも、
まぁまぁええじゃないか~ (>ω▼)ゞ```

と言うわけで、今回も内容に全く関係ない画像や
(この前の記事で、何故及川奈央ちゃんですか?と言う質問あり)
意味はない、あくまで好きだからだ


そうそう、代貸しのHが静かにとうりょうに問いただしたところからだったな・・・・


「お前ぇさん、石川だと言っておったが、と言う事は○しか?」

      (〃゚д゚;A  凸(▼▼メ)

あくまで言葉は丁寧だが、一般と若干違いヒートアップするにつれ、言葉遣いが丁寧になる代貸しH
そこら辺が気づかない時点で馬鹿野郎の烙印をしっかり押されておるとうりょうだが、まったく気づかず暴走はつづく

はい、ひ○ですよ」 (*⌒д⌒*)あは

しかし、心なしかとうりょうのオーラが揺らめき、どんどん減っていっておる様子

まぁここまで喋った時点で、もうすでにアウトだったわけだが、とうりょうにとっては寝水に耳の話がここから表面化しだした

「ほ~、そうか! ○しかい
 だったら、S○会のM平さんを知っておるやろうな?」(▼⊿▼)
ケッ


(あ~ぁ、とうりょう・・・・・投了しろ~)

と心の中でナイスなギャグが浮かんで微笑むわしだったが、どんどん墜落しているとうりょうのオーラ

答えを待っている代貸しHの目を、極力見ないようにとうりょうは

いえ、知りません・・・・・・・・・・・・・」 (*・_・)

わしのオーラ探知機を見るに、この時点でのとうりょうのオーラは限りなくマイナスに近づいておったわけだが、ここで一気にメーターがマイナス方向に吹っ切る言葉が、いよいよHの口から飛び出した

「なに? お前ぇひ○やろ?
 だったら、M平さんを知らんと言うのはオカシイやろ?
 もぐりか、お前ぇは?
 だったら、お前ぇがおったと言う○の名前とか、親父の名前をいって みろや」 (▼曲▼♯)



・・・・・・・・・・・(* ̄TT ̄*)鼻血

黙りこくるとうりょう

NBJCの早川代表が自身のブログで語っているが、

「不良に最も必要なのは瞬時に相手の戦力を見分ける力」(byバキ)

と言う中、あの時の座で禁断の領域話を得意げに語るのは、アホの極みとしか言いようがなかったなぁ・・・・(▼∀▼)ノ

パッと見は・・・・やっぱり結構怪しい代貸しのH
稼業が稼業なだけに、つい先日も仕事で北陸方面に出かけており、その際に四角形がちょっといびつになった形の代紋のところに随分お世話になっておっただけに、とうりょうの行動はたんなる自殺行為に見えたよ

その他にも座には一門最強・最狂を誇るS
あの内紛で亡くなった大阪のT見組出身のM
とか、確かに見た目は「ちょっとヤンチャ風」なだけに見えたかも知れないが、目とか見れば分かるやろぉ、ふつう・・・・

あれからとうりょうを一回だけ見た
横浜に行くと言って、何とかあの時を脱出したと言うのに、やっぱり嘘でまだ見かけた時はビックリもしたが、相変わらず、今度は若い子たちに大法螺を吹いて吹いて、力いっぱい吹きまくっていた

今度見かけたら、○ついてあげようかのぉ~
背伸び、虎の威を借りるのも好いが、等身大の自分が一番ハッピーなんじゃぞ、ホンマ
暫く話のネタになっていたとうりょう
極めつけの馬鹿列伝として、わし達の記憶に残っていくのだろうなぁ・・・
南無南無っと (-人-;)
  1. 2006/10/22(日) 00:00:43|
  2. 摩訶不思議な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

虎の威をかる夫君(不思議な大馬鹿野郎)



坊と遊んだので、ちょっと気分が良いのでもうひとつ、2年くらい前の馬鹿野郎話を書いておこうと思う(▼∀▼)

例えるなら、「武勇伝 善太郎編」ってとこかの?

わしが趣味でハーレーダビッドソンに乗っておると言うのは、ひょっとして前にも書いたかも知れないが、そのハーレーに纏わる野郎で、トビっきりの凄い奴を思い出したよってねぇ(▼⊿▼)ケッ

あれは、確か2年くらい前だと記憶しておったが、奥(現:3号)に確認すると、坊が生まれる前だというので、恐らく4年くらい前のことだと思われる(倍だぞ、倍!健忘症かのぉ・・・・)

行き着けの店で、怪しい身なりの(馬鹿)野郎を紹介された事から話は始まる(行き成り馬鹿はないか・・・、まだ内容が出ておらんしの) (▼m▼)プップッ

世間話と言う極々当たり前の話から自己紹介に至ったわけだが、わしの経験上、その自己紹介の時に自らを呼ばせたいあだ名で名乗る奴は、大抵駄目だな(▼_▼メ)

しかも、そう言った奴の共通点として、そのあだ名は殆どかなりオーバーなものが多い(▼д▼メ)
とは言っても、わしも大体本名を名乗らないし、奥(ALL)は全て違った名前でわしを呼んでいる

奥(現:3号)に至っては、中国名で呼ぶので、ご両親がかなり不思議そうな顔でわしを見ていてものだった・・・(今は慣れたようや)

「名前は何て言うンヤ?」(▼д▼メ)?

とたずねたところ、昔大工をやっておったと言うので

「とうりょう(棟梁?)って呼んで下さい」(〃゚д゚;A
と言う答えがかえってきた

大工は大工だったかも知れないが、いきなり「棟梁」はないだろう・・・

と怪しむわしに追い討ちをかけるように、「ヘタレの逆襲」の鶴ちゃんの武勇伝で活躍したA木君ではないが、数々の武勇伝  あんぐり(*゜□゜*)

昔は100キロくらいあって、極真会でぶいぶい言わしていたとか・・・(見た目で分かるが、全然弱そうだった。今は60キロあるかないかだし・・・)

バーテン(だったか?)時代に、でっかいバケツ一杯のカクテルを一気飲みして30万貰ったとか・・・・(その割にはえらい貧乏な身なりやった)

学生時代は女にモテモテで、学年中の女を引き連れて石川の街を闊歩していた・・・・(不細工だったぞ、かなり。肌もみかんみたいだったしの)

そこまでなら、まだアホの笑い話で済んでいたのだが、その自称「とうりょう」は話がヒートアップするにつれ、ついに禁断の領域まで犯しだしたのであった


「実は、俺むかしヤ○ザだったんすよ。

 石川では結構有名で通ってまして、足を洗う時に300万、親父に渡してか○ぎになったんすよ」


あはっヾ(*°▽°)ノ

あっはっはっはっは・・・・・・ヾ(@°▽°@)ノあはは
すごいやろ~、鶴ちゃんとこのA木君を遥かに凌ぐこのアホさ加減

知り合いではなく、そのものだったと語るその恥知らずさ


しかし、そのとうりょう君のでかい顔も長くは続かなかった(≧□≦)


一門の会合に顔を出したとうりょう
普通にハーレーの話とか、世間話でやめておけば、ひょっとしたら暫くは「いい人やな」で済んだかも知れないのに、酒が進むにつれ気が巨大化したのか、出た、その禁断の領域話


その途端、一門内のあくまで一部の武闘派たちの顔色が一気に締まった

知らんぜ~(@ ̄ー ̄)y-~~~~

と思う間もなく、代貸しのHが静かにとうりょうに、とある質問を投げかけたのであった

               つづく
  1. 2006/10/20(金) 23:00:54|
  2. 摩訶不思議な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

消えた思い出話?



今日、が5日振りに帰宅した_(▼∀▼)ノ彡☆

行き成りこういったで出しだが、実は今週の日曜日、奥(現;3号)が試験の為、勉強に集中したいと言う奥の希望で、先週の土曜日に姫路から来てもらっていた奥の両親と一緒に、姫路に連れて行ってもらっていたのだが・・・・

可笑しなもので、あれほど子供なんぞ欲しいとも思わなかったわしが、ちょっと坊がいないだけで寂しさを感じるとはなぁ~(▼″▼)うーん

先週の日曜日にお義父さんと一緒に姫路に旅立ってから、夜ちょっと港のベイシティまで奥(現;3号)と出かけたのだが、ど~~~も二人ともすっきりしない

まさに「欠けたピース」状態であった(-”-;)うーん

人は変わるものだ、良い方向にしろ悪い方向にしろ

こう言った感情を持つようになったというのは、間違いなく良い方向への変化と言えるだろうなぁ?

奥(現;3号)が勉強に集中しておる間、わしも溜まりに溜まった業務に当たっていたのだが、

数日前、家で奥と飲みながらブログの記事をアップしておった

    ♪♪(((*∩∩)八(∩∩ )))♪♪

先週街中へ散策に出かけた時に、街中ドラゴンズ優勝記念セールとかやっておったので、ついついわしがまだ在学中にドラゴンズが優勝した時に出会った、それはもう酷いエピソードを書いたのだが、アップすると記事を書いている時間が長過ぎて消えていた・・・・

「わらしべ長者になりそこねた男」以上の長編を一気に書き上げたのだが、酔いにまかせかなり「下品」な内容であった為、神様が消されてもうたのかも知れんのぉ~

   ゞ(。。*)ノ ウゥ ヾ(*’□’)ノ”ハッ!

しかも、NBJCの早川代表が中学校の時に同じ中学校で、わしと夜学の同級生であった大須に店を持つ、M部がやらかしたとにかくとんでもない話だったのに・・・・・

また気が向いたら、書くとするよ

わし、あれで女性観ってものが変わったのになぁ

ちょっぴり残念であったな/(≧_≦)\
  1. 2006/10/20(金) 22:12:12|
  2. 摩訶不思議な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わらしべ長者になりそこねた男



リンクしてあるNBJCの仲間、鶴ちゃんの「ヘタレの逆襲」で武勇伝に纏わる話で色々面白い記事が書いてあった(▼д▼メ)

お茶目な鶴ちゃんらしく、茶目っ気たっぷりの対応がかなり笑えたのだが、大笑いした後、それだけの会話のセンスがあったらこの前のコンパ、もうちょっと何とか出来たやろ・・・とかなり怒れていたよ

まぁ、男と女と組み手の相手が変わると対応も確かに違うしなぁ・・・

武勇伝1で、NBJC早川代表と一緒に扱われていたが、わし的にはいつもの生きていく中でのテーマ「面白きない世を面白く」にしておるだけなので、本格的にあかんような話は書いたり、ましてやNBJC内で話すことはないやろな(▼_▼メ)

見なくてもエエもんを見て人生変わってしまうこともあるしのぉ~
墓まで持っていく約束もあるよって、約束は守らんとね

大体や○ざと知り合いということがエライんやったら、わしら何ぞどうなるんや
アメリカ大統領並みにエライのかな?
確かにそんなアホ、つまり「せのび太君」とか、「虎の威をかる夫君」なんぞ死ぬほど見てきたからなぁ
(それについて、大変面白い話が2年位前にもあったが)
裸一貫で地道に歩いていくスタイルの方が、よっぽど格好いいと思うんやな、ホンマ

ただ、性格なのか、ど~しても人生でそう言った輩と絡む機会が多いのだが、不思議だ・・・・(▼ ▼)?

これはもうかれこれ5年くらい前の話に遡るが、

わしがまだ奥(元:2号)と一緒におる時に、季節は丁度今頃の秋のはじまり

日曜日に娘と奥(元:2号)が友達と映画を見に行きたいと言う事で、中村の友達の家に送っていった帰り道のことだった

わしが卒業した母校であるS小学校の前の狭い裏道を走って家路に向かう途中、何故か渋滞なんぞ関係ない裏道のはずが、渋滞していた

よくよく前の見ると、渋滞の中心部にあきらかにそれと分かる黒塗りのベンツと、小型乗用車・・・たしかカローラくらいだったと思うが、すれ違いの方向に止まっている

一目で状況が分かったよ

どうやら、狭い道なのでちょっと脇に寄ったカローラに、道のど真ん中を走ってきたベンツが接触し、両車ともドアミラーが割れておる様子

ベンツはそのまんまのドヤ○ザで、単なるタカリで済めばよくある話なのだが、これは一味違っていた
相手は、どう見ても背が巨大なロシア人風 (;’□’)!!

面白いことに道のど真ん中で、そのドヤ○ザ君とロシア人が掴みあって叫んでいる   あんぐり(*゜□゜*)

これまた今と殆ど同じ体調なのだが、業務的に忙しかったわしはその時もちょっと風邪気味だったので、どうしようかなぁ~とも思ったが、どう考えてもこのまま話がすんなり済むようには見えず、おまけに渋滞の列がどんどん反対側も含めて長くなっていく

こう言った時、大抵お邪魔虫をしに行ってしまうのが、わしのアホな性分やなぁ (▼▼メ)

驚いたことに、まだ殴り合いにまでは発展せず、あくまで互いの服をびりびりに破きながらも怒鳴りあう二人の異邦人

     !!0(`_´)ノノノ☆(◎◎)   (▼д▼メ)あほ?

近寄ってビックリだったのが、ロシア人に見えた怪しい人物は、何と日本人であったことだ
それでもかなりの身長で(180センチは軽く越えていたと思う)、筋肉も相当のもんだったので、ヤ○ザ君パワーで振り回されてかなりの劣勢であった

意を決したわしは、二人の間に飛び込みながら

「おい、君達止めたまえ
 二人とも、互いに普通でないことはよく分かるだろう
 ここら辺で痛み分けしておかないと、こんな下らないことでタマの取り合いはツマランよ」


と優しく両者を分けました(一部、表現に多少の修正が入っておるよ)

動物と一緒で、こう言った時距離が近ければ始まってしまう事も、距離を離すことで収まっていくので、この時も両者を行き来して離してその場を何とか収めたのであった(▼∀▼)ニヤッ

一件落着の遠山の金玉の気分でその場を離れようとしたわしに、よく見るとまだ若いヤ○ザ君が近寄ってきてこう言いました

「兄さん、ホンマありがとうございました」

意外に礼儀正しいどヤ○ザ君に、

「ん~、君も大変だったねぇ!こんな衆人の目のあるところでは安目も売られへんしねぇ」

と優しく受け答えをしておった時、そのどヤ○ザ君がこれまた意外なことをまたまた言い出したのであった

「あの~、先輩って、近所の人で空手とかボクシングとかやっている人ですよねぇ」

????(▼□▼;;

どうやら話をしていくと、同じ中学校出身の後輩らしく、弟を含め結構共通の知り合いがいて、話が一気に和みだしたのであった

これまたいつかかけたら書こうと思っているK道○の、とある会社とちょっぴり揉めた時の話とかを知っていたので、その辺の苦労話をしておる時に、ふとわしの目に飛び込んできたものがあった

どヤ○ザ君(名前はもうすっかり忘れてしまった)の右手には、ロレックスのデイトナ

当時中々手に入らず、関東のI川会のM野親分君が自慢げに持っていたのと同じタイプ
一気に欲しくなったわしは、こうお願いをしてみました(▼人▼)

「なぁ~、君のって、それロレックスだろ?
 わしも同じロレックスなもんで、助けたお礼と言っては何だが・・・・交換してくんないかなぁ~?」


当時わしが嵌めていたのは、ロレックスのサブマリーナのふつ~うのステンレスの奴

値段から見て、3倍くらいするのと交換とは

嬉しさをかみ締めながら微笑むわしに、そのどヤ○ザ君は後ずさりしながら

「えぇ~、駄目ですよ~! だって値段が全然違うじゃないですか」

とヤ○ザとも思えない、当たり前の在り来たりの返答

その返答にだんだん腹が立ってきたわしは、どんどん詰め寄ってお願いしたのだが・・・・・・

結局渋滞がかなり遠いところにある信号にまで達し、警察がやってきてしまったので、その話は流れてしまったのであった(▼З▼)

あの時のデイトナ、欲しかったなぁ~
もう少しでわらしべ長者になるところだった(*x_x) 気絶


  1. 2006/10/15(日) 11:24:58|
  2. ちょっぴりムカついた話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

運動会とケツだしお母さん・・・



今日は(暦的には昨日か)、坊の園での運動会が行われた(>ω▼)ゞ```

早いもんやなぁ~、記憶にある運動会がついこの前のように感じるが、あれからもう一年も経ってもうたんやなぁ~
(▼_▼メ)
と言う事で、今年も例年のごとく業務休みにして、坊の運動会を見に行ってきた

ただ・・・・

毎年この運動会を見に行くと、あとで結構ストレスが溜まってしまうという現象が多々あったのだが、今年はバッチリ以上の出来やった(▼∀▼)ノ

大抵遊戯の最中泣いたりして、地団太を踏んで怒っていたわしだったのだが、今年はちょっとした障害物リレーで一位
よしよしの嬉しい一日であった(▼_☆)キラーン

これまた毎年の恒例でもあるのだが、姫路からわざわざ奥(現:3号)のご両親がたった半日の為にやってきてくれたのだが、今年はご満足いただけたろうと思う
(夕方トイ○らスに行って、凄いもん買って貰ったからなぁ・・・)


しっかし、坊の頑張りをかき消すような出来事が・・・・

1・2歳児のお遊戯は親子遊戯と言う事で、園児と一緒に保護者が一緒になってやるのだが、その中でありえないものが目に飛び込んできよった

最近は背中の部分が開いている服を着る女の子は当たり前で、しゃがんだ時にこっちがビックらで目を逸らす事も多々ある日常の中、とある園児のお母さんの腰がぱっくり開いていると思った矢先、何と「割れ目」が・・・・・(▼д▼メ)

腰とかどうか抜かす問題以前に、あれは間違いなくケツだ  (▼m▼)プップッ

奥(現;3号)も、坊の友達のお母さん達と大笑いで指先呼称

お父さん連中は、何故かみんなニッコリ100点の笑顔

今年の運動会は、違った意味で忘れられない日となったなぁ・・・

ただ、写真を撮り忘れたのが何よりも心残りであった

名も知らぬ子の母よ

ええもんをありがとうさんでした(▼人▼)
みな(特にお父さん連中)を代表してお礼を言っておきますわ
お陰さんで、楽しさ倍増の運動会でしたよってね(▼∀▼)ニヤッ
  1. 2006/10/15(日) 00:36:28|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

More Than Words 3



先週の土曜日

練習に行こうかと思っていたら、急遽場所変更とあったので、その後に行われる一門の会合の事を考えて、中川コロナで晩飯を食っていた

めしを食い終わったら、この前の続きを書いておこうかなぁ~と思っていたら、気がついたら喫茶店で座ったまま1時間くらい寝てしまっていた ( ̄¬ ̄)ZZZzzz・・・

疲れ、溜まっておったのかのぉ~(▼□▼;;

その疲れが溜まる最初の要因であった、「インスタント鶴野派vs美熟女軍団」のコンパ 

終了後、何故故にの180円ラーメンでの反省会で、わしの目&耳に飛び込んできたものは・・・・・

怒涛の注文をし出す「鶴野派」の精鋭たち・・・???

んっ? さっき店で飲み&飯食っておらんかったかぁ?(▼ ▼)?

と思い問いただすと、美熟女軍団長Kずえちゃんが座っておったテーブルは、Kずえちゃんが怖くてあまりめしに手が出なかったのと、どうやら遠慮が入っておって、あまり食べなかったらしい・・・・・

エエ奴らやなぁ~(*TдT*)

しかし、奥手とも言えるこのアクションは、その後も続いていた

深夜だと言うのに(この時点で12時近かったと記憶しておるが)、ラーメン&チャーハン、から揚げ、餃子を囲みながら、皆で今夜のお気に入りを嬉しそ~に語る鶴野派の面々

どうやら皆、満足気やなぁ~

と内心ホッとして、ではと連絡先とかを聞いたか?の質問に入った瞬間、皆の動きがぴたりと止まった

(*゜□゜*)ぎょぉぉ!  ギク!( ゜▽゜;)  

聞きたくない!|(≧□≦)|  (*x_x) 気絶  


諸君、一部を除き30代でそりゃ奥手過ぎってもんやろ・・・・(▼д▼メ)
わしが座っておったテーブルで、場を上手く盛り上げていたU田君(ぎりぎり30代後半)でさえも

名前、後半になってやっと大体分かりましたよ

には、半分開いた口が閉まらなかったよ(▼Д▼)あうぅ

鶴野派、派閥長鶴ちゃんの強い要望で二回戦を打診しておいたが、もしチャンスが上手く巡って来て、次回があったとしてもここでキッチリと仕事せな、絶対あかんぞ・・・・

とわしは皆に強く、強く言いたい

本当にいい奴ばかりなのに、ちょっとばかし奥手が過ぎるばかりに中々良縁に恵まれない奴らってのも、ちゃ~んといるんだなぁ・・・・

そんな感想で締めくくった夜だった

普段はクールが売りのN津君の、とびきりの笑顔も見れたし、わし的にはとっても楽しい夜だったぞ

ただ・・・・・・・・

次回がもしやれたとしても、わしは果たして参加できるのか・・・

翌朝、6時半に連れの家に行く約束があったのに、帰宅があまりにも遅いからと、珍しく奥(現:3号)からメール&電話で恐ろしい目にあってもうたしの(▼″▼)うーん

おまけに、柔術関係者(鶴野派と行くと言ってあった)のに、何故か道着は家に置いていく・・・・、とわしにしてはちょっとばかし手を抜いたのが疑惑を呼んでしまったしの

しかし、綺麗な女性達と一杯と言う事よりも、NBJC鶴野派の皆のいい笑顔がたくさん見れたことが、この夜の酒を最高なものにしてくれたな

鶴野派の諸君、急なお誘いだったにも係らずありがとな(▼∀▼)ノ

年末までにはもう一発、今度は30代ちょっと越えたばかりの小美熟女軍団と一杯やりにでも行こうやの

ブログ、忙しすぎてかなり時間が経ってもうたが、楽しい夜だったよ(▼人▼)







  1. 2006/10/10(火) 23:56:12|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

More Than Words 2




あれから一週間が経ったわけなんやなぁ・・・・・
とは言え、この前の記事を書いたあたりから地獄のような業務に入ってしまい、ここんとこ一日20時間は起きているね

今夜こそは早く寝ようと思っていたが・・・・・半分やけくそや
取敢えず、今日で一端業務的な大きな山場、クリアー
とは言え、すぐ次の波が来てるのが見えるので、春先まで心の底からのんびりは無理やなぁ・・・・
因果な話よな~


その忙しい最中、「インスタント鶴野派vs美熟女軍団」での軍団長のKずえちゃんにはあれから会ったには会ったんや

実はKずえちゃんは、わしの業務的なところから友達になったので、割と頻繁に会う

今のところは


しかし、肝心なこの前のコンパでの美熟女軍団の『本音』を聞くことは出来なかった

わしよりも立場的に上位の人が傍におったよって、そりゃ無理やろ
と言うか、わしとKずえちゃんが遊びに行ったと知ったら・・・・・
あかんやろな~


その「Kずえちゃん」、口はかなり悪いが、心の奥はとってもハートフルなところが大変気に入って、コンパと言うか、このKずえちゃんが人生の醍醐味を捨てて生きているのが勿体無いから、今までの経過の話になったのだが・・・・・・


わしがドアを開けて開口一番でのKずえちゃんの怒声が、鶴野派の男気を一気に下げてしまったのであった

Kずえちゃんから見れば、駐車場があるか?と聞かれた時に、そこは路上にしか止めたことが無いから、

多分あったぞ

と言ったわしの言葉へ、ここからが大事なのだが、友達の怒りを下げる為にわざとそう言う態度を取ったのだが(と思う!、じゃなかったら○す)

鶴野派には全く持って通じていなかった
よって、あの日のコンパでのKずえちゃんの人気度は最下位であった

あ~あぁ、こういった場面で損するから、エエ女なのにシングルなんやろうなぁ・・・・

その後、二つのテーブルに分かれた戦場を、それぞれ楽しげに会話を楽しんでおったように見受けられた

恐らく当たり障りのない会話に飽きてきたKずえちゃんから、

「もう遅いから、閉会にしよっか?」

と言われなかったら、オールナイトでも辞さないくらいだったのに・・・

店の前で美熟女軍団と別れ、何故か目の前の180円ラーメンで反省会をすることになったのだが、そこでわしにとって驚愕の出来事が・・・・

    すまん、やっぱり眠いから つづく



  1. 2006/10/07(土) 00:34:40|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

More Than Words



昨日頑張って書き出したのだが、今週の金曜日にまたちょっと大きな行事ごとがあるので、どうしてもそちらに意識を集中せねばならず、結局仕上げまでいかなかった・・・・
(▼д▼メ)


さっきと言うか、ちょっと前に帰宅したのだが、今夜も風呂に入ってそのまま寝ちまおうかと思ったくらいの疲労度だが、先週末の土曜日にやった「NBJC鶴野派VS美熟女軍団」のコンパについて少しでも書いておかんとなぁ~と思い、眠気がピークになる前まで頑張ってみる気になったよ(▼人▼)
(眠くなったら、いつものつづく予感がするのぉ~)


簡単にそこまでの過程をおさらいしておくと、わしの37歳の美熟女の友達がシングルなので、

「愛がない人生はつまらんぞ!
 お前さんみたいなエエ女がいつまでもシングルは勿体ないから・・・」



とちょっと前にお食事会でもやるか?と振ったところ、行き成り先週の月曜日(25日)にメールが来て、そこまでならまだしも、わしの職場にも現れて週末(30日)でのコンパを訴えてきたのであった(▼□▼;;

わしのことを本当に深く知っておる古くからの友人、またはアルバイト関係者は「エエ人」では無い事は知っておろうが、反面、一定の関係以上、つまり友人・仲間には、「出来うる限りその人と互いに良いことを」をテーマにしてきたよって、今回のあまりにも急で、ちょっぴり勝手な申し出も何とか応えたいと思って思案したのが、

以前女性を紹介するなと約束してあった、NBJC最大派閥長の鶴ちゃんであった(▼∀▼)ノ

以前やったと言う飲み会は、年齢的なギャップもあったみたいなので、今回のコンパはNBJCの「割と年齢が高めのダンディー」な奴らにぴったりと思ったよっての


急で、しかも自分たちは勝手に人数が変化する(?)と言ったバブリーな時代を経験してきた美熟女軍団長のわしの友達のKずえちゃんの依頼に、見事応えてくれた鶴ちゃんと鶴野派

大体話しが決まったあたりに、Kずえちゃんが

善太郎さんも、来ても好いですよ

と言う一言には正直撃ち○したい気分にもなったが、そんな我儘なところも女性ならではやったなぁ・・・・・(▼⊿▼)ケッ

そして迎えた30日の土曜日

Kずえちゃんの希望した、「6時から6時半」はちょっと怪しかったので7時に集合時間を決め、これまたわしの行き付けの店が築地口にあるので、そこでコンパをやろうと言うこととあいなった


ただ、わしはあくまで「セッティングしただけの人」と言うスタンスを取らなければ、もし事態が発覚したら後々最も恐ろしいことが想定されるだけに、わざとかなり遅れて行くこととした

わしがおらん方が両軍団の親睦も増すやろうと思って、コンビニで立ち読みとかして遅れること凡そ45分


店のドアを開けて入ったわしに、友達の37歳(美熟女軍団長)から怒りの表情と怒声が

遅い、遅いよ、善太郎さん」 エルボ!(”>_<)> ★#’з’)痛!

はぁ? あほ? !☆O(▼▼メ)o

 本題に殆ど近づかないまま・・・・・ねむいから
                        つづく
  1. 2006/10/03(火) 23:22:11|
  2. LOVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。