王道愉楽記

愉楽とは、「深い喜びを味わうこと。心から楽しむこと。」や(大辞泉参照)、王道とは、「これまた道のど真ん中を歩くと言う、人生感」や。 黙っていても辛いこと・大変なことはあるもんじゃけ、自ら真っ直ぐ喜びを心から楽しむ人生を送ろうやないか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スキーツアー2013



年末も押し迫ってきてますなぁ
10時の休憩です(笑)

わしの会社は今日が年内最終日の仕事ですが、ここんとこは奥とまったり二人での生活を満喫してますね(´∀`)

26日からなので、一昨日からですけど

息子はとっくに冬休みなので、なんと通っているスイミングのスクール?から、3泊4日で志賀高原までスキーツアーに参加して不在なので、久々の二人生活をという感じですが、

さすが全国的なスイミング・スクール・・・じゃないな、スポーツ教室みたいなもんかな、なのでスキーツアーの様子も毎日ネット上に写真でアップされ、息子の楽しんでいる笑顔がすぐ見えると言う感じです

3s1_large.jpg

わしの業務の特性上、ウインタースポーツはまず無理なので、もしスキーとか行きたかったら、ツアーで行くだねと奥の言葉を受けてのツアー参加ですが、自分が行って楽しむ以上に息子の笑顔に癒されてますね(。・ ω<)ゞ

思えば・・・・・・
結構激しい半生の中、こうして3人もの子どもを得、人間性を確率させてもらっていると言うのは、何ものにも代え難い幸せなことでありましょうなぁ

前に読んだ本の中で、「育てる」と言うのはある意味親の奢りで、

彼(彼女)らの成長の手伝いをさせて貰っておる気持ちってのがありまして、最初読んだ時はそりゃ謙虚すぎるだろうと思いましたが、息子がある程度の年齢になってきて、また娘も来年そうそうに高校を卒業すると言う年頃の子を持つ親となって、初めてその意味がわかってきた、そんな感じですかね(´・ω・`)

人は誰も自分と言う物語の主人公として人生を生きておるわけですが、

子どもを持ち、彼・彼女らが自分たちの人生を作っていくのを間近で見ていて、段々主役から脇役へと変化していくのを感じられるようになってきてますねぇ・・・・(^-^)

時代劇で言う「爺」役ってものかな、感じでは(笑)

自身の物語もまだまだ続く中、そう言った愛する人の人生における脇役ってのも、それは幸せな役柄を頂いていると感謝することしきりってことですよ

なので、そこでもなるなら名脇役、なれる最高の自分での人生を彩っていきたいと、一年の終わりに改めて思いました

どこまで好い見本になれるかわかりませんが、柔術も彼の人生のとってプラスになれるよう、来年も積極的にやっていきたいですな

自分が体験する嬉しいことよりも、人の笑顔の方がより嬉しいと感じさせてくれる子どもたちに感謝ですよ(^^;

3s5_large.jpg




スポンサーサイト
  1. 2013/12/28(土) 10:58:37|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

授業参観




先週の水曜日に坊の学校での授業参観があり、

奥は多忙につき・・・、といってもわしもかなり酷い状態ですが、無理をして休んで行ってきました(▼m▼)

まぁ中学まで母子家庭だったわしですので、この手の「授業参観」って時に誰も来ないという寂しさは人一番身に染みておりますよって、後で無茶をすれば挽回できるという甘い観点から行ってきました

ここで改めて自身の癖の大きな変化に気付いたのですが、以前は「目を細める」という行為をするときは、自分的にかなりアドレナリンが出て危険な兆候であったのに、最近は坊の成長を見るたびに目を細めていると言うことに気がつきましたね

授業参観でも、かなり目を細めておりましたので、怒ると目を細めるから嬉しいと目を細めるに変化がたくさん感じられて嬉しかったですね(笑)

何が嬉しいって、やっぱり最近はというか、坊が生まれてから彼の成長を真近で見られるってのが、わしの嬉しい優先度の上位に入っておりますよ

とっても好い時間でした

おまけに、ちょっと社長と意見の相違からムカついたので、その日は全休にして(昼から出社の予定でしたが)、

奥と坊の練習の隅っこで参加して、またもや奥のスパーリングパートナー兼打込み相手として家族の時間を持てたことでした

9月も後半に入り、地獄の波が少しずつ満ちてきましたが、好き時間を過ごせましたね(笑)
  1. 2012/09/25(火) 15:19:46|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋ドーム 再び



先週末からバタバタで、すっかり開いてしまいました(笑)

いろいろな出来事がありすぎて、全部書くには覚悟が要りそうですが、取りあえず一番簡単な金曜日の夜のことです

多忙になりかけとは言え、まだ融通のきくこの季節ですので、昼で業務を切り上げ坊と一緒に名古屋ドームへ野球観戦に行って参りました(▼曲▼♯)

子どもの頃は、地元ですからのやっぱり中日ファンだったわしですが、

今ではすっかり野球から興味も遠のきはしましたが、昨年坊がドームでの試合を見たいと言い出しましたので、春先に初ドーム観戦を果たし、実はまだ今回で2回目なのでありました

実は結構あっちこっちから「野球のチケット」を頂くのですが、若い者に野球ファンが異常に多いので、だいたいそっちに配っておりましたのでね

今年もスーパーダイヤモンドシートだったかな?の前から何番目の席に座って野球観戦を楽しんだ・・・・・・・・・・、のは坊だけで、だいたいわし寝ていましたね(笑)

お父さん、今のファール凄かったね

とかで度々起こされる度に、

おぉ~凄かったな

と相槌を打つには打っていましたが、最後の方は目をつぶったまま答えていたので、流石に坊に怒られてしまいましたがね(▼m▼)

昨年の初ドームの時には6階の裏で坊の興味が失せ、ドームから退散となりましたが、

今年はもっと早い5回裏でギブアップで帰るといった、ファンから見ればとんでもないアクションでしたねぇ

しかし、それには訳もあり、隣に座った歳の頃ならわしとそうは変わらんであろう中年のおっさんと、

口説こうとしておる造形美が結構崩れておる女の子がちょころびっとわしの不快感を刺激したので、わしから坊にお願いして帰ったってのでしたがね

4回表くらいに遅れてやってきたその残念カップルなのですが、最初はわしの隣に造形美の崩れた女の子が座ったので坊と代ろうかと思ったら、中年のおっさんがわしの横に座ったのは好いが、とにかく「臭くて」たまらんのでが一番大きな理由でした

途中何度も、「臭いなぁ~」を連発したのですが、一向に臭さはなくならず

でも結構席が狭いのを気にしてくれて当らないように配慮してくれたので、まぁ仕方がなかったでしょうな(笑)

しかし、わしが野球そっちのけで途中ずっと寝ておるし、皆が手拍子とかを打っておる間も鉄扇でずっと煽いでおるだけでしたので、かなり不思議がっておりましたねぇ

なんでこんな中日ファンでもないおっさんが、内野のこんなシートに座っておるのか?と言う目で見つめられましたが、わし的にはあくまで愛する坊の為に過ぎませんでした

まっ、一年に一回が限度ですがね

次回の野球観戦は、恐らく来年になるでしょう

次は隣に臭い人が座らないように、チケットをくれた子にしっかり言っておかないとでしたよ

あんまり好い週末のスタートではありませんでしたが、実はこれが全ての予兆でした・・・・・・・・・・・


つづく
  1. 2012/08/28(火) 15:15:17|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロング・バケーションの終焉日は



9連休という長い盆休みが終わりました

とは言え、前半は坊が姫路のじいちゃん&ばあちゃん宅へ泊りに行っていたので、奥とまったりデートという

充実した時間を楽しめましたが、中盤からは「休み?」という生活でもありましたね(笑)

本も、先々週の金曜日の時点で万円を超すほど買いましたが、それらを読破したりとか、

業務面での課題を如何にってことに殆どの時間を取られていたように思います

金曜日も何気に夕方から社長と今年度の受注見込みについて話が熱くなり、

坊の御迎えを頼まれていたのに、あわやっことにもなりかけましたしねぇ・・・・・・

まぁ何気に四十代後半ですから、そんな日々ですかね

そして昨日は、長かった休みの最終日ってこともあり、坊の希望でランの館にて体験実習をやりに出かけておりました

その前に、連日になりましたが柔術の昼クラスにスパーだけちょっとやりに行かせてもらいましたので、わし的には十二分に充実した一日でしたがね

ランの館につくと、3時から体験が始まるのでそれまではあっちこっちを見ていたのですが、

ちょうど中庭にてアフリカの・・・・、なんとかっていう有名な歌い手さんの生ライブが始まり、好い風を感じながら歌声にウットリしておりましたが、途中奥から電話が入り、

「お手伝いに来て下さい」

とのことでしたので、奇跡の歌声とかいう生ライブを途中で席を立ち、体験実習のお手伝いにいきました(笑)

IMG_7779.jpg

いろいろなモンを作る楽しみってのはわしも十二分に持っていますが、

反面自分のエンジンがかからないとまったくもって楽しくないってのもありますので、前半は大変でしたねぇ

しかし、やっておる途中からわしも熱くなり出し、好いモノが出来上がりましたよ

IMG_7455.jpg

写真だと今イチよくわからないかもですが、深みがある3Dの写真ができました

そう言ったことを殆ど手伝わずにできる歳になったんだなぁと、改めて自身の父性ってものの喜びを感じておりましたね(▼曲▼♯)

その後、夕方に坊と一悶着ありましたが、こう言ったことも成長過程ではよくあることでしょう

奥と言う緩和剤のお陰で大事にも発展せず、好いお休みの最終日を迎えておりました

来年もと言うか、機会があればやりたいっていう坊の希望に沿って、色々人生の幅を広げていこうと思いました

いつものセリフですが、好い週末でしたよ(▼m▼)
  1. 2012/08/20(月) 10:20:55|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学童キャンプ 2泊3日



先週の土曜日から昨日まで、坊が通っている学童保育所のキャンプに行っておりました

今年で小学校3年生の坊ですが、1年の時に参加する時「二泊三日」って凄いなぁと思いましたが、流石に慣れましたね

いつも一緒と錯覚してしまう我が子ですが、自身が会社で仕事をしておる間の表情とかは全くと言っていいほど知らなかったので、学童にお世話になってからのこのキャンプは親子関係においてもめっちゃ役立っておるという位置づけと言えますかの

時折、あまりにも人種が違うというか、わしの持つ「常識の範疇とまったくもって違う」という人とかをみると、奥共々学童からの撤退を考えることも一度や二度ではありませんが、

正直「困った人たち」ってのはいなくなりませんので、坊の為にもそういった人種を如何に捌くかっていう意味で勉強になっておるのでしょうな(笑)

ちなみに、去年はわし「副実行委員長」で今年は「実行委員長」でありましたので、参加すればという以前から色々面白かったですがね

P8040026.jpg

今年は川の水も少なく、流れも緩やかだったので、たかが3年の経験値ですが過去最高のコンディションでした

P8040018.jpg

実行委員長として、我が子にずっと付いておるわけにはいきませんが、時折遠くからみる坊の笑顔にめっちゃ癒されました

P8040029.jpg

お父さん軍団で、救助用の浮き環の実施訓練もやりましたよ(笑)

P8050089.jpg


P8040061.jpg

昨年は奥が前日からの発熱がどうしても下がらず、「キャンプに行くか、奥の看病に残るか」と、

ある意味究極の選択に迫られましたが、今年は奥も揃っていけて最高のキャンプでした

ただ・・・・・・・・・・・・

前日に最近ちょくちょくある「激しいバトル」が起きてしまい、あわや二人ともキャンプ不参加という危機に直面しておりましたがね(笑)

ちゃんと仲直りをしましたので、そう言ったことも含めて、とても好い時間を過ごせましたよ

ええ週末でござんした(笑)
  1. 2012/08/07(火) 17:35:01|
  2. kids
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

善太郎

Author:善太郎
むかしは「ちょころびっと」ヤンチャ、今は見た目は坊主、中身は神父のような40代のおっさんです。

趣味は招き猫集めが主で、その他は鍛錬一般とか文具集めをこよなく愛する「どこにでもいるような」お坊さんですよ(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。